スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(未) All That Matters Is Past <2012/ノルウェー> ★★★☆

お盆休みで、久々に映画観ています。ちょっと書ける余裕ができたので、久々のアップです。
やっぱり映画が好きなんだな~って再確認しながら、負担にならない程度にブログは継続予定です。
またお付き合いいただければ幸いです。

all that matters is pastUskyld/All That Matters Is Past
2012/105min/ノルウェー
ドラマ
制作:マリウス・ホルスト
監督/脚本:Sara Johnsen
出演:マリア・ボネヴィー クリストファー・ヨーネルデイヴィッド・デンシック
IMDb評価:5.5/10

社会度 ★★
哲学度 ★★★
宗教度 なし
官能度 ★★(男女のフルヌードあり)
民族度 ★★
ゴア度 なし

脚本 ★★★ 
演出 ★★★
演技 ★★★★


all that matters is past1人里離れた森で過ごす男女。そこへ一人の男がやって来た。男2人は争いの結果、命を落とした。

時は経ち、カヌーで立ち寄った男性によって男2人の遺体が発見された。隣に横たわる女性は瀕死の状態だった。一体3人に何があったのか、3人の関係は…?

監督は、「Upperdog」のSara Johnsen。
出演は、「恋に落ちる確率」 マリア・ボネヴィー 、「隣人 ネクストドア」のクリストファー・ヨーネル、「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 (2012)」「裏切りのサーカス」デイヴィッド・デンシック

all that matters is past2事件の現場だけを見る限りではJanneは目の前で恋人を殺された被害者であり、唯一の目撃者である。ところが、警察の捜査が進むにつれ、3人は幼馴染であり因縁が絡んだ事件であったことが浮き彫りになっていく。

警察の視点で事件の背景を追っていく展開は、日本の2時間ドラマと同様である。しかし、本作は犯人探しでもなければ、犯人が捕まるわけでもない。現在・3人の出会い・再会の3次元が交差し、ドラマチックな展開が要所要所に盛り込まれている。片田舎の小さなコミュニティーで過ごしてきた彼らにしては少々作りすぎた感はあるが、幼少時代の出会いと出来事がJanneに与えた影響力の大きさを物語っている。

原題は“無罪”の意だという。事件の生存者となったJanneははたして被害者なのか、加害者なのかを考えさせる作品である。
Janneの40年間の生き方は同じ女性として共感できる点も少なくないが、自分の気持ちに正直に生きた女性の結末としては悲しすぎる。

<観賞> 2013/8/15
関連記事
スポンサーサイト

(未) The Banishment <2007/露> ★★★★★

banishment_20111102115520.jpgThe Banishment/Izgnanie
2007/157min/ロシア ・ベルギー合作
ドラマ
監督&脚本:アンドレイ・ズビャギンツェフ「父、帰る
撮影:ミハイル・クリチマン
出演:コンスタンチン・ラヴロネンコ、アレクサンダー・バルエフ、マリア・ボネヴィー
受賞:2007 カンヌ映画祭 男優賞他1、3ノミネート
INDb評価:7.6/10

哲学度 ★★★★
宗教度 ★★★★
社会度 ★
映像美 ★★★
余韻度 ★★★

一家4人は田舎にある母の残してくれた家へ移り住む。新しい生活に胸を弾ませる子ども2人に対し、夫婦の表情は浮かない。妻は不倫をしており、田舎で一からやり直すために引っ越してきたからだ。夫婦のわだかまりは消えていない。そんな時の妻の一言。「妊娠しているけど、あなたの子ではないの」…。

banishment2.jpg父、帰る」のアンドレイ・ズビャギンツェフ監督の2作目。
初監督作品「父、帰る」で、ヴェネチア国際映画祭の新人監督賞と金獅子賞をダブル受賞、2作目の本作ではカンヌ映画祭でコンスタンチン・ラヴロネンコに最優秀男優賞をもたらし、3作目の最新作「Elena」ではカンヌ特別審査員賞を受賞している。 主演は、「父、帰る」で父親役を演じたコンスタンチン・ラヴロネンコ、その妻役はスウェーデン、ノルウェーを代表するマリア・ボネヴィー。ロシア語の話せない彼女の台詞はどうやら吹き替えられているらしい。

