スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(未) A Man's Fear of God (原題:Takva) <2006/トルコ> ★★★★

takva.jpg
Takva/A Man's Fear of God
2006/96min/トルコ
製作:ファティ・アキン
監督:Özer Kiziltan(映画監督デビュー作)
脚本:Onder Cakar
出演:Erkan Can、Meray Ülgen、グヴェン・キラック、Öznur Kula、Erman Saban、Settar Tanriögen
IMDb評価:7.4/10


宗教度 ★★★★★
哲学度 ★★
民族度 ★★★
普遍度 なし


内向的な独身中年男性ハレムはアパートで独り暮らしをしている。いとこの誘いである集会に参加したところ、信仰心のあつさや世俗的なことへの無関心さが認められ、教団の長シャイフの元で働くことになり、家賃集金の仕事を任されることとなった。ところがハレムは、いつしか見知らぬ若い女性との性行為を夢に見るようになる。なぜこんな夢を見るのか、女性は誰なのか自分でもわからない。お祈りが足りないのではないかと考え、より一層お祈りに精を出すが報われない。そして、ハレムのお金に対する姿勢が変化し始め、夢の内容もエスカレートしていく…。

takva2.jpg監督はテレビで活躍されている方で、映画監督は本作がデビュー作となる。「愛より強く」のファティ・アキンが製作に携わっている。出演者は、トルコ映画を多く観ている人には豪華と思える顔ぶればかりだったが、自身出演作が日本で公開しているのはグヴェン・キラックの「愛より強く」のみという有り様。いかにトルコ映画がマイナーかが窺い知れる。

朝起きたらまず神に祈りを捧げ、質素で規則正しい生活をする日常生活が映し出される。主人公ハレムは世俗的なことには全く関心を持たず、みなのお手本となるような敬虔な生活を送っている。しかし、そんなハレムも欲に目が眩み、ジレンマに悩み苦しみとことん追い込まれていく様を描いた作品である。いくら信仰心が強くても生きている限り人間なら欲はあるだろうに、イスラムの人たちは欲をどう制御しているのかというのが、私の長年の疑問だったが、本作はまさに私が知りたかった疑問そのものだった。

タイトル“Takva”とはアラーの神への畏れや、畏れによって罪から逃れることなどを意味するという。
宗教を題材にした作品でも主人公が家でお祈りするシーンはあっても、礼拝でのお祈りシーンをまず見ることはあまりない。礼拝でのお祈りのシーンは本作の見所の一つでもある。何をしているのか全くわからなくても延々と流れる集団での礼拝のシーンは圧巻。咳一つせず真剣に見入ってしまった。

takva1.jpg以前、他の記事で夢占いのことを書いたことがあるが、夢は自身が気付かない“願望”を反映していることがあるという。ダイエットをしている人は日ごろ我慢しているケーキが夢に出てきたり。ハレムが見る夢は初めは若い女性とのセックスだけだったが、いつしかドル札が登場し、ドル札のシャワーを浴びながらセックスをするという自身の日頃の敬虔な生活からは想像もつかない内容。生涯独身であるハレムはおそらく今まで女性経験はない。生活も質素。ごく普通の生活ができれば満足といった風貌を見せつつ、心では密かに“願望”を抱えていたということだろうか。

たとえ夢だとしても、ドル札のシャワーを浴びながら若い女性とのセックスはあまりにも衝撃。一体夢は何なのか。自分はどうなってしまったか。この先どうすればいいのか。罪から逃れることはできるのか。本人にも真相はよくわかっていない。敬虔だったからこそ悩まされ、自身では解決できない問題に直面することになる。教団からの信頼も厚く、事業も任されるようになるが、その後、金に目が眩み売上の一部を着服までしてしまうのである。その一度の着服(2万ドル)を隠すため、更に罪を重ねるか…それとも計算ミスをしていたと謝ってしまうか…

本国では性的な夢が波紋を呼んだそうだが、問題なく国内でも上映され、大ヒットしたというから驚き。よく検閲に通ったものだと関心したのだが、宗教に悩んでも解決してくれるのも宗教というメッセージが込められているのが起因しているのだろう。
欲望の波に飲み込まれても決して流されることなく岸に戻ってこようとする姿は人間が試練を乗り越える姿でもある。欲を満たすことばかりが幸せだとは限らない。信仰問わず、資本主義者たちにもどこか通じる問題定義が感じられる。

