スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

229. ハッピー・エンド <1999/韓> ★★★

HappyEnd.jpg
ハッピー・エンド/해피 엔드/Happy End
1999/99min
脚本/監督:チョン・ジウ  
出演:チェ・ミンシクチョン・ドヨンチュ・ジンモ、ファン・ミソン、チュ・ヒョン
受賞:
2000 第1回 釜山映画評論家協会賞 主演女優賞(チョン・ドヨン)
2000 第53回 カンヌ国際映画祭 批評家週間 招請
2000 第20回 映画評論家協会賞 新人監督賞,主演女優賞(チョン・ドヨン)
2000 第45回 アジア太平洋国際映画祭 主演男優賞(チェ・ミンシク
2000 第8回 春史映画芸術祭 主演女優賞(チョン・ドヨン)
2000 第37回 大鐘賞映画祭 主演男優賞(チェ・ミンシク),助演男優賞(チュ・ジンモ
2000 第14回 英国 リーズ国際映画祭 審査委員特別賞
IMDb評価:7.0/10

純愛度 なし
官能度 ★★★★
衝撃度 ★★★
感動度 ★★
催涙度 ★
演技力 ★★★★★

<あらすじ>
妻の不倫によるぞっとする異常な進行を描いた世紀末痴情劇。チョン・ドヨンの果敢なベッドシーンで注目され,興行的にも成功した作品。

6年間勤めた銀行を整理解雇されたソ・ミンギは,英語学院を運営する妻チェ・ボラの稼ぎに頼って久し振りの閑静な時間を送っている。忙しい妻の代わりに5ヶ月になる娘ソヨンの面倒をみながら,古本屋で小説を読んだり, 料理の本を開いて食べ物を作ったり, ゴミの分別回収の要領も体得していくミンギ。一方,ボラは,大学時代の恋人で軍入隊で別れたキム・イルボムに偶然に会い,夫に隠れて彼と常習的な出逢いを繰り返している。ミンギは,妻の不倫に気がついて,ほどなく彼らの密会場所のイルボムのオフィステルまで探り出すようになり,彼ら三人の互いに違う欲望が緊張を起こし始める。互いに違うハッピーエンディングを夢見る彼らの愛情,執着,殺意の三角関係は,予想できないエンディングに向かい駆け上がる。


<鑑賞> 字幕なし 2010/10/30

<レビュー>
当時、ベッドシーンが話題になっていた作品。観たいけど、チェ・ミンシクのベッドシーンはちょっとなぁ、、、なんて思いながら10年も経ってしまった。実際はチェ・ミンシクのベッドシーンはない。話題になっていたのはチャン・ドヨンのオールヌードだったのだ。冒頭から扇情的なベッドシーンに圧倒される。今観ても濃厚だと思うのだから、99年なら尚更だろう。「下女」のチャン・ドヨンはずいぶん大胆に脱いだものだと関心していたが、すでに本作でここまでこなしていたのなら、何でもできちゃうわね。愛人役には「霜花店」のチュ・ジンモ
HappyEnd1.jpgHappyEnd3.jpg
よくある不倫映画かと思ったら、不倫しているのは妻という男女逆転型であった。失業中の夫ミンギが家事全般を担い、妻ボラが家計を支えている。更に愛人イルボムに会社のホームページデザインを任せ、彼をも養っているのだ。夫はヨン様のテレビドラマ<愛の群像>(原題:私たちは本当に愛したのだろうか)に夢中で、牛乳パックを切り開いてゴミに出すなど、完全に主婦化している。しかし、車内に落ちている高速道路の領収書などから薄々と浮気を感ずいてしまった夫。ショックのあまりしばし抜け殻のようになるが、走行距離を日々ノートに記録するなど、妻の行動をチェックし、愛人宅まで突き止めてしまうのだ。このへんまではよくある不倫映画だ。面白くなるのはこれからなのだ。

タイトルは「ハッピーエンド」。ハッピーエンドの意味をストレートに捉えてしまうととんでもない結末に度肝を抜かされる。後半30分で夫の恐るべき復讐劇が繰り広げられるのだ。不倫の事実を知り殺意を感じ始めた夫が起こした行動は狂気的ではるかに予想を超え、結末が気になり目が離せなくなる。

↓以下、ネタバレします
関連記事
スポンサーサイト

ハウスメイド <2010> ★★★★

henyo2010.jpg
2010/ドラマ
監督:イム・サンス
出演:チョン・ドヨンイ・ジョンジェ、ソウ、ユン・ヨジョン

<あらすじ>
白無垢のように純粋な女、大邸宅の下女になる

離婚後、食堂で働きながら明るく生きているウニ(チョン・ドヨン)、乳児教育科を出た経歴のために遥かに身分の高い大邸宅の下女として働くようになる。完ぺきに見える主人フン(イ・ジョンジェ)、双子を妊娠中の洗練された妻ハラ(ソウ)、ウニを母親のように従う6才になるナミ、そして家のことを総括する年老いた下女ピョンシク(ユン・ヨジョン)との生活は、不慣れだが楽しい。
極度に親切な主人に出会った。

そんなある日、主人一家の別荘に同行することになったウニは、部屋に訪ねてきたフンの誘惑に引きずり込まれ、肉体的な関係をもち本能的な幸福を感じる。その後もウニとフンはハラの目を盗んで刺激的な関係を続ける。しかしさほど経たないうちにピョンシクが彼らの関係に感づいて、平穏だった大邸宅に得体の知れない緊張感が漂い始める…。

ついに露になった関係と、隠しきれない秘密…を囲んだ彼らの交錯した欲望が激しく衝突する!

<レビュー>
オリジナルは韓国を代表する故キム・ギヨン監督の1960年の傑作。
今観ても衝撃の展開で描き、当時、アジアで注目された作品だ。
妻の妊娠のために下女を雇うこととなり、その女との関係を持つという軸のコンセプトはオリジナルと同じだけど、設定や結末は異なっている。
一番異なるのは、前作は下女が誘惑していたが、今作は主人が誘惑している点だ。
前作の魅力は「男を破滅に導く魔性の女(たち)」にあったが、今作はどうだろうか?
下女ウニ(チョン・ドヨン)は魔性どころかむしろ被害者だ。
妻の母親が一番の魔性かもしれない。ウニが気の毒で仕方なかった。
チャン・ドヨンの表情が物悲しく、ハマリ役だった。
セクシーさを強調した衣装にしたそうだが、いやらしさはない。
ベッドシーンや入浴シーンで全身ヌードも披露しているが、演技力があるので、こちらもいやらしさは感じない。

オープニングの出来事に疑問を感じながら観ていたが、エンディングに見事に連結されていた。
前作は社会的時代背景をよく映し出していたが、今作は世相を反映させている。
何でもしてあげられる女、何でも欲しがる女、なんでも手に入れる女の欲望が衝突し、見応えはある。
エンディングの衝撃度は強いが、オリジナル版に比べると遥かに劣る。
美術品は相当豪華だが、前作のこじんまりとした家のほうが閉鎖的でスリラー度は高い。
別作品として観た方がいいかもしれない。

<鑑賞> 2010/7/18


関連記事
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。