スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メランコリア <2011/デンマーク=スウェーデン=仏=独> ★★★★★

melan.jpgMelancolia
2011/136min/デンマーク=スウェーデン=フランス=ドイツ
SF、ドラマ
監督/脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:キルスティン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、キーファー・サザーランド、シャーロット・ランプリングアレクサンダー・スカルスガルドステラン・スカルスガルドウド・キアー、ジョン・ハート
受賞:第64回(2011)カンヌ映画祭 女優賞 (その他ノミネート、受賞作品はこちら)
IMDb評価:7.8/10

哲学度 ★★★★
宗教度 ★★
映像美 ★★★
鬼才度 ★★★

2012年2月よりTOHOシネマズ渋谷ほか全国でロードショー

巨大な惑星“メランコリア”が時速10万キロのスピードで地球に接近する中、二人姉妹の妹ジャスティーンは結婚式を挙げる。夫ジョンの豪華なスウェーデンの邸宅で大勢の人たちに祝福され、幸せの絶頂にあるはずの彼女であったが、鬱病に苛まれていた。ジャスティーンは式の間も奇妙な行動を起こし始め、無事に結婚式を終えようと姉クレア夫婦は力を尽くすが、虚しくも結婚は解消となってしまう。そして、ついにメランコリアが地球に最も接近しようとする日が近付く…。

melan1.jpgラース・フォン・トリアー監督のカンヌ映画祭コンペ入りは9作目となる。2年前に「アンチクライスト」で騒然とさせた監督が、本作の記者会見における不適切発言で追放を言い渡されるという異例の事態が起こった。「アンチクライスト」を観てしまったことに激しく後悔し、この監督作品はもう観ないと心に誓ったはずなのに、話題性に負けやっぱり観てしまった。毎回物議を醸し出すだけあって、やはり強烈。前作のような大胆な性描写や暴力描写はなく趣の異なる作風だが、奥底にある暗部を抉り取るような精神状態の描き方はこの監督にしか成し得ないと感じさせる鬼才ぶり。

偶然にも今年のカンヌでは“魂の救済”を題材にした作品が2作品あった。マリック監督「ツリー・オブ・ライフ」では生命の始まりにまで遡り、本作では地球の終末論からその解釈に迫る。アプローチの仕方がまるで違うことは興味深い。個人的には「ツリー・オブ・ライフ」は難解すぎて、記事も書けずじまいであり、本作のほうが私好み。監督の発言が明暗を分けたのであれば、実に残念。

冒頭から監督ならではの映像美が炸裂している。茫然としたジャスティーンの背後には、死んだ数々の死んだ鳥たちが空から降ってくる。馬が倒れ込み、無数の蝶が舞い荒れ狂う。そして、とうとう惑星メランコリアが地球に衝突し、砕け散る…スローモーションの映像は不吉な前兆を暗示させ、不安感を煽る。冒頭から強烈であるが、バックに流れるワーグナーの“トリスタンとイゾルデ”と綺麗な景色が独特な映像感覚を引き立てている。

melan2.jpgパート1「ジャスティーン」、パート2「クレア」の2部構成となり、パート1では結婚式の模様を、パート2では結婚解消からメランコリアが衝突し、この世の終わりを告げる瞬間までを描いている。惑星が素材となりSFにカテゴライズされているが、本質はメランコリアと地球が衝突する出来事ではなく、この世の終わりを迎えようとする瞬間、人々はその事実をどう受け止めるのか、中心人物の精神状態や魂の救済を監督ならではの手法で浮き彫りにしていく。

盛大でゴージャスな結婚パーティーだが、どこか重苦しく暗雲が立ち込める。ウエディングドレスに身を包み、若くて美しいジャスティーンだが、時折顔を曇らせ、裏の感情が見え隠れするのである。次第に鬱の部分が露わになり、奇妙な行動を取り始める。パーティーに集う癖の強いキャラクターを演じる層々たる主演者も見所の一つであるが、ジャスティーンを演じるキルスティン・ダンストの熱演あってこその作品である。監督の不適切発言で一時は危ぶまれたカンヌ映画祭での女優賞をもぎ取っただけの価値はある。フルヌードで挑んだキルスティン・ダンストの役者魂もすごいが、鬱に苛まれ、破壊されゆく精神はそのままパート2になだれ込み、観る者の心を鷲掴みにする。メランコリアとは“鬱病”という意味もあることを初めて知ったが、ジャスティーンの行動や言動はまるで観る者も共に鬱状態へと誘う催眠術のようでもあった。エスカレートする行動は自暴自棄ともいえるが、魂が救済された瞬間、その催眠術は解かれ、心がす~っと軽くなり、解放された思いがした。