<鑑賞> 英語字幕 2011/12/7


関連記事
スポンサーサイト

ソウル・キッチン <2009/独=仏=伊> ★★★

soul.jpgsoul5.jpg
Soul Kitchen
2009/90min/ドイツ=フランス=イタリア
コメディー/ドラマ
監督・脚本・プロデューサー:ファティ・アキン「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」「クロッシング・ザ・ブリッジ
プロデューサー:クラウス・メック
脚本:アダム・ボウスドウコス
出演:アダム・ボウスドウコス、モーリッツ・ブライブトロイ、ビロル・ユーネル、アンナ・ベデルケ
受賞:2009年ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞、ヤングシネマ賞
IMDb評価:7.3/10

<あらすじ>1月22日劇場公開
ハンブルクでレストラン“ソウル・キッチン”を経営するジノス。恋人のナディーンが夢を追って上海に行ってしまったり、税務署からしこたま滞納していた税金の支払いを迫られたり、衛生局から新しいキッチン設備の導入を命じられたり、食器洗浄機を動かそうとしたら椎間板ヘルニアになったり……と、このところ上手くいかないことばかり。
ヘルニアで調理ができなくなったジノスが頑固者の天才シェフを新しく雇うと、彼が作る料理が評判を呼んで、店は連日大盛況! そんなある日、兄のイリアスが刑務所から仮出所してくる。イリアスが店のウェイトレス・ルチアに惚れて、音楽好きな彼女のために盗んできたDJセットでジノスの大好きな音楽をかけながら、店は絶好調に繁盛し出した。すべては上手く回り始めた、ハズだった。
しかし、ソウル・キッチンの土地を狙う不動産が現れ、店は乗っ取りの危機に陥る……。この店はオレたちの心(ソウル)。なくすわけにはいかない! (公式ページより)

<レビュー>
世界三大映画祭を最年少36歳にして制覇したファティ・アキン監督。
コメディーだとは知っていたけど、ファティ・アキンならきっと何かあると期待して鑑賞。
愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」のような重い映画を作っていた監督とは思えないほどゆる~いコメディで、ちょっとブラック。かなり意外でした。でも、コメディーのネタとしては簡単に思いつくような物ばかりでさほど新鮮なネタは含まれていない。

ぎっくり腰だけでも日常生活は大変なのに、さらに突然で踏んだり蹴ったりな危機に次々と見舞われる。結構な大惨事なのに、ジノスはいつでもゆる~い感じ。ぎっくり腰の間抜けな姿がゆるさに拍車をかけている。悪戦苦闘している様子もなく、おそらくどうにかなるだろうぐらいにしか思っていない。
刑務所から出てきた弟に店を押しつけ、上海にいる恋人に会いに行こうとする。ただ会いたいのではなく、現実から逃げているようにしかみえない。ジノスのレストランは冷凍食品を温める程度で接客も適当であった。それに限らず、私生活もどことなく冷めていて活力がないのである。
soul4.jpgsoul3.jpgsoul2.jpg
でもそんな陰には助けてくれる人もいたりして、人生は痛みばかりではない。冷凍食品を温めるだけのレストランでも通い詰めてくれるお客はいるし、親身になって治療につきあってくれるマッサージ師もいる。そんな人たちの有難みに気付けただけでも人生の収穫である。アキン監督らしい人間的な前向きな成長が描かれていて微笑ましい。

これまでは自身のルーツであるトルコ移民を主体にしていたファティ・アキン監督。本作では移民については直接的には触れていないものの、やはりトルコ系やアラブ系、ギリシャ系といった多民族が登場する。このハンブルグに限らず、多民族が共存する都会では「ソウル・キッチン」は心の拠り所。ここで流れる音楽もソウル・ミュージックだったりドイツのパンクだったり、民族と同様に無国籍。これまでのスタイルとは異なっても選曲のセンスは健在。本国でのポスターはレコードジャケット風で日本版よりアキンらしさがあっていい。

ぎっくり腰の間に雇われた代理のシェフ役には、アキン監督でお馴染みのビロル・ユーネル。ゆる~いジノスへの料理指導のストイックさがゆるさの中で唯一スパイスになっている。好きな俳優なので出番があまり多くなかったのが残念ではあるけど。

