スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

240. リターン <韓> ★★★

return.jpg
リターン 리턴/Return/Wild Awake
2007/113min/韓国
監督/脚本:イ・ギュマン(デビュー作)
出演:キム・ミョンミン「破壊された男」「私の愛、私のそばに」、ユ・ジュンサン「ハハハ」、キム・テウ、チョン・ユソク
IMDb評価:6.0/10


心臓病手術を受けている間,手術の苦痛をそのまま感じる「手術中覚醒」を体験した10歳のナ・サンウ。サンウは,深刻な苦痛の記憶で異常な行動を見せ,大人たちは,サンウの苦痛の記憶を封印する。
幼なじみのカン・ウックァンの突然な訪問以後,自分の周りの人々が疑問の死を迎えていることに気づいたエリート外科医リュ・ジェウ。彼は,さらに,一緒に仕事をする麻酔科医のチャン・ソクホと精神科専門医オ・チフンと摩擦まで生じ,分からない事件にまきこまれ,妻のヒジンまで突然の事故に遭遇する。
続いて起こる疑問の事件の中心に,25年前に「手術中覚醒」を体験したナ・サンウが関連していることに気づいたリュ・ジェウ。彼の存在を追えば追うほど,ジェウには思いがけない真実が近寄ってくる。
外科医リュ・ジェウ,精神科医オ・チフン,麻酔科医チャン・ソクホ,そして,カン・ウックァン。25年前に消えたナ・サンウは誰なのか。@innolife

return1.jpg“anesthesia awareness”と呼ばれる症状(アネセシア・ウェアネス、麻酔覚醒、術中覚醒などと呼ばれている)
を題材にした医療スリラー。
全身麻酔にも関わらず手術中に麻酔から覚めてしまい、“神経”“意識”“聴覚”が正常に戻ってしまってはいるが、身体は硬直しているので目を開けることもできない。そのため、医師たちは麻酔が切れていることに気がつかず手術はそのまま続けられ、患者は痛みに耐えなければならない。実際に医療現場で起きていることだという。
そして、“聴覚”も正常なので、術中の医師たちの生々しい会話までもが聞こえてしまう。
「痛い~やめて~」誰にも届かない患者の心の悲鳴が痛々しい。

私も麻酔が途中で切れてしまうので、他人事に思えず、ぞっとした。私の場合は、麻酔が効きにくい体質らしく、全身麻酔も部分麻酔も毎回途中で切れてしまいます。全身麻酔の時は、意識が朦朧(もうろう)としている中で、先生の「麻酔追加しますね~」という声だけが聞こえたことは記憶している。先生曰く、目をぱっちり開け動いたから気付いたという。もし目を開けなかったら、もし動かなかったら、と思うと恐ろしい。

return2.jpg本作は、術中覚醒が原因で幼い少年サンウが殺人鬼と化してしまうという内容である。月日は25年経ち、少年サンウは一体誰なのか。妻を殺そうとしているのは誰なのか。2つの話が同時進行で進み、どう繋がっていくのかに興味が湧くが、ジェウに関わる全ての人物が怪しいような描き方をしておりなかなか全体像が見えてこない。伏線があまりにも多く相当脚本に凝っていることがわかるが、終始攪乱させるような展開で、どんでん返しのどんでん返しに振り回され、少々負担を感じる。

<鑑賞> 2011/3/14
[サイト内タグ検索] キム・ミョンミン
関連記事
スポンサーサイト

219. 破壊された男 <2010/韓> ★★★

hakai.jpg
破壊された男(파괴된 사나이)
2010/ハードボイルド、ヒューマンドラマ
監督:ウ・ミノ
出演:キム・ミョンミン、オム・ギジュン、パク・チュミ

<あらすじ>
娘を失って … 俺は死んだ
神に対する揺るぎない信仰を持っていた牧師チュ・ヨンス(キム・ミョンミン)に、5才になる娘ヘリンが誘拐される事件が発生する。チュ牧師は娘が無事に帰ってくるよう切実に祈祷を捧げるが、結局娘は帰ってこない。
8年後、死んだはずの娘が“奴”と一緒に現れた!
今度こそ絶対に取り戻す!!
神に対する信頼を喪失したまま自分の全てを失ったチュ・ヨンス。娘が生きているはずだと信じて疑わず、最後までヘリンを見つけるという妻ミンギョンを無視し、堕落した人生を生きていく。
8年後、神に対する信仰も家族もすべて失った彼に、一通の電話がかかってくる。死んだものとばかり思っていた娘が生きている!8年の歳月を元に戻すことができるただ一度の機会…。娘を取り戻すためのチュ・ヨンスの必死の追撃が始まる。