本作が監督2作目と思えないほどの完成度で、観る度に新発見があり、新たな琴線に触れることができ、観る度に理解度も満足度も高まる1級品と呼ぶべき作品。日本では一般公開はおろか、未だにCSでも映画祭でもお目見えしていないとは…。これは恥じるべき行為。

妻は妊娠したことを弁解もせず、子の運命を夫に託し、裁きを受ける覚悟を決めた。妻よりもむしろ夫のほうが葛藤と戦っている様子が延々と映し出される。不倫の原因は描かれていない。夫も妻を問い詰めたりもせず、抑制された感情は修羅場などなく、本作の大半を占めるのはむしろ沈黙である。背景が描かれなくとも、出来てしまった夫婦の溝は深く、重いことが覗える。

banishment1_20111102115520.jpgかなりのスローテンポで、ショットが名画のように美しくもあり、構図の意味をいちいち考えさせられる。手法としては、抽象的ではあるが圧倒的な映像を脳裏に焼きつけさせ、忘れた頃に補足説明が入るといった、観る側にとっては少々負担となる描き方。時間軸も前後し、映像からはどのタイミングの話なのかは掴み難く、おもちゃの電車のレールを繋ぎ合わせるかのようでもある。子供が遊んでいるジグソーパズルがダ・ヴィンチの「受胎告知」だったり、細部の小道具にまで伏線が張られているため、隅々まで隙がない。一旦レールが繋ぎ合わさると電車が加速するかのごとくストーリーも一気に進むが、商業大作映画を好む人は間違いなく熟睡できる作品でもある。

無邪気な子どもたちの笑い声、電話が鳴る音と車のエンジン音が時折静けさを破る程度で、聞こえてくるのは最低限の生活音のみ。怖いほどに排除された音の緊張感が夫婦の溝をさらに引き立てている。
ダイヤル式の黒電話に交換手が出ることから、時代背景は現代ではないであろう。車で通り過ぎる薄暗い工業地帯はソ連時代を連想させ、堕胎が違法とされている時代であろうことは推測できる。テーマは“赦し”。不倫をし、子を身籠った妻を赦すのか。子はどうするのか。

タイトルの意味は“追放”。誰が誰を追放するのか。最終的には何が罪なのか。畳みかけるように押し寄せる結末のどんでん返しまで観る者に自問を促してくれる。

初版:2010/8/9
最新版:2011/11/12 (★★★☆から★★★★★に変更)

関連記事

(未) I Am Dina <2002/スウェーデン=仏=ノルウェー=独=デンマーク> ★★★★

dina.jpg
I Am Dina
2002/125min/スウェーデン=仏=ノルウェー=独=デンマーク>
監督/脚本:オーレ・ボールネダル
原作:ハルビヨルグ・ヴァッスムー「Dina's book」(ノルウェーの汀の物語ディーナの愛 訳:佐々田 雅子)
出演:マリア・ボネヴィージェラール・ドパルデュー、クリストファー・エクルストン、ハンス・マセソン、マッツ・ミケルセンビョルン・スンクェストペルニラ・アウグスト
言語:英語
IMDb評価:6.4/10

映像美 ★★★★
ゴア度 ★★
哲学度 ★★

ノルウェー映画史上最高額の製作費(1億4400万ノルウェークローネ≒2100万米ドル)を投入した大作。第75回アカデミー賞外国語作品にもエントリーされた。ノルウェーで撮影しただけあって、フィヨルドの美しい景色に圧倒される。自然美だけでなく、時折盛り込まれている度肝抜く映像には驚かされるが、かなり私好みであった。
機械に袖を挟まれた娘を助けようとしたら熱湯を浴び亡くなってしまった母の死に様はあまりのインパクトに目に焼き付いて離れない。一線を画す美術装飾品は目にも鮮やかで、出演軍も国際性豊かで豪華。欲を言えば、台詞が英語ではないほうが雰囲気があっただろうに。
dina2.jpg
1860年代の北ノルウェー。少女ディーナは不慮の事故で母親を亡くししまう。ディーナを許すことができなった父親エドワードはディーナを屋根裏に監禁するなど厳しい人であった。
友人の薦めでディーナに家庭教師をつけるが、勉強よりもチェロの才能が花開き、その才能を認める父親の友人ジェイコフと結婚することになった。父エドワードは結婚に伴いチェロの家庭教師ロークにディーナの元を去るように頼む。しかし、去ろうとするロークに納得のいかないディーナは彼の首を絞めてしまう…。