<鑑賞> 英語字幕 2011/1/16
関連記事

そして、私たちは愛に帰る <2007/独=トルコ=伊> ★★★★

heaven.jpg
AUF DER ANDEREN SEITE/THE EDGE OF HEAVEN
2007/122min/ドイツ=トルコ=イタリア
監督/脚本:ファティ・アキン 「愛より強く」「クロッシング・ザ・ブリッジ
音楽:シャンテル
出演:バーキ・ダヴラク、トゥンジェル・クルティズ、ヌルギュル・イェシル、ハンナ・シグラ
IMDb評価:7.9/10

邦題のセンス ★★★
芸術度 ★★★
社会度 ★★★
感動度 ★★
催涙度 なし

「生と死は隣あわせ、すべての死は生誕である」という死生観を持っているファティ・アキン監督。本作は「愛、死、悪」に関する三部作のうちの2作目である。原題の直訳は「向こう側に」「反対側に」であり、邦題の意味を考えるべくもう一度観直してみた。

トルコ人娼婦と過ごすトルコ系ドイツ人の父と大学講師の息子。その娼婦と反政府活動家としてトルコを逃れた娘。その娘と新たな友情を築いたドイツ人女性とその母。3組の親子がイスタンブールとドイツを行き来し、交差する運命は3部構成で描かれる。「生と死」「幸せと不幸せ」「出会いと別れ」は表裏一体だということを入り組んだ時間軸で展開すると同時に、EU加盟で揺れ動くトルコとドイツの関係までをも言及している。
heaven1.jpgheaven2.jpgheaven3.jpg
浜辺に寄せては返す波のように、人は「生と死」「幸せと不幸せ」「出会いと別れ」を繰り返す。しかし、喪失の中から人は希望を見出そうとする。それが邦題で言及している「愛」なのだろう。翻弄される運命の中での過ちを赦すことも「愛」なのである。そうやって人は「死と再生」を繰り返していく。「死」とは新たな人生の扉を開くのである。

国家間の関係が変わろうとも人と人との愛は変わらない。国家も文化も超越した親子の絆。赦しは前に踏み出す一歩となるのである。

民族音楽の使い方が絶妙。余韻を残す結末も何とも言えない感情が込み上げてくる。最新作「ソウル・キッチン」は11年1月22日劇場公開予定。待ち焦がれる。

<鑑賞> 英語字幕 2010/11/16


[サイト内タグ検索] ファティ・アキン監督
関連記事

クロッシング・ザ・ブリッジ <2005/独=トルコ> ★★★☆

cross.jpg
CROSSING THE BRIDGE The Sound of Istanbul
2005/92min/ドイツ=トルコ
監督:ファティ・アキン「愛より強く」「太陽に恋して」「そして、私たちは愛に帰る
出演:アレキサンダー・ハッケ(アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン)、ババズーラ、アイヌール
IMDb評価:7.7/10

「この街には不思議な魅力がある。その魅力が何なのか謎なのだ。そこで謎の答えを探しに音楽を求めて旅をすることにした。」と語るのは進行役であり、ミュージシャンのアレキサンダー・ハッケ。この街とはイスタンブールのことである。本作と同じくファティ・アキン監督の「愛より強く」の撮影で訪れた際に魅了されてしまったらしい。イスタンブールとは、ヨーロッパとアジアの境界線であり、地中海と黒海を結ぶボスポラス海峡がある。そこにかかる大きな橋が本作のタイトルの由来だろう。
cross2.jpg
イスタンブールを拠点に活躍する数組のミュージシャンが登場し、彼らの音楽とインタビューで綴られる音楽ドキュメンタリーである。エレクトロニカ、ロック、ヒップホップ、伝統民謡など、様々なジャンルに焦点を当てている。伝統音楽にルーツの異なるものを融合させたりして、絶えず新しいスタイルも生み出されているという。しかし、スタイルが異なろうと共通だと感じるのは彼らの強い精神であった。西洋主義、保守性、支配階級、弾圧などに対する反骨精神を強く持ち、魂の叫びとなって込められた歌詞にはトルコ特有の世界観が広がっている。
cross1.jpgcross3.jpgcross4.jpg
あるミュージシャンは言う。「イスタンブールは72の民族が行き交じった大きな橋のような街。伝統と革新、富と貧困といった対極なものが混じり合っている。」と。

この街での共通のツールは音楽。その音楽が72もの民族を結ぶかけ橋となっている。これこそがイスタンブールの魅力であり、監督が意図したタイトルそのものだったのではないだろうか?

