スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年 第65回カンヌ国際映画祭コンペ部門、ある視点部門 ノミネート・受賞作品

受賞結果を追記しました。(2012/5/28)

第65回カンヌ国際映画祭(5月19~27日)コンペティション部門、ある視点部門の出品作品が発表されました。
審査委員長は公式コンペ部門はナンニ・モレッティ、ある視点部門はティム・ロス。

前年度の作品が満足に観切っていないのに早くもカンヌの季節到来。
個人的に興味があるのはトマス・ヴィンターベア監督、ウルリッヒ・ザイドル監督、パブロ・トラペロ監督グザヴィエ・ドラン監督クリスティアン・ムンジウ監督あたり。

*「タイトル」監督名/国名 (★:Koo評価、満点5つ星)

【コンペティション部門】
「ムーンライズ・キングダム」ウェス・アンダーソン監督/米
「Rust & Bone」ジャック・オーディアール監督/仏=ベルギー
「Holly Motors」レオス・カラックス監督/仏=独
「Cosmopolis」デビッド・クローネンバーグ監督/仏=加=ポルトガル=伊
「The Paperboy」リー・ダニエルズ監督/米
「Killing Them Softly」アンドリュー・ドミニク監督/米
「Reality」マッテオ・ガローネ監督/伊=仏 グランプリ
「Amour」ミヒャエル・ハネケ監督/仏=オーストリア=独 パルムドール(最高賞)
「Lawless」ジョン・ヒルコート監督/米
「In Another Country」ホン・サンス監督/韓
「Taste of Money」イム・サンス監督/韓
「ライク・サムワン・イン・ラブ」アッバス・キアロスタミ監督/仏=日
「The Angel's Share」ケン・ローチ監督/英=仏=ベルギー=伊 審査員賞
「In the Fog」セルゲイ・ロスニツァ監督/独=オランダ=ベラルーシ=露=ラトヴィア 国際批評家連盟賞
「Beyond the Hills」クリスティアン・ムンジウ監督/ルーマニア=仏 女優賞コスミナ・ストラタン、クリスティーナ・フルトゥ、脚本賞
「After The Battle」ユスリ・ナスララ監督/エジプト=仏
「Mud」ジェフ・ニコルズ監督/米
「You Haven't Seen Anything Yet」アラン・レネ監督/仏=独
「Post Tenebras Lux」カルロス・レイガダス監督/メキシコ=仏=オランダ 監督賞
「On the Road」ウォルター・サレス監督/仏=英=米=ブラジル
Paradise: Loveウルリヒ・ザイドル監督/オーストリア=オランダ=露 ★★★★
「The Hunt」トマス・ヴィンターベア監督/デンマーク 男優賞マッツ・ミケルセン、芸術貢献賞、エキュメニカル審査員賞

【ある視点部門】
「Miss Lovely」アシム・アルワリア監督/印
「La Playa」ファン・アンドレス・アランゴ監督/コロンビア
「God's Horses」ナビル・アユチ監督/仏=モロッコ=ベルギー
「Trois Mondes」カトリーヌ・コルシニ監督/仏
「Antiviral」ブランドン・クローネンバーグ監督/加
「7 Days in Havana」ベニチオ・デル・トロ、パブロ・トラペロ、フリオ・メデム、エリア・スレイマン、ファン・カルロス・タビオ、ギャスパー・ノエ、ローラン・カンテ監督/西=仏
「Le Grand Soir」ブノワ・ドゥレピーヌ、ギュスタブ・ケルベル監督/仏=ベルギー 審査員特別賞
「Laurence Anyways」グザヴィエ・ドラン監督/加=仏 女優賞シュザンヌ・クレモン
「Despues De Lucia」ミシェル・プラティニ監督/メキシコ グランプリ
「Aimer A Perdre La Raison/Loving Without Reason」/ヨアヒム・ラフォーズ監督/ベルギー=ルクセンブルク=仏=スイス 女優賞エミリー・デュケンヌ 
「Student」ダルジャン・オミルバエフ監督/カザフスタン
「La Pirogue」ムサ・トウレ監督/仏=セネガル
「Elefante Blanco/White Elephant」パブロ・トラペロ監督/アルゼンチン=西=仏
「Confession of a Child of the Century」シルビィ・ベレイド監督/仏=独=英
「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」若松孝二監督/日
「Mystery」ロウ・イエ監督/中=仏
「Beasts of the Southern Wild」ベン・ザイトリン監督/米 カメラドール(新人監督賞)、エキュメニカル審査員特別賞、国際批評家連盟賞



