スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SHAME-シェイム- <2011/英> ★★★★★

shame_20120130160705.jpgShame
2011/イギリス
監督/脚本:スティーブ・マックイーン
脚本:アビ・モーガン
撮影:ショーン・ボビット
出演:マイケル・ファスベンダーキャリー・マリガン、ジェームズ・バッジ・デール、ニコール・バハーリー
受賞:2011年・第68回ベネチア国際映画祭 主演男優賞
IMDb評価:8.0/10

哲学度 ★★★
社会度 ★★★★
催涙度 ★★★
官能度 ★
宗教度 なし

劇場公開 2012年3月10日

ニューヨークの高級マンションに1人で暮らし、エリートサラリーマンとして働くブランドンは、何不自由ないように見えるが、人とのつながりを極端に拒み、セックス以外での付き合い方を知らないセックス中毒者である。そんなブランドンには妹シシーがいる。何度も電話がかかってきているが、いつも留守電でブランドンは一度も受話器を上げようとしない。そのシシーが突然部屋に転がり込んできてしまった。恋愛依存症で自殺癖のあるシシーのせいでブランドンの生活が脅かされ始め、事態は悪化していく…。

shame1.jpgマイケル・ファスベンダーを一気にスターダムにのし上げ、人気を不動のものにさせた前作「ハンガー」に続く新鋭スティーブ・マックイーン監督待望の2作目。前作同様ファスベンダーを主演においた、またもや衝撃作。ファスベンダーの作品はほとんど観たが、彼の能力を最大限に引き出せるのはマックイーン監督だと改めて思った。
台詞は絞られ多くを語らない。シンプルな映像ながらも、ディテールにもこだわりを感じさせる映像と張り詰めた緊張感は前作同様。マイケル・ファスベンダーキャリー・マリガンも説得力のある演技を見せている。2人の代表作になることは間違いないだろう。
マイケル・ファスベンダーキャリー・マリガンもオールヌードに挑んでおり、セックスシーンの回数も少なくはないが、全て必然的。監督がカットするのを拒んだのも納得である。日本公開版で入るといわれているモザイクは2人の下半身だろう。
「セックス・トラフィック(2004)」「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (2011)」の脚本家アビ・モーガン も脚本に携わっている。
shame2.jpgストレスなのか、焦燥なのか、ブランドンは目覚ましをかけているが、必ず鳴る前に目覚めている。きちんとした身なりで会社に出向くが、仕事中もPCでアダルトサイトを見てはトイレでマスターベーションをし、仕事後も部屋にコールガールを呼ぶといった性に満ちた生活ぶり。高級マンションはきれいに整頓されているが、クローゼットを開けるとアダルトグッツの山。一見すると几帳面で身なりが良い男性だが、私生活は“恥(シェイム)”に満ちているのである。

性生活で満たされた日常が充実していると錯覚しているブランドンの“恥”を徹底的に掘り下げ、浮かび上がってくるのは孤独である。生き方も性格もまるで違う兄妹だが、妹は恋愛依存症で、自殺癖があった。危うい2人が共にいても孤独感は深まるばかり。孤独を埋めるために何かに依存して満たそうとする経験は私にもある。セックス依存症に苦しみ、自身の存在意義を見出さそうとする男の苦悩を描いている。

夢を抱いて人々が訪れるニューヨーク。高層ビルが立ち並び、オシャレだが無機質な高級マンションに温もりはない。青やグレーを基調とした映像からも希薄な現代の人間関係を連想させる。セックス以外に人との接し方を知らない男の苦悩は息苦しく、胸が張りさける思いがした。

2人がどんな環境で育ったのか、どんな思いでニューヨークに出てきたのか、ほとんど語られないが、シンガーを目指しニューヨークへ出てきた妹シシ―がステージで歌う歌詞には2人の思いが収束していると思われる。理想通りうまくいかない現実をこの先どう受け止めるのか…人生の挫折といった面では共感性を持たせている。

<鑑賞> 2012/1/26
関連記事
スポンサーサイト

(未) A Bear Named Winnie <2004/加> ★★★

winnie.jpg
A Bear Named Winnie
2004/90min/カナダ
ドラマ、戦争
監督/脚本:ジョン・ケント・ハリソン
出演:マイケル・ファスベンダー、ギル・ベローズ、デヴィッド・スーシェ、、スティーヴン・フライ
IMDb評価:6.9/10