印象的だったのが、「路上に立てば皆平等。階層や貧富も関係ない。麻薬中毒者から身なりのいいビジネスマンまで人生や社会の矛盾に耳を傾ける。」という台詞である。金儲けがしたくて歌っているわけではない。伝えたいことを伝えているだけだと言う。

音楽の使い方に定評のあるファティ・アキン監督だが、彼が単に音楽を紹介するためだけのドキュメンタリーを撮るはずがない。劇中、「音楽は訪れた土地の文化の奥深さを語る。」という説明があるように、音楽を通じて文化について考えるのが監督の意図だろう。音楽ドキュメンタリーの枠を超えたファティ・アキン監督らしい作品であった。

<鑑賞> 英語字幕 2010/11/19

[サイト内タグ検索] ファティ・アキン監督
関連記事

愛より強く <2004/独=トルコ> ★★★★

head-on.jpg



Gegen die Wand/Head-On/愛より強く
2004/121min/ドイツ=トルコ
監督:ファティ・アキンFatih Akin
出演:ビロル・ユーネルBirol Ünel、シベル・ケキリSibel Kekilli、グヴェン・キラック
受賞:2004 ベルリン国際映画祭 金熊賞他、22受賞、11ノミネート
言語:ドイツ、トルコ、英語
IMDb評価:8.0/10

<あらすじ>
愛する妻を失った40歳のジャイト(ビロル・ユーネル)は、人生に絶望して自殺を図るが未遂に終り、一層の苦悩を背負い込む。若くて美しいトルコ系ドイツ人女性シベル(シベル・ケキリ)は、保守的なイスラム教徒の家族から逃れたい一心で自殺未遂を図る。精神科のクリニックに入院したシベルは、家族から自由になるには結婚しか道はないと、クリニックで出会った同じトルコ系ドイツ人のジャイトに偽装結婚を願い出る。ジャイトは渋々ながらも、彼女を救うためならと、その申し出を受け入れる。こうして2人は、同じアパートをシェアして愛のない偽りの結婚生活をスタートさせるのだが…。(allcinema)

<レビュー>
本作はキム・ギドク監督「サマリア」をおさえ、ベルリン国際映画祭において金熊賞を受賞した作品。
トルコ系ドイツ人監督によるトルコ系ドイツ人労働社階級カップルのお話。

「壁に向かって」という原題がこの作品にぴったりだと思うほど、「壁」がよく出てくる。
ジャイトにとっての壁は妻との死別。壁に衝突事故を起こし自殺を図ってもいる。壁にぶつかっては自身の存在意義すら自問自答する日々。生きる意味をも見失っていた。
シベルにとっての壁は厳格なイスラム教徒の家庭。復建制度的な家庭環境であった。イスラム教と父が壁になっていた。たとえ偽装結婚だとしてもトルコ系の男性と結婚し、父親から逃げたかった。それが全ての悲劇の連続の始まりだったのだ。
kabe2.jpgkabe3.jpg

舞台はドイツのハンブルグ。ドラッグ、セックス、アルコールそしてパンクミュージックに溢れる自由な街だ。そんな街で始まる愛のない2人の共同生活はドラッグまみれで、お互い自由にやりたい放題。シベルはバーにいっては夜の相手を探す毎日。ジャイトはそんな妻の行動を気にしながらも気づかない素振りを見せる。妻の遊び相手から、「お前はほんとに亭主か?俺はトルコ人とやれればいい」と言われ、殴ってしまう。皮肉にもこの事件がきっかけでお互いの愛にやっと気付き始めたのだ。

自身の行き場を見失っていた2人にとっての偽装結婚は何を意味したのか?それは、未来への希望だったはず。抑圧からの解放、刺激への渇望、心の葛藤、真実の愛、移民者の生活環境。。。2人一緒なら壁に立ち向かえるはずだったのに、結婚が招いてしまった悲劇と共に変化をみせる心情が激しくて切なく、歯がゆい。観賞後「愛より強く」という邦題の意味を考えてみると、愛だけでは罷り通れない現実の厳しさをひしひしと感じた。でも、この間違った結婚は人生再生への第一歩となったことを証明する形でのエンディングに希望の光も見えた。
kabe.jpg
ドイツを象徴するかのようにパンクを愛する2人だが、劇中、イスタンブールを背景に演奏されるトルコ民謡が印象的だった。ドイツに移民しても心はトルコ人であること。こんなことが移民へのメッセージとして込められているような気がした。ドイツ映画というよりトルコの文化が濃く感じられる作品だった。

<鑑賞> 2010/5/24 英語字幕
関連記事
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。