スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(未)重さ <2012/韓国> ★★★

the weight
Weight
2012/107min/韓国
ドラマ
監督/脚本:ジョン・キュファン
出演:チョ・ジェヒョン、パク・チア
IMDb評価:6.6/10


社会度 ★★
哲学度 ★★★
宗教度 ★★
官能度 ★(ヌードあり)
民族度 ★★
ゴア度 なし

脚本 ★★ 
演出 ★★★
演技 ★★★ 


the-weight1.jpg 主な舞台となるのは、地下にある死体安置所。主人公の働くところである。運ばれてきた遺体を拭いて、綺麗にお化粧をして、棺桶に入れ、新たな旅立ちに備えるのが彼の仕事である。一方、彼の弟は女性になることを願い女装をしているが、まだ性転換手術は受けていない。生と死の狭間で揺り動く兄と女性と男性の狭間で揺り動く弟を描く。

二人は孤児院出身であり、幼少時代に養子に出されている。その時のトラウマも含め、幼少時代のフラッシュバックを効果的に挿入している。何と言っても本作の特徴はアート的な映像美。安置所での仕事風景ですら、魅せられる。人間の欲望をも巧みに映像化している。

the-weight2.jpgタイトルは“重さ”。おそらく生や性の重さのことを言っているのであろう。重い題材でありながら、明るいタッチで描いたブラックコメディー。「おくりびと」と比較している海外の記事をいくつか目にしたが、主人公の職業が似通っているだけで、共通点は一切ない。本作は明確なストーリーどころか、人間の欲望・愛・孤独を抽象的に、しかしながらユーモラスに描いた作品である。

注目すべき点は、キム・ギドク作品でお馴染みだったチョ・ジェヒョン、パク・チアの二人を主演に迎えた点でもある。本作の作風はギドクというよりはフィンランドのカウリスマキに近いドライなブラックコメディーだが、全く異なった作品での二人の共演も興味深い。

2014/6/8
関連記事
スポンサーサイト

73. ブレス <2007/韓> ★★★

最近はめっきりテンプレートのHTML編集はしていないのですが、左カラムが記事の最後に、右カラムが左側に来てしまっています。どうやらHomeだけが崩れてしまっているようです。原因不明なので、いっその事テンプレート変更させるべきか、編集頑張るか悩んでいます。少々お見苦しいですが、ご了承のほど。

原因となった記事を削除し、解決した模様。たぶん。

Breath.jpg
ブレス/Breath
2007/84min/韓国
ドラマ
監督/脚本/製作:キム・ギドク(監督14作目)
出演:チャン・チェンパク・チアハ・ジョンウ、カン・イニョン
IMDb評価:6.9/10


ゴア度 なし
社会度 ★★
哲学度 ★







breath1.jpg死を宣告されても自ら死のうとする死刑囚がいる
死を間近にしている死刑囚チャンジンは、鋭いキリで喉を刺して自殺しようとする。死を早めようとする彼の努力にもかかわらず、結局声を失っただけで再び刑務所に戻る。帰った場所で彼を待っていたのは、愛する若いチェス。しかしチャンジンが今生に残している未練は何もない。

何不自由ない人生で、行く場所を失った女がいる
何の不足もないヨンの人生は、夫の浮気が分ってから食い違い始める。偶然テレビで死刑囚チャンジンのニュースを見たヨンは、彼に妙な憐れみを感じて彼に会うために刑務所に向かう。幼い頃に経験した死の瞬間を死刑囚チャンジンに打明け、閉じていた心の扉を開けるが…
彼らが吸い込む息と吐き出す息は、それぞれの人生をどこに導くのか