A.A.ミルン童話「クマのプーさん」の着想になった物語。
あまりにも有名な話なので、結末まで書いています。




winnie2.jpg第一次大戦中のカナダ。獣医のハリー・コルボーン中尉は、休憩のために下車した町で売られている小熊に出会い、20ドルで購入する。コルボーンの故郷であるウィニペグ(Winnipeg)からウィニー(Winnie)と名づけられた。大佐の命令で一度は森に返すが、戻ってきてしまい、一緒に渡英することになる。しかし、前線には連れては行けず、最終的にはロンドン動物園に預けられ、人気者となる。そこに「クマのプーさん」の原作者ミルン親子が遊びに来ていた。父親が息子にウィニーの生い立ちを話し聞かせる姿があった。

監督は「トロイ ザ・ウォーズ」のジョン・ケント・ハリソン監督。出演は「エンジェル」「イングロリアス・バスターズ」のマイケル・ファスベンダー、「名探偵ポワロ」でポワロ役のデヴィッド・スーシェ、「ショーシャンクの空に」のギル・ベローズ、「Vフォー・ヴェンデッタ」のスティーヴン・フライ。

winnie1.jpg癒された~。子ども向けのテレビ映画で、わかりやすいストーリー展開。背景が戦争といえど戦闘シーンもなければ、血も流れない。私のように汚れてしまった大人が見ると、突っ込みたい所もあるが、ツベコベ語るのは止めます。
名優が名を連ねるが、主演はクマのウィニー。愛くるしい仕草が何ともいえない。常にコルボーンの後をちょこちょこついて回っていて、一緒にベッドで寝る姿は恋人のよう。メイキング映像を見ると、ほんとに懐いているようで、繋ぎ合わせではなく、もしかしたら実際に撮っていたのかも。

実際はコヨーテが原因なのだが、馬が逃げてしまったことに濡れ衣を着せられてしまい、森に返すように命じられてしまう。コルボーンはルームメートと森の深い所まで行き、置き去りにするが、何度試みても戻ってきてしまった。仕方なく、大佐たちには内緒で一緒に渡英してしまう。しかし、さすがに前線には連れて行けないので、ロンドン動物園に預けることになった。動物園でも当初は凶暴だと決めつけられ、“危険”という看板まで貼りつけられたが、人間に育てられたウィニーはおとなしい。檻に落ちた子どもを襲うのではなく、顔をぺろぺろ舐める姿を見て、飼育員たちは安心するのであった。負傷したコルボーンが療養中、寝言でウィニーに名前を呼んでいたと知り、すっかり大きくなってしまったウィニーがお見舞いに来たりと、ウィニーはとことん愛くるしい。
ウィニーは亡くなる20歳まで動物園の人気者だった。

<鑑賞> 2011/11/18
関連記事

(未) Carla <2003/UK> ★★★☆

carla.jpgCarla
2003/93min/UK
ドラマ、スリラー
監督:ディアムイド・ローレンス(Diarmuid Lawrence)
出演:レスリー・シャープ、ヘレン・マックロリー、イアン・グレン、マイケル・ファスベンダー
IMDb評価:6.5/10

社会度 ★
衝撃度 ★★
哲学度 ★
暴力度 ★★
官能度 なし

carla1.jpgヘレンはギリシャの島のリゾート地で1人休暇を過ごしていた。同じく1人旅の女性カーラと親しくなり、部屋に招き入れ、残りの休暇を共に過ごすことにした。昼間はビーチで遊び、夜はダンスパーティーに出かけ、その場限りで男性たちと楽しんでいた。ある日、2人の年下男性といい仲になり、部屋に連れ込むが、ヘレンとカーラが同じ男性を選んでしまったことから悲劇が起こってしまう…。

本作はUKのテレビ映画のため、一般的な認知度は低く、お目当てのファンが出演していない限り目に触れることはないであろう作品。とはいえ、UK映画を意識して観ている私にとってはかなり豪華な主演者。主演はマイク・リー・監督でお馴染みのレスリー・シャープ、ハリー・ポッターシリーズのヘレン・マックロリー、そして私の大好きなマイケル・ファスベンダー。有名になる前の出演だが、出番は少なくない。