唐突とも思える話の設定ではあるが、究極の極限状態で人間は何を思うか…未曾有の災害に見舞われた瞬間、自分は何を感じたかを振り返ってみれば、近い答えは出されるのではないか。
焦燥する者、絶望を感じる者、孤独を噛み締める者、そして魂の救済を求める者。本作でも様々な精神状態が描かれる。あまりにも壮絶なストーリーに身を削られるような思いで魅入ってしまったが、ここまで感情が揺さぶられる作品は、そうそうお目にかかれない。

<鑑賞> 英語聞き取り度70% 2011/9/29
関連記事
スポンサーサイト

パパの木 (原題:The Tree) <2010/豪=仏=独=伊> ★★★

2013年6月公開予定。

tree4.jpg
The Tree
2010/100min/フランス=オーストラリア=ドイツ=イタリア
ドラマ
監督/脚本:ジュリー・ベルトゥチェリ(長編2作目)
原作:ジュディ・パスコー処女作「パパの木」
出演:シャルロット・ゲンズブール、マートン・ソーカス
受賞:オーストラリア映画協会賞2010 作品賞、監督賞、脚色賞
映画祭:カンヌ映画祭2010 クロージング
ロケ地:オーストラリア クイーンズランド州Boonah
言語:英語
IMDb評価:6.7/10 

ジャン=ルイ・ベルトゥチェリ監督の娘であり、「トリコロール 青の愛」「ひとりぼっちの狩人たち L'Appât (1995)」等のアシスタントディレクターを経験し、「やさしい嘘」(未見)で長編デビューした女性監督。



私はオーストラリアに住んでいたことがありながら、オージーイングリッシュがわからないので、豪映画はほとんど観ない(観れない)が、本作はコテコテのオージーイングリッシュを話す人が出てこないので、幸い奇跡的にも最後まで観れた。
あ~こういう表現よく聞いたな~なんてオージー特有のスラングが使われ、コウモリ、カエルやカンガルーをごく自然に登場させる感じにオーストラリアらしさを感じた。
私は、カンガルーはもちろんだけどカエルとコウモリを生まれて初めて見たのもオーストラリアだった。森の入口に住んでいたことがあるので、夕方はコウモリが飛び回り、夜はカエルの鳴き声、通勤時にはカンガルーの群れなんかに遭遇していたので、すごく懐かしかった。

tree3.jpgオニール一家は、庭には大木がある所へ家ごと引っ越してきた。しかしある日、夫は運転中に心臓発作を起こし亡くなってしまう。走行中だった車は庭の大木へぶつかり止まった。一家の大黒柱を失い、残されたのは幼児から高校生までの4人の子供たちと母親。高校生の長男が一番現実を見据えており、亡き父の役目を果たそうとアルバイトを始める。母親は喪失感や精神的な疲れから、子供たちの世話どころか日常生活もままならない。唯一の女の子8歳のシモーヌは、庭にあり、父が亡くなる時にぶつかった大木に亡き父親の魂を感じるようになる。木に話しかけ、父親に甘えるかのようにそこで過ごす時間が増え始める。立ち直れない母を元気づけたく、木に父親の魂が宿るという秘密を母に打ち明ける。母も木で過ごすようになり、徐々に立ち直り始め、働き口を見つけてきたが…。

tree2.jpgようやく働き出した母。雇い主の男性との関係が親密になり、明るさを取り戻していく。しかしその一方で、庭の大木も成長し始める。枝を伸ばし、家全体を包み込むかのように根や枝を張り巡らす。そして、太い枝は折れてしまい、見事なまでに寝室を壊してしまう。妻の気持ちを読み取っているかのように反応を見せる大木の成長は、新しいカレとの仲を引き裂くかのようでもある。それは嫉妬なのか。お隣の奥さんが言うように、もはや木ではなく、タコのようでもあり、夫の執念とも取れる。