dina1.jpgディーナは母の死を忘れるほど幼くはなかったし、父親の仕打ちもひどいものであった。そのトラウマが彼女を歪んだ性格にしてしまったようだ。
母を死なせてしまったことへの罪悪感、父に愛されない疎外感、父への不信感、反発。そして時折見る母の亡霊。娘の幸せを暖かく見守るというよりは、どこか抑圧的。ディーナは亡き母に恥じないよう、男に屈しない強かな女性を作り上げ、孤独をひたむきに隠していたようにも感じる。結婚して何か変わるかと思われたが、初夜も力づくで止めさせ、男に決して屈しない姿は貫いたままであった。

dina3.jpgそのジェイコフも結局は亡くなってしまった。ディーナは次々と周囲の男を虜にし、おして死に導いていく。全て母の因縁なのか。

正直、本作を通して何を伝えたかったのかよく読み取れなかったが、ディーナ役のマリア・ボネヴィーの演技が光る。野心家で、周囲の人々を支配する彼女の生き様を見事に演じ切っている。実際にノルウェー語、スウェーデン語、ロシア語、英語が話せるので、北欧映画には結構顔を出しているが、日本ではあまり知られていない?最も好きな女優さんの1人なので、もう少し注目度が高まってくれればいいのだが。

エンディングは2種類あるようで私が観たのはハッピーエンドではないほう。

<鑑賞> 2011/3/29
関連記事

(未) Dragonflies <2001/ノルウェー> ★★★★

dragon.jpg
Øyenstikker/Dragonflies
2001/111min/ノルウェー
ドラマ、スリラー
監督: マリウス・ホルスト/Marius Holst
脚本:Ingvar Ambjørnsen (short story "Natt Til Mørk Morgen"), Nikolaj Frobenius「インソムニア(オリジナル・ノルウェー版、リメイク米版)」
出演:キム・ボドゥニアTerribly Happy」「プッシャー」、マリア・ボネヴィーInsomnia」、ミカエル・ペルスブラント「イン・ア・ベタ・ワールド
言語:スウェーデン語、デンマーク語
サウンドトラック:magne f(Magne Furuholmen、元a-ha)
IMDb評価:5.7/10





dragon3.jpg穏やかにひっそりと暮らすことを願う年の差カップル、エディーとマリア。エディーはガソリンスタンドでばったり旧友カルマンに出くわす。会うのは5年ぶりであった。バーでビールを交わしながら近況報告をするが、疎遠だった5年分の話は尽きず、家へ招待することとなった。この日はマリアの25歳の誕生日だった。

翌朝は釣りへ出かけ、頼んでもいない屋根の修理を勝手に始めたり、カルマンはなかなか帰ろうとしない。マリアはうだつの上がらないカルマンに苛立ちを見せ始める。それを知ってか知らぬか、チェーンソーで木を切っていたカルマンは、自分の足まで切ってしまう。一部始終見ていたマリアは、居座るための口実だと見抜く。そして、カルマンの行動はエスカレートしていく…。


dragon2.jpg前半では歓迎していない客の長居に苛立ちを隠せないマリアの心境とカルマンの怪奇な行動に重きを置いていたが、徐々にエディーのジレンマを深く掘り下げたサイコスリラーとなっていく。一切語られなかった彼らの背景は物語が進むにつれ徐々に明かされ、カルマンがこの町へ来たのは偶然ではなかったことがわかる。