Carla3.jpg同じ男性に興味を持ってしまったヘレンとカーラは言い争いになり、喧嘩になる。酔っていたヘレンが目を覚ますと、隣に頭から血を流すカーラが横たわっており、既に息を引き取っていた。曖昧な記憶を探ろうとするが、あまり覚えていない。だが、手には血のついた石を握りしめており、自分が殴り殺してしまったと確信したヘレンは恐怖のあまりその場を後にする。直後運よく自動車が通り、ひき逃げ事故として処理され、ヘレンや男性2人はイギリスへ帰国するのであった。
しかし、安心したのは束の間。真相を知る者がおり、ヘレンは脅迫電話に悩まされることとなる。精神が崩壊していく様はマイク・リー監督に鍛えられただけあると思わせる見事な演技力。
死後、次第に明らかになるカーラの過去。知れば知るほど良心の呵責に悩まされるヘレン。そんな彼女を支えていたのは事件の真相を知らず、そして死後初めて会ったカーラの夫であった。皮肉にもベッドで夜を共にしていると夜な夜な現れるカーラの亡霊。自分を呪うために現れているのだと早とちりするヘレンであったが、実は他に伝えようとしていたのである。予想外の展開を見せ、事件は思わぬ結末で収束を迎えるのであった。
サスペンスとしても見応えがあるが、決して多くはない出演者の心理をうまく描いた緻密な脚本だったと思う。

<鑑賞> 理解度70% 2011/9/27
関連記事

(未) Jane Eyre <2011/UK> ★★

jane.jpg
Jane Eyre
2010/120min/UK=アメリカ
ドラマ
監督:キャリー・ジョージ・フクナガ「闇の列車、光の旅(2009)」
原作:シャーロット・ブロンテ(Charlotte Bronte )
脚本:モイラ・ブッフィーニ(Moira Buffini)
出演:ミア・ワシコウスカ、マイケル・ファスベンダーホリデイ・グレインジャーサリー・ホーキンスクレイグ・ロバーツ
IMDb評価:7.7/10








Jane1.jpg主人公ジェーン・エアは孤児となり、叔母のリード夫人とその子供達から虐待されて育つ。ある日ジェーンは教育施設ローウッドに送られ、そこで優しいテンプル先生やヘレン・バーンズと出会う。ヘレンを通して初めて忍耐と信仰心を知ったが、そのヘレンは学校内の伝染病にかかり死亡する。
生徒として6年間、教師として2年間ローウッドで過ごした後、ジェーンはソーンフィールド邸で家庭教師として雇われる。そこの当主・ロチェスターに結婚を申し込まれるが、結婚式の際に狂人の妻の存在が判明し、衝撃を受けたジェーンは一人黙ってソーンフィールドを出る。路頭に迷い、行き倒れになりかけたところを牧師セント・ジョンに助けられ、その家へ身を寄せることになる。しばらくしてジョンがジェーンの従兄であることが判明する。1年ほどそこで過ごすが、セント・ジョンに妻としてインドへ同行することを求められ、ジェーンの心は揺れ動く。しかし、ジョンの求婚を受けようとしたときに、ジェーンはロチェスターの自分を呼ぶ声を聞き、家を出た。
その後ロチェスターのもとを訪ね、ジェーンは昨秋の火事でロチェスター夫人が亡くなり、ロチェスター自身も片腕を失った上盲目になったことを知る。ロチェスターと結婚することを自ら誓ったジェーンはそのもとを離れず、二人は静かに結婚式を挙げた。@Wikipedia

jane2.jpg本を読むのが大嫌いなのが原因だとは思うが、私は文学映画や古典劇が大の苦手。「ジェーン・エア」ももちろん読んだことはないが、おおまかなストーリーぐらいは知っている。このあまりにも有名で、何度も映画されている話をフクナガ監督がどう描くかだけに興味があって鑑賞。前作「闇の列車、光の旅(2009)」のような独自性で、古典の枠を破ってくれそうな淡い期待を寄せていた。