ヨンはチャンジンのためにできることを探し、四季をプレゼントしようと決心する。死ぬこと以外は何もなかったチャンジンに、人生の温かみを吹き込むヨン。会い続けることで二人は単純な欲望以上の感情を抱くが、ヨンの夫は二人の関係に気づいて妨害し始める。…@innolife

breath2.jpg作曲家の夫と彫刻家の妻。夫婦愛は冷め切っており、2人を繋ぎ止めているのは娘一人の存在だけという脆い絆。夫の車の中で女性の髪どめを見つけ、ヨンの中で何かが崩れ始めた。
偶然テレビで観た死刑囚の自殺未遂の報道。死刑執行をただ待つだけの彼はこの世に未練はなく、何度も自らの“息”を断とうとしていたのである。自分の“孤独”と死刑囚の“孤独”を重ね合わせ、面会に足を運ぶヨン。夫の浮気を知り絶望的な女が自殺未遂を繰り返す死刑囚の男を求めるという、奇想天外な“愛”の物語。それはあまりにも息苦しい形であった。ギドク作品の中で最も抽象的だと思われる作品。

ヨンは死刑囚チャンジンの元恋人だと偽り、面会要請をする。会ったことすらない女性の面会を不信に思うチャンジンであったが、ある話を聞いて興味を抱くようになる。それはヨンが経験した9歳の時の5分間の死の体験であった。息が止まり、身体がふうっと浮かび上がるように軽くなった瞬間に感じる感覚が快感だと。“死”が引き合わせ、共に“息”をしようとする2人。チャンジンも彼女を生き甲斐にしようと“生”への渇望を見出すのであったが…。

核心、結末に触れていますが、面白さが半減するものだはありません。ご自身の判断で読み進めてください。
自殺未遂を繰り返す死刑囚に四季をプレゼントすることによって、“生”を実感させるための“息”を吹き込もうとするヨン。壁には四季を感じさせるポスターを貼り、小道具を持ち込み、歌をプレゼントする。春、夏、秋と届けるが、最後の面会時、冬を届けることはしなかった。そして、刑務所からの帰りの車中、夫と娘と冬の歌を一緒に歌った。冬を越し、じきこの夫婦には春が訪れることを、冬の歌が届けられなかった死刑囚チャン・ジンに春は訪れないことを示唆している。次の日はチャンジンの死刑執行日であった。

韓国人でないチャン・チェンをどう使うかに興味があったが、喉をつぶした役柄で、一言も発しないのも自然。見事な配役であり、目だけの表現は卓越している。ヨンに“息”を吹き込まれ、そのヨンに“息”を止められそうになった時のチャンジンの眼力は素晴らしかった。あんなにも死を求めた死刑囚が死を拒む矛盾は束の間の渇望を見出してしまった代償なのだろうか。あまりにも残酷である。

2人のエスカレートしていく行動を覗き続ける保安課長役は監督自ら演じている。顔ははっきり見えないが、画面に映っているのがはっきりとわかるのが薄気味悪い。何のために傍観しているのかが謎である。そして、「絶対の愛」以降、彫刻といったオブジェがやたら出てくる。監督の意図することは何なのか、何を投影しているのかが読み取れず、消化不良気味。

<鑑賞> 英語字幕2009/12/9、英語字幕2011/8/23

関連記事

94. 春夏秋冬そして春 <2003/韓> ★★★★

春夏秋冬そして春봄 여름 가을 겨울 그리고 봄/Spring,Summer,Fall,Winter...And Spring
2003/106min/韓国
ドラマ
監督/脚本/出演:キム・ギドク
出演:オ・ヨンス、キム・ヨンミン、ソ・ジェギョン、ハ・ヨジン、パク・チア
制作費:10億ウォン
撮影場所:慶尚北道 青松郡 周王山国定公園 チュサン(注山)池
受賞:
2003 第24回 青龍映画賞 最優秀作品賞,技術賞
2003 第51回 サンセバスチャン国際映画祭 観客賞
2004 第41回 大鐘賞 最優秀作品賞
2003 第11回 春史羅雲奎映画芸術祭 制作賞,美術賞
2003 第56回 ロカルノ国際映画祭コンペティション
2004 第5回 スペイン ラスパルマス国際映画祭 国際コンペ部門 大賞,撮影賞
2003 アカデミー賞 外国語映画賞 韓国代表作品
IMDb評価:8.1/10(244位)