トンボは日本では縁起物だが、西洋では不吉な物とされる。タイトル「Dagonflies(トンボ)」はおそらくカルマンのことであろう。

寡黙で、行間を読み取る必要があり、観る人によって退屈になりかねない。たったの18日間で撮り終えたという。山場となる展開もなく、3人の演技力だけで見せ場となっている。
キム・ボドゥア作品を3本「Terribly Happy」、本作、「イン・ア・ベタ・ワールド」続けて観た。アカデミー賞とは無縁だった本作が一番面白かった。本作と「イン・ア・ベタ・ワールド」には偶然にもミカエル・ペルスブラントと共演している。見た目も正反対だが、役どころも正反対。相性の悪い感じが作品ではいい刺激になっている。


dragon1.jpg核心に触れています。ご自身の判断で読み進めてください。
エディーとカルマンはかつて服役しており、憎んでいる共通の男がいた。カルマンはその復讐にエディーを誘いに来たのであった。復讐することで恨みが晴らせると考えるカルマンに対し、復讐は無意味だと考えるエディー。互いの意見の相違が長居の理由であった。
復讐はもはや意味がないというエディーの考えは彼の今の生活によく表われている。平和で長閑な片田舎で近所の子どもに釣りや泳ぎを教え、愛する人と心穏やかに暮らす様子は、もはや許したのか、負の感情を生じないための制御だろう。

復讐からは何も生まれない。怒りや恨みといった負の感情に打ち勝つためには他人を変えるのではなく、自分が変わらなくてはいけない。自分を変えることで、他人も変えられるかもしれない。そんなメッセージが込められているような気がした。

<鑑賞> 英語字幕 2011/3/9
関連記事

(未) Insomnia <1987/ノルウェー> ★★

クリストファー・ノーラン監督、アル・パチーノ主演「インソムニア」のオリジナル。

insomnia.jpg
Fonos stin omihli/ Insomnia
1997/92min
犯罪、ミステリー
監督:エーリク・ショルビャルグ 
主演:ステラン・スカルスガルドマリア・ボネヴィー
IMDb評価:7.3/10

スティーブン・ソダーバーグ、ジョージ・クルーニーが製作総指揮、クリストファー・ノーラン監督、アル・パチーノ主演で2002年にリメイクされている。


白夜の夏のノルウェーで発生した女子高生殺人事件の捜査にスウェーデンから刑事ヨーナスが呼ばれる。捜査は難航していたが、犯人をおびき寄せることに成功する。しかし、悪天候での犯人との銃撃戦でヨーナスは誤って同僚刑事を射殺してしまう。この事故を犯人の仕業に見せかけようとするが、犯人から脅迫電話がかかってくる。

太陽が沈まない白夜とはいえ、燦々と降り注ぐ太陽光はなく、どよ~んと陰気な曇り空。そういう演出なんだろうけど、段々憂鬱な気分になってくる。北欧人のヨーナスにとって白夜とは毎年経験していることなのに、睡眠時は遮光カーテンをやったり、アイマスクを使用したりいろいろ工夫を凝らすけどなかなか眠れない。更に、同僚を射殺してしまった罪の意識、脅迫電話からの恐怖などで精神不安定。そんなことから「insomnia(不眠症)」というタイトルがつけられているのでしょう。でも、タイトルにするほど不眠に悩んでいる様子はみられない。

犯人探しから始まったストーリーは、犯人逃れへと比重を移し、よくあるサスペンスとは一線を画してる。どう刑事たちの目を誤魔化すか、誤魔化そうとすればするほど泥沼にはまって行く情けない様を描いている。このへんの脚本の面白さがソダーバーグの目に留まったのでしょう。

北欧らしい地味な演出でハリウッドとは違う独特な空気感は割と好きなんだけど、これといって山場もなく退屈に感じてしまった。リメイク版のほうが脚本の面白さを活かしている。
スウェーデン語の台詞も含まれており、それをノルウェー人がからかうシーンがある。歴史的背景を知っている人、言葉の違いがわかる人ならもう少し面白い見方ができたのかもしれない。

<鑑賞> 英語字幕 2011/1

関連記事
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。