決して美人ではなかったといわれているジェーン役がいい。このミア・ワシコウスカという女優さん、いつ見ても幸が薄い感じであか抜けなくて、田舎臭いってず~っと思っていたので、この地味な風貌は私が抱く役柄のイメージにぴったり。のどかな田園風景や衣装、美術品も雰囲気があってすごくいい。退屈になりがちな古典劇だが、テンポのある展開もいい。
しかしながら、あまりにも原作通りの直球ストレートな展開で先が読めてしまう。当時の社会常識から逸脱する女性の生き方を主軸にした作品だが、もっとヒネリを加えて現代風にしたらよかったように思う。古典劇を忠実に再現したといえばそれまでだが、独自性はおろか、リメイクする意味もわからない。脚色を控えていても決して退屈する作品ではないが、私の趣向には合わず。

<鑑賞> 2011/8/6
関連記事

ハンガー <2008/アイルランド> ★★★★★

1日1本ペースで観ていると、どうでもよかった内容はほんとにあっという間に消えてしまい、いい作品だけしか記憶に残らない。普段このブログを読んでくださっている方はお気付きかと思いますが、私は娯楽大作系の商業映画はほとんど観ません。観るとしたら語学勉強のためだったり、俳優目当てといった理由の時だけ。
解釈や評価は人それぞれで、私が思う“いい作品”とは、考えさせられる内容であることと、何か強烈なインパクトを残してくれるかどうか。本作はおよそ1年前に観て以来、いろんなシーンがず~っと脳裏にこびりついている。この1年間300本前後の作品を観ているけど、本作以上の強烈な衝撃を感じた作品には出会えていない。ここ2、3年で観た中でもベスト作品。今回、観直しても感想は変わらない。再見につき、記事大幅修正しました。

hunger1_20110813140520.jpg
Hunger
2008/96分/アイルランド
伝記、ドラマ
監督/脚本:スティーブ・マックィーン(映画監督デビュー作品)
出演:マイケル・ファスベンダー、スチュアート・グラハム
受賞:2008年 カンヌ映画祭 ゴールデンカメラ他32受賞、17ノミネート
IMDb評価:7.6/10


待望の2作目「Shame」は再度マイケル・ファスベンダーを主演に迎えている。セックス中毒の話らしい。イギリスでは今秋、アメリカは2012年公開予定。本作は映画祭上映したキリ、配給がつかなかったので、次作も無理でしょう。新作には期待しても、日本公開には期待せず。楽しみで仕方がない。



hunger2_20110813140520.jpgタイトル「ハンガー」とはハンガー(飢餓)・ストライキ(Hunger strike)のことである。
非暴力抵抗運動の方法の一つであり、何らかの主張を世間に広く訴えるために行うストライキの一種。
北アイルランドをイギリスから分離し、アイルランドへの併合を求める組織アイルランド共和国暫定派(PIRA)の囚人達が1977年から政治犯ではなく、テロリストとして扱われた事に対し、メイズ刑務所内では撤回要求する動きが起きた。
制限されている収容所の中で彼らが取った手段とは、“ブランケット・プロテスト(犯罪者ではないので、囚人服着用を拒否し、毛布だけで過ごし、政治犯であることを主張する手段)”、“ダーティ・プロテスト(房内の壁を糞尿で塗りたくること)”、そして、“ハンガー・ストライキ”であった。1981年にPIRAの1人ボビー・サンズが刑務所内でハンガー・ストライキという飢餓による非暴力抵抗運動を行い、66日間の抵抗の末27歳で餓死した。死に至るまでの歴史的事実の6カ月間を描いている。

監督はアーティスト出身のアフリカ系イギリス人。絵画展をひらくほどの実力の持ち主で、その後戦争カメラマンとしてイランへ出向き、戦死した兵士の顔写真を切手にするプロジェクトで一気に注目を浴びる存在となった。本作が監督デビュー作となる。この事件に実際に関わった人たちに会い、脚本を練り上げたという。多くを語らず台詞は徹底的に排除され、映像の力で魅せていく描写はシンプルでストレートだが、ディテールまでにも拘りを感じる。ピンと張りつめた空気は一時も緩むことなく、息をするのも忘れるほどの緊張感と、説得力のある演技は刺激が強いが目を背けずに観て欲しい。

