スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(未) Happy Thankyou More Please <2010/米> ★★★☆

happy_20110801180714.jpg
Happy Thankyou More Please
2010/100min/アメリカ
コメディ、ドラマ
監督/脚本/主演:ジョシュ・ラドナー(Josh Radnor)
出演:マリン・アッカーマン、ケイト・マーラ、リチャード・ジェンキンズ、ゾーイ・カザン、トニー・ヘイル
受賞:2010サンダンス映画祭 観客賞
IMDb評価:6.9/10


普遍度 ★★★★★






happy1_20110801180714.jpgNYに住む作家志望のサムは30歳を目前とし、自身の人生を見つめ直していたが、気楽な独身生活から抜け出せないでいた。出版社との打ち合わせに向かう途中の地下鉄で少年ラシーンに出会う。電車の中で家族とはぐれてしまったのかと思ったら、既に6つのフォスターハウスを転々としてきたことを知り、数日間だけ自分の家で預かることにした…。

私には珍しいHappyムービー。派手さはないけど、恋や人生に悩む私と同世代の(若者?)6人が等身大で描かれている。本作の良い点は、少年との奇妙な縁をきっかけに、全てがポジティブな方向へ向かっていくこと。人との出会いっていいなぁと感じささせてくれたトム・マッカーシー監督(「扉をたたく人」)のデビュー作「The Station Agent」と同じ香りがする良作。「ママと恋に落ちるまで」のジョシュ・ラドナーが初監督、脚本、そして主演をつとめている。

happy2_20110801180713.jpgサムは地下鉄で見つけた少年ラシーンのせいで、打ち合わせを不意にしてしまった。もしかしたら、人生を大きく変えるチャンスだったかもしれないのに、サムはラシーンを責めることなく優しく接する。しかし、このラシーンのお陰で気になっていた女性と急接近するチャンスを得て、いい方向へ事が運ぶようになる。サムを取り巻く人々も幸せを掴むきっかけが舞い込み始める。

登場するのは20代、30代の男女6人+地下鉄で会った子ども。仕事も恋愛もうまくいかない男、自分を想ってくれる男性を素直に受け入れられない女、妊娠を彼氏に告げられない女…どこにでもいる男女で、同世代以上の人ならきっと共感できるキャラクターがいるはず。私は自分が悩んでいる内容とも重なり、あっという間に感情移入してしまい、台詞の一言一言がグサグサと心に突き刺さってきた。

幸せになるチャンスってどこに転がっているかわからない。ひょっとしたら手の届く所にあるのに気付かないだけかもしれない(これはこないだ占い師さんに言われたことでもあったりする)。他人に無関心な現代人への警告にも感じた。未成年の子どもを勝手に預かってしまったことの是非は別として、些細なことがきっかけで風向きが変わるってこともある。
“Go get yourself loved”一歩前に踏み出す勇気が大事だって教えてもらえた気がした。

<鑑賞> 2011/7/31
関連記事
スポンサーサイト

扉をたたく人 (原題:The Visitor) <2007/米> ★★★★☆

visitor.jpg
The Visitor
2007/104min/アメリカ
ドラマ
監督/脚本:トム・マッカーシー「The Station Agent
出演:リチャード・ジェンキンスヒアム・アッバス、ハーズ・スレイマン、ダナイ・グリラ
IMDb評価:7.8/10

邦題センス ★★★★
社会度 ★★★★

ヒアム・アッバスの他作品については こちら






トム・マッカーシー監督のデビュー作「The Station Agent」鑑賞にあたり、2作目である本作を再鑑賞。以前観た時は★3つ。以前全く響かなかったシーンの多くで琴線に触れた。2作品共通して主人公は、閉ざしてしまった心がある人との出会いをきっかけに心を開く。出会いっていいなと思わせてくれる作品。リチャード・ジェンキンスにアカデミー賞主演男優賞のノミネートをもたらした。内に秘めたものは大きいが、うまく表現できない不器用な男性を見事に演じている。ヒアム・アッバスの登場でさらに引き締まったように思う。visitor3.jpg

妻に先立たれ喪失感を抱きながら人生を歩んできた大学教授のウォルター。
周囲のことに関心を持たず、閉ざしてしまった心を開いたのは、異人種で異文化だった。好んでいたクラシックとは違うシャンべに興味を持ち始め、新しい世界への扉を叩き始める。明らかに歩んできた道の違うシリア出身の若者タレクとの友情が芽生える過程にはデビュー作「The Station Agent」同様監督の温かい眼差しを感じるが、個人的な問題から厳しい現実へと視点は掘り下げられ、痛烈な批判が込められている。

visitor2.jpgvisitor1.jpg
核心、結末まで触れています。
原題visitorとは“訪問者”という意味。ウォルターは亡き妻が愛していたピアノのレッスンを受けていたが、上達しなかった。それは“扉をたたいた訪問者”である先生を受け入れることができなかったのである。レポートを提出に来た学生もまた“扉をたたいた訪問者”であり、やはり冷たくあしらっていた。しかし、移民カップルが暮らす自分の別宅へ行き、扉をたたいたことで立場は逆転する。不法入国で拘束されているタレクを気遣い、足げなく拘置所へ通い詰め、自身が“訪問者”となるのである。そして殻を破り、“訪問者”のタレクの母を快く迎え入れるウォルターの変貌を見せることで、非人道的な行為で移民への扉を閉ざしてしまったアメリカ社会への問題提起をしているように思う。

タレクを心配し様子を見に来た母親を乗せたフェリーから、自由の女神と911によって失ったワールドトレードセンターの跡地を同時に映し出している。移民によって作り上げられたアメリカを象徴する自由の女神はもはや何を意味するのか。911によって移民に対する不信感は強まり、公平さを失った今自由がある国とは言い難い。アメリカへの扉をたたこうとする移民への自由が与えられる時は来るのだろうか。

タレクに対してどうすることもできなかった無力さの嘆きなのか、安全保障を謳いながら移民を排除する社会への怒りなのか、あるいは哀しみなのか、、、悲痛な叫びを訴えるように鳴り響くラストのシャンベの演奏に希望を託したい。

<鑑賞> 2011/5/16
関連記事
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。