spring.jpg春...
業:いたずら好きの子供、殺生の業を始める。
万物が生成する春。森で捕まえた魚と蛙と蛇に石をぶら下げて困らせる意地悪ないたずらをし、天真爛漫な笑いを放つ子供。その姿を見守っていた老僧は、寝ついた子供の背中に石を縛っておく。眠りから覚めた子供が涙声で痛いと訴える。老僧は、過ちを戻せなければ、一生の業になることを悟らせる。
夏...
欲望:愛に目覚めた少年、執着を知るようになる。
子供が成長し、17歳の少年になった時。山寺に同い年の少女が療養しに入ってくる。少年の心に少女に向かう熱い愛がみなぎって、老僧も彼らの愛を感知する。少女が去った後、一層深まる愛の執着を振り切れない少年は、山寺を離れる。
spring2.jpg秋...
怒り:殺意を抱いた男、苦痛に陥る。
寺を離れた後、裏切った妻を殺して殺人犯になり、10数年ぶりに山寺に逃げてきた男。紅葉のように赤く燃え上がる怒りと苦痛に勝てず、仏像の前で自殺を試みた彼を殴りつける老僧。男は、老僧が木の床に書いてくれた般若心経を彫って心を静める。男が去った静かな山寺では、老僧が自らを荼毘に付す。
冬...
空っぽなこと:無意味さを感じる中年、内面の平和を求める。
中年の年齢となり、廃虚になった山寺へ戻った男。老僧の袈裟を集め、氷の仏像を作り、冬の山寺で心身を修練して内面の平和を求める毎日を送る。寺を訪れた名前の分からない女が幼い子供を残して去る。
そして春...
新しい人生の四季が始まる。
老人になった男は、いつのまにか育った童子僧と共に、山寺の平和な春の日を過ごしている。童子僧は、あの春の日の子供のように、魚と蛙と蛇の口の中に石ころを入れるいたずらをして明るい笑いを放っている。@innolife

spring1.jpg舞台は雄大な大自然に囲まれた湖上に浮かぶお寺。お寺は風によって湖上を移動している。陸へ上がる際は、凍結する冬以外はボートを漕いで行く。自然の四季を通し、この寺で生きる人間の生から死に至るまでの過程を心で見て感じる作品。監督他作の人間の暗部をえぐるような作風ではなく、全ての善悪を受け入れる包容力のような温かさが感じられ、歩んできた人生が長いほど身に沁みる部分が多いと思われる。

文明社会から隔離されたこの寺は周囲の風景に溶け込んでおり、ここに生きる人間とはちっぽっけな存在で、自然の中で生かされているという印象を受ける。
キリスト教徒でもあるキム・ギドク監督は他作でも仏教的な小道具をよく使うが、宗教問わず仏教的思想は人間の生き方に通ずるものがある。各季節ごとに教訓があり、悟りにも近い穏やかさがある。心が洗われ、精神が鎮まる感覚に陥る。キム・ギドク作品でここまで癒された作品はない。挿入歌には「アリラン」が使われている。苦痛や哀しみが込められた歌声と新作「アリラン」に込めた監督の思いが重なり、感動が込み上げてきた。

他作品で感じるような嫌悪感や不快感はほとんどないが、顔に貼った「閉」の紙やスカーフでの顔の隠し方、など、キム・ギドク監督らしい奇抜なセンスは光っている。ファンとしては監督自ら削る氷のオブジェも見逃せないが、浮かぶお寺だけではなく、床一面に書かれた般若心経や装飾品、陸の入口でもある門も興味深い。

春夏秋冬そして春。輪廻のような繰り返し。人間の人生もまた繰り返される。歩んできた人生、これから歩もうとする人生についてもう一度考えてみたくなった。

<鑑賞> 字幕なし2009/12/24、英語字幕2011/8/19
初版:2009/12/30
最新版:2011/8/20

[サイト内タグ検索] キム・ギドク監督 パク・チア
関連記事
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。