hunger3_20110813170135.jpg出勤前の看守の朝の風景から始まる。キレイにアイロンのかかった服の着方、食事の仕方、手の洗い方から彼が神経質で几帳面な性格であるということがわかる。手の甲は傷だらけのため、水が沁みる。毎度のことで沁みるのをわかっていながら気を引き締めるかのようにしばし手を水につける。そして、玄関を出ると近所に不審者がいないことを確認し、車の下まで念入りにチェックする。いくら神経質な性格でも普通は車の下までは見ないだろう。淡々と描いているが、冒頭から緊張感が漂い、彼の尋常ではない行動から、看守たちと囚人たちとの関係の悪さや、非人道的な暴行が行われているであろうことは容易に想像がつく。

“ノーウォッシュ・プロテクト”をしている囚人を部屋から引きづり出し、拳で顔を殴り押さえつけながら神や髭を切り、体を硬いブラシで洗い、肛門検査の際抵抗した者に対しては棒でたたきつけたりと、前半は容赦ない看守の暴行と決して思想を崩さない囚人たちの戦いが次々と映し出される。それと同時に、看守は拳からは血が滲み、水に手をつけては、しみる痛みを噛み締め、1人外で煙草を吸いながら考え込む。暴行の様子が見るに耐えられず、壁の向こうで泣き出す機動隊もいる。本作の素晴らしい点の一つしては、誰かを批判することなく、囚人、看守、政治といった様々な局面から歴史的事実を見つめている点である。

hunger_20110813140520.jpg“There's no such things as political violence, political murder ... ”
サッチャーの実際のスピーチやラジオ放送が引用されている。 囚人たちの要求はただ一つ。自分たちは犯罪者のテロリストではなく政治犯だということ。
見所の一つでもあるのが、中盤のボビーと神父が語り合うシーンである。アングルを変えず1カットで延々と17分。 唯一、まともな台詞があるシーンでもある。ボビーは“ポリティカル”を認めない英国政府に対する主張として“ハンガー・ストライキ”を実行することを神父に伝え、彼の思想や信念が語られる。
神とは?自由とは?死とは?
揺るぎない彼の思想や主張が社会にどれほどの影響を及ぼしたかも垣間見れた気がした。

そして、“ハンガー・ストライキ”は唐突に始まる。数十人が行ったとされるが、ボビーの様子だけが映し出される。日に日にやせ衰え、骨と皮だけが残り、体中に残る床ずれからは血が滲みが痛々しい。演じたマイケル・ファスベンダーは医師管理のもと過酷なダイエットを行ったというが、全く面影がないほどの激痩せぶり。作品としてこれ以上の説得力はない。意識が朦朧とし、目を開ける力すら失っている中で、母を見つめ何を思ったのか。心情は想像するしかない。死に向かう彼をじっと見守ることしかできない母の心痛は計り知れない。

<鑑賞> 2010/7、2011/8/13英語字幕

初版:2010/7/31
最新版:2011/8/13

関連記事

バイオレンス・レイク (原題:Eden Lake) <2008/UK> ★★★

eden_20110802121119.jpg
Eden Lake
2008/91min/UK
ホラー、スリラー
監督/脚本:ジェームズ・ワトキンス(James Watkins)(監督デビュー作)
出演:ケリー・ライリー、マイケル・ファスベンダー、フィン・アトキンス、トーマス・ターグース
IMDb評価:6.9/10

ゴア度 ★★★★★
恐怖度 ★★★★★
嫌悪感 ★★★★★
邦題のセンス ★★

日本国内にてDVD発売してます。


eden1_20110802121119.jpgロマンティックな週末を森に囲まれた湖畔で過ごすジェニーとスティーブ。スティーブはジェニーにプロポーズをするつもりだった。湖畔にテントを張り、2人きりで過ごそうと思っていたが、近くに地元の不良たちが騒いでおり、プロポーズしたくてもなかなか言い出せない。ステレオの音を少し小さくして欲しいとお願いしに行ったところ、その一言が癇に障ったようで言い争いになってしまい、スティーブは少年たちの犬を殺してしまった。翌朝目を覚ますと、森に止めていた車が消えており、彼らの悪質なイタズラはエスカレートしていく。