父の死を受け入れられないシモーネは、母が雇い主と仲良くすることを良く思っていない。8歳でありながら眼差しや言動は大人顔負け。女として再び花咲かせようとする母に賛成できず葛藤を生んでしまう。母へ抵抗し、木の上で生活を始める姿は亡き父の立場を守るかのようでもある。

tree1.jpg4人の母役を演じるゲンズブール。前作「アンチクライスト」とは全く違う雰囲気の主婦を演じているが、冒頭での家族の死と大木をシンボル的に使うという点は共通している。「アンチクライスト」で木での自慰行為がいまだ強烈に脳裏に焼き付いており、本作でも大木に関わるシーンになると問題とされていたシーンが頭をよぎってしまう。

結末に触れています。反転するとご覧になれます。
娘シモーネの抵抗が功を奏し、母は雇い主との関係を断ち切った。しかし、その矢先のハリケーン。大木は根こそぎ倒れてしまった。それは亡き父からの解放と自由を意味しているのだろう。全てのしがらみを断ち切り、再出発をきる母の顔は晴れ晴れとしていた。女性監督らしい繊細なタッチが好印象。

<鑑賞> 2011/4/16

初版:2011/4/18
[サイト内タグ検索] シャルロット・ゲンズブール
関連記事

アンチクライスト <2004/デンマーク=独=仏=スウェーデン=伊=ポーランド> ★★★

anti.jpg2009/108min/デンマーク=ドイツ=フランス=スウェーデン=イタリア=ポーランド
監督/脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:ウィレム・デフォー、シャルロット・ゲンズブール
IMDb評価:6.8/10

難解度 ★★★★
宗教度 ★★★★★
芸術度 ★★★★
残酷度 ★★★★★
衝撃度 ★★★★★
官能度 ★

<あらすじ>
愛し合っている最中に愛する息子を事故で失った夫婦。深い悲しみと自責の念からしだいに神経を病んでいく妻。セラピストの夫は自ら妻を治療しようと試みる。催眠療法から、妻の恐怖は彼らが「エデン」と呼ぶ森の中の山小屋からきていると判断した夫は、救いを求めて楽園であるはずのエデンにふたりで向かうが、事態は更に悪化していく。現代のアダムとイブが、愛憎渦巻く葛藤の果てにたどりついた驚愕の結末とは……?

<レビュー>公開前なので、ネタバレなしです。
話題の一つになっているモノクロのプロローグ。激しいセックス中、子どもが窓を乗り越え転落し、死んでしまうという内容。スローモーションで酔いしれてしまいそうな映像感覚だけど、直前に運悪く観てしまった韓国映画「パジュ」と同様の内容で、観るのを中断してしまっていた。気を取り直して観直したけれど、目を疑う性描写や目を覆いたくなる暴力シーンが満載で、終了後しばらく一体何が起こったのかわからず茫然としてしまった。鑑賞直後には心臓をえぐり取られたような気分で嫌悪感しか残らなかったが、あまりにも難解なので、鑑賞後時間をおいてから分析するといろんなものが見え始めてくる。
anti3.jpganti2.jpganti1.jpg
この難解を紐解くにはキリストについて考える必要がある。妻が「自然は悪魔の教会だ」というように、森は悪魔であって、そこに暮らすことによってキリストの呪縛からの解放・救済を求めているのだ。喪失感をセックスで埋めようとするが、救済は得られない。夫はキリストの象徴だと考えると、妻の行動も辻褄があってくる。そして、邪悪なものを吐き出そうとするのが、剥き出しの性となっているような気がする。あまりにも露骨な性描写はポルノ俳優が演じているらしいが、ゲンズブールも下半身丸出しの姿だったり、自慰行為まで披露してしまっている。ポスターにもなっている大木の根元でのセックスシーンも描写としてある。

映画はプロローグ、悲嘆、苦痛、絶望、3人の乞食、エピローグの6章から構成される。モノクロであるプロローグとエピローグは正気な姿が描かれ、カラーである他の4章では狂気の恐ろしく、痛い姿が描かれる。世界の創造主としての神よりもむしろ悪魔を描いており、人間の内に秘めた嫌な悪な部分をまざまざと見せ付けられてしまった気分にさせられた。