関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/28 12:04 ] ★映画関連★ 映画賞 | TB(0) | CM(2)

西欧 (原題:Occident) <2002/ルーマニア> ★★★☆

occident.jpg
Occident
コメディ、ドラマ
2002/105min/ルーマニア
監督/脚本:クリスティアン・ムンジウ
出演:Alexandru Papadopol、Anca-Ioana Androne、Samuel Tastet、Gabriel Spahiu
IMDb評価:7.5/10


ブラック度 ★★
普遍度 ★★★
哲学度 ★
社会度 ★★




occident2.jpg4か月、3週間と2日」のクリスティアン・ムンジウ監督のデビュー作。
「4か月~」ような閉塞感はなく、同じ監督とは到底思えないほど拍子抜けコメディ。悲劇をユーモラスにテンポよく描いている。

3話構成だが、とてもユニークに入り組んだ混成。第1話はルチとソリナ、カップルの話で、第2話はルチの仕事仲間のミカエルと母親の話、第3話はミカエラの父親の話。完全に独立した話ではなく、登場人物もかぶり、同じ場面が違った視点が描かれ、3話で一つの大きなストーリーが完結する仕掛けになっている。1話で腑に落ちなかった点が2話や3話で違う視点で明かされるというスタイルである。

第1話「ルチとソリナ」
買い物からの帰り道、2人は滞納している家賃について話していた。仕事を変えようかと思っていたが、部屋の家財道具が全て外に出されていることに気付いた。強制退去である。ソリナは父のお墓参りに行けば何か助言をもらえるのではと考え、2人はお墓参りに行く。すると、ルチは指輪を見つけ良いことの前兆だと喜ぶが、その矢先、空から呼んできたワインボトルが当たり、病院送りになる…。(指輪とワインボトルについては第3話で詳しく描かれる)

第2話「ミカエラと母親」
ミカエラの結婚式の当日、父親はワインが3本なくなっていることに気付いた。そして、主役である新郎が消えてしまった。結婚式は中止し、結婚も破談になってしまう。ミカエラはウエディングドレスのまま逃げ出し、あるベンチに座っていると、気絶している男性が運ばれた。(第1話のルチである。)その後、偶然にルチと仕事を共にすることになる。宣伝用の携帯電話とビールの着ぐるみを来てチラシを配るという仕事である。一方、母親は結婚相談所に登録に行く…。

第3話「ジクフリドと大佐」
ミカエラの父(大佐)は、職場で娘の結婚を報告する。そして、結婚式当日、指輪を無くし嘆き悲しむ花婿を見つける。ヤケクソになった花婿はワインを飲み干し、ボトルを投げるのであった…。(第1話のルチに当たる)

occident1.jpgその他、ソリナの駆け落ち話、ミカエラの見合い話、ルチの従兄(ジクフリド)の亡命話、オランダに連れて行かれる養子縁組の話など、サブストーリも充実しており、全て3話で完結となっている。

画質の悪さのせいか、70年代の作品のように見えてしまうが、ひょっとしたらその時代を背景としており意図的なのかもしれない。ルーマニアというとあまり明るい話題が思い浮かばず、こういったコメディーに違和感を感じてしまうが、どんな時代でも明るく生きている人はいるということだろうか。普通の人々の日常を描くことで普遍性を持たせているが、背景にも混沌とした社会情勢が見え隠れし、ただのおバカ映画で終わっている訳ではない。