<レビュー>
誘拐事件+宗教という点から「シークレット・サンシャイン」や「渇き」的な話しかと思いきや、ストーリー展開は「チェイサー」を彷彿させた。
冒頭ですでに誘拐事件は起きており、犯人も早々と明かされている。
娘は見つからないまま崩壊されていく家庭、牧師であった父親の堕落の後、8年という月日はあっという間に過ぎ、
犯人がまた現れる。
キム・ミョンミンの今回の役は意外であったが、犯人との心理戦によって狂い始める演技が素晴らしかった。
私の愛、私のそばに」で難病を演じた彼とは思えない変身ぶり。
一方、犯人役のオム・ギジュンは舞台には立たれているそうですが、本作が映画デビューとなる。
チェイサー」と比較してしまうと、出演者のインパクトは薄いかな・・・

牧師であっても所詮彼も人間。
神にも救えないことがあることを自ら実感している。
やっぱり信じられるのは神や牧師、警察ではなく、家族だ。

ストーリーはテンポよく進み、こちらに深く考えさせる余裕を与えてくれない。
観終わって改めて考えてみると、腑に落ちない点は多々ある。
誘拐されている子は犯人の家に監禁されているが、逃げるチャンスはいくらでもあったように感じた。
犯人と過ごしている時の表情にも怯えている様子はほとんどなく、懐いているように見えた。
韓国お得意のどんでん返しにどんでん返しな結末を期待しすぎたせいか、結末もどうも腑に落ちない。

チェイサー」はすごい映画だったことを改めて実感。

<鑑賞> 字幕なし 2010/8/29
[サイト内タグ検索] キム・ミョンミン
関連記事

216. 私の愛,私のそばに <2009> ★★★

my love beside me
私の愛,私のそばに 내 사랑 내 곁에
2009/121分/ドラマ/12歳以上
脚本/監督: パク・チンピョ 
出演: ハ・ジウォンキム・ミョンミン、カン・シニル
受賞:
2009 第46回 大鐘賞映画祭/男優主演賞(キム・ミョンミン
2009 第30回 青龍映画賞 男優主演賞(キム・ミョンミン)/女優主演賞(ハ・ジウォン
2010 第46回 百想芸術大賞 映画部門 女子最優秀演技賞(ハ・ジウォン

<あらすじ>
身体が少しずつ麻痺していくルーゲリック病を抱えているチョンウは,唯一の血縁の母までが亡くなった日,幼い頃に同じ町内で育った葬儀指導師のチスと運命のように再会して恋に陥る。
1年後,結婚式を挙げた二人の新居は,まさに病院。チョンウは,スプーン一つさえ手に握れない境遇だが,いつもそばを守ってくれる妻チスがいて,どんな時よりも幸せで,誰よりも闘病意志が強い。
全身麻痺や植物人間状態の重い患者たちが集まった6人部屋病棟。似た痛みを持った病棟家族たちと,互いに励ましあって慰労されながら過ごす間,回復傾向を見せる患者や,手術の希望を探すようになった患者も,一人二人出てくる。
しかし,チョンウの状態はますます悪くなって,病気をクールに受け入れ,闘病意志を燃やしたチョンウも,日々変わって行く自分の身体を見守るのがますます怖くなる。そしてついに,避けたかった言語障害が始まってしまう。

<鑑賞> 字幕なし 2010/7/31
<レビュー>
チョンウ(キム・ミョンミン)のいる6人部屋の病室はみなルーゲリック病を抱えている。みな家族の手厚い介護に恵まれ、互いに助け合っている。それは、患者にとっても看病する側にとっても励みにもなるが時には酷でもある。同じ病気に苦しむ者の病状の悪化や死を目の当たりにするからだ。明日は我が身かもしれない。

感覚や意識は正常のまま身体の筋肉が麻痺していくルーゲリック病。衰えていく身体能力と向き合っていかなければならないことがどれだけ過酷なことか。チス(ハ・ジウォン)はチョンウの気持ちを理解するために、手足を縛り、不自由な環境でしばらく過ごしてみる。難病を描いた作品だが、催涙性を誘う韓流作品ではない。難病としっかり向かい合う家族たちの人生が描かれている。

ついに言語障害が始まってしまう。チスは悲しみを押し殺し、返事が返ってこないことはわかっていても、明るく話しかける。そんなチスに答えるチョンウの心の声が印象的。きっとチスの胸にも届いていることでしょう。

妻のチスは葬儀屋である。韓国は土葬や散骨が一般的だが、最近は火葬が増えつつあるらしい。
邦画「おくりびと」の英題は「Depature(出発)」だった。死後の世界に送り出す仕事をしている妻に介護されることは、死を目の前にする患者にとってはある意味一番幸せなことなのかもしれない。

キム・ミョンミンは病気の進行に合わせて20kg以上減量したとのこと。
同じく減量に挑んだアイルランド「Hunger」鑑賞後にこちらを観たので、残念ながらヴィジュアル的なインパクトは感じられなかった。
しかし、グォン・サンウが降板し、キム・ミョンミン出演で成功に思える。
グォン・サンウではこの役は演じ切れなかったでしょう。
[サイト内タグ検索] ハ・ジウォン キム・ミョンミン
関連記事
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。