  プロローグとエピローグでの挿入歌「泣かせてください」の歌詞が興味深い。
 
  過酷な運命に泣かせてください
  そして、自由に焦がれることをお許しください
  悲しみが私の苦悩の縄を
  断ち切ってくれますように
  どうかお願いですから

  ジャコモ・ロッシ作詞 ヘンデル作曲 オペラ「リナルド」より

この歌詞に全てが集約されているようで、身震いがした。2シーンでエキストラが出演するが、台詞がある出演者は夫婦2人のみ(息子もあったかも)。2人芝居とは思えない重厚感、全く飽きさせない展開、スピード感もあり、難解度が高いにも関わらず、悔しいことに目が釘付けになってしまった。動物たちにも紐解く鍵が隠されているようにも思えるが、私の能力を遥かに超えているためよくわからなかった。日本劇場公開版は104分となっている。4分のカットは性描写なのだろうか。

<鑑賞> 2010/11/25

関連記事

レ・ミゼラブル <2000/仏> ★★★★★

les.jpg
Les misérables/レ・ミゼラブル/ ああ無情
2000/計4回376min/フランス=イタリア=スペイン=ドイツ=アメリカ
監督:ジョゼ・ダヤン
出演:ジェラール・ドパルデュージョン・マルコヴィッチヴィルジニー・ルドワイヤンシャルロット・ゲンズブール
IMDb評価:7.7/10

19世紀フランスの文豪ヴィクトル・ユゴーの傑作。全4話6時間に渡るフランステレビシリーズ化を鑑賞。今まで観た中で一番面白く、6時間を一気に観てしまった。あまりにも有名すぎるこのストーリーを今更言及する必要なんてないだろうが、無知な私は恥ずかしながらストーリーをほとんど知らなかった。映画は何度かチャレンジしたがいつの間にか寝ているし、本も読みかけてはいるが挫折しているからだ。

一片のパンを盗んだ罪で投獄されたジャン・バルジャン(ジェラール・ドパルデュー)の一生を描いている。投獄を繰り返すものの19年の服役を無事終え釈放されたバルジャン。立ち寄った司教宅で銀食器を盗み、また捕まってしまう。しかし、司教は差し上げたものだと主張し、何のお咎めもなかった。それどころか、司教は銀のロウソク台まであげてしまう。正直より慈悲だと言うのだ。バルジャンは司教の慈悲に心打たれ、清く正しく生きることを決意した。

その後のバルジャンは慈悲の心に溢れていた。ボロボロの人生で輝く宝石はコゼットだけだと孤児コゼットを宝のように育て上げた。司教からいただいた恩を返すかのように生きてきた。しかし「一度でも犯罪を犯した者の更生はありえない。彼らが悔いるのは捕まったことだけだ。」と信じるジャベール警部(ジョン・マルコヴィッチ)はバルジャンを追い続けていた。しかし、バルジャンに命を救われたことに感銘を受け、捕えることをやめてしまった。なぜなら、バルジャンは立派に更生していたからである。ジャベールは自問自答し続けた。「更生した者を捕えることが罪なのか、犯罪者を取り逃がしたことが罪なのか」結局、自分も罪を犯してしまったのである。そして、冬の冷たい川の中に身を沈めるのであった。

身を削って娘コゼットに仕送りをし続け、命を落としてしまった母フォンティーヌ。フォンティーヌから金をせびっていた非道なテナルディエ夫妻と娘たち。コゼットに一目惚れをしたマリウス。学生思想犯たちによる暴動などのエピソードも織り込まれている。主人公のジャン・ヴァルジャンは、犯罪者と言われながらも、後にパリ警察の密偵となったフランソワ・ヴィドックがモデルだと言われている。マリユスは若き日のユーゴー自身。コゼットは彼の妻と愛人がモデルだとか。

ドパルデューはかねてからこの作品への出演を熱望していたが、時間的制約のある映画では改変、短絡を余儀なくされる。原作を忠実に再現するために長編ドラマを希望したとか。フランス版は6時間、アメリカ版は3時間。日本で発売されているDVDとNHKで放送されたのはアメリカ版である。アメリカ版はあらすじを知らないと何がなんだかわからないだろう。私は日本語吹き替えにて6時間のほうを鑑賞。初心者には6時間のほうが適切であろう。

泥棒でも人道的に生き抜いたバルジャン。永遠に変わることのない無償の愛そのものだった。

<鑑賞> CSにて日本語字幕 2010/10/7
関連記事
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。