プロポーズしたい相手を目の前に、正義感が働き過ぎてしまうスティーブ。ただただみっともない姿を見せたくなく、不良たちに果敢に挑んでいくが、イタズラはどんどんエスカレートし、2人では手に負えずカップルは森の中を逃げ回る羽目になる。相手は土地勘のある地元少年たち。逃げようにも常に先を越され、結局スティーブは捕まってしまう。それはゲームの序章に過ぎず、ここからゲームが始まるのであった…。

監督は脚本家出身であり、「ディセント2」を担当している。本作がデビュー作である。「This is England」で惚れ込んでしまったトーマス・ターグースが不良グループの一員を演じている。

eden2_20110802121119.jpgこれはほんとに怖い。怖いのは、不良たちは正気ではなく、常識が全く通用しないということだけだはなく、集団心理が最悪な方向へ働いていること。リーダー格の少年が全てを牛耳っており、何となく悪いことをしていることに気が付いている少年もいるが、みんなやってるからいいかといった思いや仲間外れにされたくない気持ちから、ついつい加担してしまっている。その集団心理を利用し、不良たちは殺人ゲームを始めるのであった。

スティーブを縛りつけ、リーダーの命令で1人1人がナイフでいろんなところを刺していく。女の子は一部始終を動画で撮る始末。すごいグロテスクで、冒している彼らでさえ直視できない。私だって何度目を背けたかわからない。そして、救いようのない結末で、気分は最悪。後味の悪さは今まで観た映画の中で最悪かもしれない。看板などの文字が反転しているのが気になったが、秩序の欠如を言わんとしていていたのなら、この結末にも頷ける。少々やり過ぎかとは思うが、緊張感の高さとスピード感は評価したい。決して緩めることなく、いろんな出来事が怒涛のように押し寄せ、かなり面白かった。

<鑑賞> 2011/4/3
関連記事

フィッシュ・タンク <2009/英> ★★★★

fishtank.jpg
監督/脚本:アンドレア・アーノルド「Red Road
出演:ケイティ・ジャーヴィス、キルストン・ウェアリング、マイケル・ファスベンダー
受賞:
2009年カンヌ映画祭 審査員賞
2010年BAFTA Awards イギリス映画作品賞
IMDb評価:7.5/10

1度字幕なしで観たが、イギリス英語は苦手で、ほとんど聞き取れなかった。
と思っていたら、タイミングよくCSにて日本語字幕で放送。
日本語字幕の映画鑑賞は久しぶり。台詞が全部わかるって素晴らしい!

Fish Tankとは水槽のこと。
水槽に閉じ込められた魚のように、不安定な環境に閉じ込められた15歳の少女ミアが抜け出そうとする姿を描いている。

1作目「Red Road」同様に重い雰囲気。いや~な空気感。
15歳が主人公の青春ムービーを観るかのように軽~い気持ちで観ると、ガツンとやられる。

序盤から母親の彼氏の登場がやけに多く、きっと何かある!って雰囲気がプンプン。
同居を始めるが、母親から呼び出されたと自宅へ帰ってしまったりする。
行動がどう見てもあやしく、サスペンスさを出している。
そして、彼氏がミアの生活に変化をもたらすことになる。

ミア役の少女は、駅で恋人と喧嘩していたのが監督の目にとまりスカウトされたとのこと。
母親からも友達からも孤立し、反抗的な思春期の少女を見事に熱演。
背景にはお世辞にも裕福とは言えない母子家庭。
育児放棄、セックス・酒・男に溺れている母親が彼女を一番ダメにしている。
15歳の少女がそんなFish Tankな環境に気付けたことがすごい。
普通なら環境に溺れてしまう。
子は親を選べないけど、こんな環境にいたら誰だって腐ってしまう。

正直、15歳の子に出来ることと言ったら限度がある。
結末の行動はかなりの勇気がいるはず。
ちょっぴり明るい未来が期待できる結末はイギリス映画らしい絶妙な落としどころ。
1作目「Red Road」よりかなりいい仕上がりだけど、日本での劇場公開は絶対にないだろうな。

<鑑賞> 字幕なし 2010/8/20、日本語字幕 2010/9/8
関連記事
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。