スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

娼婦と鯨 <2004/アルゼンチン=スペイン> ★★★★☆

kujira.jpg
La puta y la ballena
2004/120min/アルゼンチン=スペイン
製作/監督/脚本:ルイス・プエンソ「オフィシャル・ストーリー
製作:パブロ・ボッシ
製作総指揮: パブロ・ボッシ
脚本:アンヘルス・ゴンサレス・シンデ、ルシア・プエンソ「XXY」「フィッシュチャイルド」
撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ
出演:アイタナ・サンチェス=ギヨン、レオナルド・スバラグリアペップ・マンネ、ミゲル・アンヘル・ソラ
IMDb評価:7.0/10

官能度 ★★★★★
映像美 ★★★★




オフィシャル・ストーリー」でアルゼンチン初のアカデミー賞を受賞したルイス・プエンソ監督作品。本作が最後の監督作品であり、以降は娘であるルシア・プエンソ監督作品の制作に携わっている。そのルシア・プエンソは脚本に参加し、「XXY」で鮮烈な監督デビューを果たしている。「オフィシャル・ストーリー」と「XXY」をうまく融合させたような作品になっている。

kujira3.jpg
乳癌に侵された女性作家べラは、ある1枚の古い写真について記事を書いて欲しいと依頼を受ける。自分の若い頃によく似ていたが、1930年代の写真家と売春宿で働く娼婦の写真であった。治療のため入院していると、その写真に関する女性も入院しており、興味深い写真を持っていた。退院時にそれらの写真を持ち出し、写真と共に写真家と娼婦のことを知っている人に話を聞きながら、記録を辿っていくことにした…。

kujira1.jpg



現在と過去が交差し、全体像がつかめるまではかなり負担がかかるが、病魔に冒された現在の女性と、内戦に翻弄された過去の娼婦とが一本の線で交わる時の巧みな画がす~っと心に沁み渡る。それは、片乳を失った喪失感を娼婦の切ない思いが癒してくれていたのだと思う。辿れば辿るほどわかるのは、娼婦の切ない愛の軌跡であった。

乾いた大地にねっとり漂う官能。全くいやらしさのない裸体。
これぞアルゼンチンと言わんばかりのタンゴダンス。バンドネオンの音色。
どこをとっても珠玉。哀愁と官能に酔いしれてしまう。

kujira2.jpg
フィルター越しにしか女を見ることができない写真家と、バンドネオンを奏でるかのように女性を操り、そして心と香りで見分ける盲人。
娼婦として体を売りながらも心は見せない娼婦と、心は見せても乳房は見せない作家。
対比させるように描きながら、鯨の習性と人間の運命を重ね合わせる演出にはため息が出ちゃう。
70年という月日をかけて現れた鯨は、見守ってくれる母のようでもあり、全てを見透かしているかのように優しく迎え入れてくれる。
大海原を自由に悠々と泳ぐ鯨のように自由を求めた娼婦には女としての強さと覚悟を感じ、乳房を失った女性の心痛も見事に映し出している。

「価値と値段はちがうのよ!」劇中の痛烈なひと言。胸に刻んでおきたい台詞であった。
人生経験をもう少し積んだら、観直したい。

<鑑賞> シネフィルイマジカにて 2011/4/2
関連記事
スポンサーサイト

XXY <2007/アルゼンチン=仏=スペイン> ★★★★★

重い題材だあるけれど、個人の選択の自由という普遍的テーマを扱っている。

xxy.jpgxxy1.jpg
2007/86min/アルゼンチン=仏=スペイン
脚本/監督:ルシア・プエンソ「フィッシュチャイルド/ある湖の伝説
製作:ルイス・プエンソ「オフィシャル・ストーリー」
出演:イネス・エフロンフィッシュチャイルド/ある湖の伝説」、リカルド・ダリン
受賞:2007年カンヌ映画祭 批評家週間作品賞
IMDb評価:7.3/10

社会度 ★★★★★
衝撃度 ★★★★★

ルシア・プエンソ監督の長編デビュー作。
2作目である「フィッシュチャイルド/ある湖の伝説」鑑賞後にルイス・プエンソ監督(アルゼンチン初のアカデミー賞受賞監督)の娘さんであることを知り、一層興味が湧いた。本作は父がプロデューサーを務めているからなのか、父娘のスタイルは極めて似ている。評判通り、デビュー作からとんでもない作品である。五つ★では足りないぐらい。
両方の性の狭間で迷い続け、性の判別に悩むアレックスを演じるイネス・エフロンには、性を感じさせない無性的な雰囲気があって惹きつけられる。「フィッシュチャイルド/ある湖の伝説」でも難しい役どころを演じていたけれど、本作がデビュー作とは思えない演技を見せている。父親役にはリカルド・ダリン
xxy2.jpg
日本では映画祭で上映されただけで、残念ながら配給がつかなかった。私にとって初めてのテーマなのでわからない単語がいっぱいあって、一時停止をしながら何度か辞書で単語の意味を確認していった。ちゃんとした日本語字幕で観直したい。

<鑑賞> 英語字幕 2011/1/22
関連記事

フィッシュチャイルド/ある湖の伝説 <2009/アルゼンチン> ★★★

el_nino_pez.jpgthe_fish_child.jpg
El niño pez/ The Fish Child
2009/ 96min/ アルゼンチン=フランス=スペイン
原作/脚本/監督:ルシア・プエンソ
出演:イネス・エフロン、マリエラ・ビタレ
言語:スペイン語、グアラニ語
受賞:ベルリン国際映画祭正式出品、マラガ映画祭審査員特別賞、撮影賞受賞
IMDb評価:5.5/10

<あらすじ>
アルゼンチン・ブエノスアイレスの高級住宅地に住むララと、その邸宅で働くパラグアイ人メイドのラグアイ。生まれも育ちも異なる2人の少女は秘かに愛し合い、いつかラグアイの故郷にあるイポア湖畔に住むことを夢見ていた。ある日、イポア湖を訪れたララは、そこでラグアイの怪しい過去を知る。

<レビュー>
国際的に高い評価を得ている前作「XXY」で監督名は耳にしているが、未だ観れず。先にこちらを鑑賞。

ブエノスアイリスの上流階級の娘ララとパラグアイから出稼ぎに来ているお手伝いラグアイ。身分差恋愛、しかも同姓愛を軸に、格差社会、児童買春、近親相姦を描いている。一筋縄にはいかないのはなんとなく予測していたが、予測をはるかに上回る大胆な内容だった。映像感覚といい、好きな作風だ。逆順構造でかなり混乱させられるが、逆に興味を掻き立てられる。終盤になるにつれ、パズルのように当てはまっていく構成はお見事。2人の体を張った演技も素晴らしい。
the FishChild
イポア湖に住むのが2人の夢だったが、悲劇が2人を引き裂いてしまう。ララ1人で湖へ向かい、アイリンの過去が明らかになっていく。湖のシーンが幻想的でとても印象深い。何か意味がありそうだったが読み取れなくもどかしかった。どうやらギリシャ神話をモチーフにしているらしく、数々のプロットが隠されていたらしい。自分の無知さを再確認させられた作品となってしまった。ギリシャ神話をもう少し勉強してから再チャレンジしたい作品だ。

<鑑賞> 英語字幕 2010/9/27


関連記事
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。