スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

16. 絶対の愛 (原題:時間) <2006/韓> ★★★★★

time_20110831205515.jpg시간/Time
2006/98min
ドラマ、ロマンス 
監督/脚本:キム・ギドク (監督13作目)
助監督:チャン・フン
出演:ソン・ヒョナハ・ジョンウ、パク・チヨン、キム・ソンミン、パク・チヨン、チョン・ギョウン
IMDb評価:7.2/10

助監督を務めるは「映画は映画だ」「義兄弟」の監督、チャン・フン氏。最新作「アリラン」で暴露された張本人である。「アリラン」鑑賞後に観ると感慨深いものがある。

ゴア度 ★(整形手術の映像がかなりグロテスク)
社会度 ★★★★
哲学度 ★★★★
邦題のセンス 最悪


time1.jpg長い時間を一緒にした恋人セヒとジヌ。セヒはジヌの愛が変わったことを感じ、その理由が自分がもう新しくないからだと考える。ジヌはそんな彼女の敏感な反応に疲れを感じる。傷ついたセヒはある日突然全ての跡を消したまま去り、果敢にも整形手術で新しい人間になろうとする。そしてある日、ジヌはセヒとよく行った行き付けカフェで自らを”セヒ”と紹介する妙な雰囲気のウェートレスに出会う。新しいセヒと愛に陷るジヌ、 セヒは彼を誘惑すると同時に彼が以前のセヒとの愛を忘れたのではないのかと試し、結局彼は以前のセヒを忘れることが出来なかった事を知る。しかし以前に戻る事は出来ない彼女は以前のセヒの写真で作った仮面をかぶって現われ、戻って来た自分を愛して欲しいと言って事実を告白する。驚いたジヌは席を蹴飛ばして去ってしまう。一人残されたセヒはジヌも新しい姿で自分の前に現われるはずだと知るようになる。@innolife

本作は世界有数の整形大国になってしまった韓国社会の現状を背景にしている。顔と体さえ新しくすれば倦怠期を乗り越えられると考えてしまったことが事の発端。時間とは絶対的な物であり、リセットできるわけではない。逆らえない時間の流れに対してどう成長していくかが人間に課せられた課題であるのに、整形によって時間を巻き戻そうとする世の女性たちの安易な考えを真っ向から批判している。見るに堪えられない整形手術の様子を前触れなしに冒頭でいきなり見せるところも監督らしい。セヒの「時間が怖い」という台詞にあるように、時間と共に色褪せていく愛を描いた作品。男女問わず抱えている悩みでもあり、永遠の課題であろう。皮肉たっぷりの描き方がたまらなく好き。もう何度観たかわからない。

time2.jpgセヒを演じるソン・ヒョナは、整形経験アリ(二重瞼と歯茎)。整形前か整形後かは不明だが、ミスコリアのタイトルまで手に入れたのに麻薬逮捕やヌード写真発表と何かとお騒がせな人。その後それなりにドラマ出演はあるが、どれも恵まれた役ではない。整形が全てを幸せにするわけではないことはご本人がおわかりのはず。自問自答を促されるような展開をどう感じているのか一度聞いてみたいものである。彼女のキャスティングには説得力がある。

一筋縄では終わらないのがキム・ギドク。新しい容姿を手に入れても失った代償はあまりにも大きい。整形そのものに意義を唱える結末は壮絶。ギドク作品はいつも両者の立場がきちんと描かれているが、本作では整形医師の立場までも描かれているところが面白い。「美」だけを追究し報酬を得る医師に対しても疑問を投げかけている。

原題は“時間”。“絶対の愛”を求めたがゆえのストーリー展開ではあるが、愛にばかり注目していると結末で混乱は避けられない。“時間”という鋭い着眼点に焦点を向けないと、監督の真意も見落としかねない。

<鑑賞>2009/10/30、2011/3、英語字幕2011/8/24
初版:2009/10/30
最新版:2011/8/28

関連記事
スポンサーサイト

227. 秘愛 Seacret Love <2005/韓> ★★★

aein.jpg
愛人 애인/The Intimate
2005/98min
監督:キム・テウン 
出演:ソン・ヒョナ、チョ・ドンヒョク 

<あらすじ>
女は,同じエレベーターに乗った魅力的な男に妙な気持ちを感じる。同じ日,パジュ(坡州)ヘイリでの再度の偶然,小心で静かな自分に軽く誘いをかけてくる男が嫌いではない。堂々としていて愉快な男にあまりにも簡単に引かれてしまった彼女は,即興的にセックスを許諾するようになる。7年付き合った男がいて,彼との結婚を控えているのに初めて見た男に度々引かれる理由は何だろうか。悩むには,彼と送れる時間があまりにも短い。一目で相手を確かめて,一気に愛を感じて愛を確認する女と男。一日という短い時間に,互いに溺れてしまった女と男。果たして私の男に知られず,恋人を胸深く隠せるだろうか。

<レビュー>
近年の韓国映画はベッドシーンをウリにしている作品が多い。描写も年々エスカレートしていて、結局ベッドシーンしか印象に残っていない、、、なんてのも少なくない。本作は、2005年最も美しいとか激しいベッドシーンに選ばれていた。5年も前なので、最近のとは比にならないだろうと思ったが、期待を裏切られた。体のラインがキレイな2人だから、シャワーシーンはため息がでるほどキレイだった。女性向けな描写なので、男性には物足りないかもしれない。

7年の交際の後、結婚を控えた女性の戸惑いを描いている。婚約者の男性はもはや全く魅力はなく、マンネリ化した関係。完全に冷め切ってしまっている。「7年も付き合えば誰だって同じだ。一緒に住んであげてもいい」なんて言われれば、結婚に戸惑うのも無理はないだろう。どんな男性が現れても、こんな婚約者に比べれば素敵に見えてしまうだろう。刺激を求めるのか、安定を求めるのか、年齢や価値観によって答えは変わるでしょうね。互いに惹かれあっているのに素直に言えないのがもどかしく、愛情表現が性行為となってしまっている。こんなにも体を求めあうのは心に隙間があったからでは?

私とは違う主人公の決断が哀しく見えてしまった。

原題は「愛人」。中国では「配偶者」の意味になるが、韓国では「恋人」。日本では不正常な関係を指す。国によって異なる意味をなす「愛人」という文字を目にすると、いつも曖昧な単語だなぁって思っていた。まさに本作は曖昧な関係を描いた内容で、「愛人」の意味の深さに共鳴した。

<鑑賞> 字幕なし 2010/9
[サイト内タグ検索] ソン・ヒョナ
関連記事
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。