<鑑賞> 2011/11/1
関連記事

4か月、3週間と2日 <2007/ルーマニア> ★★★★★

4months.jpg
4 luni, 3 saptamâni si 2 zile/4 Months, 3 Weeks & 2 Day
2007/113min/ルーマニア
監督/脚本:クリスティアン・ムンジウ
脚本:ラズヴァン・ラドゥレスク
出演:アナマリア・マリンカ、ローラ・ヴァシリウ
受賞:2007年カンヌ国際映画祭パルムドール 他23受賞、19ノミネート
IMDb評価:7.9/10

<あらすじ>
1987年の冬のある日、チャウシェスク政権下のルーマニアで、大学生のオティリアは寮のルームメイトのガビツァとせわしくなく動き回っていた。寮を出たオティリアはホテルへ行くが、予約が入っていない事を知り、仕方なく別のホテルを取る。またガビツァの代わりにある男に会う事に。実はガビツァは妊娠しており、オティリアはその違法中絶の手助けをしていたのだ。しかし思うように事は進まず、オティリアの苛立ちはつのっていく。

<レビュー>
女の子が何をせわしく駆けずりまわっているのか教えてもらえないままストーリーは進む。
予めあらすじは知っていたが、それでも状況がわからなかったし、主人公が誰なのかもわからなかった。
重苦しい寮に冴えない顔付き、チャウシェスク政権下、真冬、、、音楽を一切排し、とにかく暗い。

時代は、チャウシェスク政権下。
常にID提示を求められ、女性たちの避妊、中絶は禁じられていた。
抑圧された社会が見事に浮き彫りになっている。
望まない妊娠に対しての中絶は秘密裏に行うしかなかった。
万が一、違法な中絶が見つかったら罪に問われる時代だが、闇医者は存在する。
手術をする側も施す側も命がけ。
設備が整った病院で手術できるわけがないのは当たり前だが、ホテルの1室で麻酔なしに数分で行われる。
殺伐としていてやり場のない気持ちになった。
命を軽んじる少女が悪いのか、中絶を禁じる国が悪いのか、、、

この国での闇医者は、望まない妊娠をしてしまった女性にとっては救世主。
私はそんな思いで闇医者を見ていた。しかし、弱みにつけ込む許し難い行為は最低だった。
この国で暮らす女性たちに希望はあったのだろうか?

一番の被害者は妊娠した少女ガビツァではない。ルームメートのオティリァである。
中絶場所として指定されたホテルの予約が失敗したのは当事者の責任だが、医者の機嫌をとったのはオティリァだった。
命がけの中絶。
万が一見つかった際、手助けをしたオティリァも罪を問われてしまうのに、なぜこんなに協力的だったのか。
彼女自身も明日は我が身だったのです。もしかしたら同じ境遇なのではないかと思わせるシーンすらある。
「自分が妊娠した時はガビツァが助けてくれるかもしれない」
こんな思いをせざるを得ないことがあまりにも哀れだ。

中絶を禁じる社会状況、闇医者、それ以上に私をイライラさせたのは当事者のガビツァ。
ルームメートのオティリァの助けなしでは中絶はないえなかったであろうに、あまりにも子供で身勝手だ。
手術後の食事のメニューは彼女の無神経な性格を象徴しているかのよう。

すごくヘビーで、胸がえぐられるほどショッキングな作品だった。
でも、興味を引き付けるリアルさがあり釘付けになってしまった。
緊迫感、絶望感、閉塞感がこれでもかと言わんばかりに襲ってきた。
しかし、社会状況や中絶是非を批判するものではない。
絶望の淵の中でたくましく生き抜くオティリァはこの作品の中で唯一の希望に見えた。


参考までに、
1989年、ルーマニア革命で中絶は合法化
1920年、旧ソ連中絶を合法化(1936年非合法化のちに1955年再度合法化)
関連記事
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。