スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(未) Illegal <2010/ベルギー=ルクセンブルグ=仏> ★★

illegal.jpgIllegal
2010/90min/ベルギー=ルクセンブルグ=仏
ドラマ、不法移民
監督:Olivier Masset-Depasse
出演:Anne Coesens、Alexandre Golntcharov
受賞:カンヌ国際映画祭2010 監督週間出品
   米国アカデミー賞2011外国語映画賞 ベルギー代表
IMDb評価:6.8/10

社会度 ★★
暴力度 ★
緊迫度 ★
ロシア出身のタニアは13歳の息子のイワンとともに、ベルギーに住んでいる。仕事を持ち、子どもは学校へ通い、完璧なフランス語を話すが、不法移民のため常に周囲の目を気にする生活である。イワンの13歳の誕生日、家への帰り途中で警察に見つかってしまった。息子は逃げきったものの、タニアは留置所に入れられてしまう。滞在8年目だった。タニアが恐れていることは国外追放である。息子を残してこの国を去ることはできない。かといって身元がばれてしまえば息子も捕まってしまう。
名前も国籍も明かさず、一緒にいたのは息子ではないと言い張るタニア。指紋も焼いてしまっているため、個人の特定ができるものが一切なく、追放されるほど十分な証拠もない。しかし、一か月経ち、このまま身元を明かさないなら刑務所に送ると告げられてしまう。仕方なく身元を明かしたが、それは友人ジーナの名前であった。嘘でも身元さえ明かせば国外追放は免れると思っていたタニアであったが、その考えは甘かった・・・。

不法移民の作品は数多くあるけど、ここまで拘置所の様子をメインにした作品は初めて観た。意外だったのは、刑務所とは違ってかなりの自由が許されているということ。塀に囲まれているわけでもなく、ただの網のフェンスなので、外の様子が見えたり、電話も自由に使える。部屋に鍵もかかっていないし、子どもも同室。身元を明かさないタニアに対しての取り調べも穏やかであった。

illegal1.jpg不法移民側の視点であり、不法移民を支援しているかのような錯覚さえ感じてしまった。アフリカ系女性の不法移民が拘置所で非人間的な扱いを受け死亡したという事実をモチーフに描いていることを後から知った。監督の意図は拘置所側の対応への批判であったのだ。確かに男性数人が力づくで押さえつけるシーンはあったが、それはタニアが抵抗したり、顔にツバを吹きかけたりしたからである。

それよりも、不法移民という立場でつい身元を偽証してしまうことも珍しくないのでは?あわやあわやという間に身元偽証のまま書類が作成され、事がスムーズに進み過ぎていることにも違和感を感じた。駄々をこねれば国外追放も免れるような見方もできるし、ありきたりな結末にもがっかりしてしまった。
留置所から息子に電話をかけたら居場所を知っていたのはなぜだろうか?

興味深く観れたけど、あまり現実的とは思えなかった。上記の受賞の欄には記載しなかったが、フランスを初めとした映画祭で賞をいくつも受賞している。アカデミー賞でもベルギー代表だった。凡人にはわからない良さがあるのだろう。

<鑑賞> 英語字幕 2011/2/13
[サイト内タグ検索] 日本未公開
スポンサーサイト

ロゼッタ <1999/ベルギー> ★★★

rosetta.jpg
Rosetta
1999/93min/ベルギー=フランス
監督/製作/脚本:リュック=ピエール&ジャン=ピエール・ダルデンヌ
出演:エミリー・ドゥケンヌ、ファブリッツィオ・ロンギーヌ、アンヌ・イェルノー、オリヴィエ・グルメ
受賞:1999カンヌ映画 パルム・ドール/女優賞
IMDb評価:7.3/10

純愛度 なし
衝撃度 ★★★
感動度 ★★★
社会度 ★★★

<あらすじ>
酒浸りの母親とトレーラーハウスで生活するロゼッタ。働いていた工場から突然解雇された彼女は、新しい仕事を探すが見つからない。そんな時、ワッフル・スタンドの店員リケが、仕事に空きができたことを知らせに来る。

<レビュー>
ロゼッタが工場をクビになるところから映画は始まる。必死に抗議するところをみると、理不尽な理由による解雇だったようにみえる。父親はいない。アル中の母親はたった一本のビールを求めて体を売るような生活を送ってる。17歳のロゼッタが生計を立てているのだ。職探しで町を彷徨う。
思い通りにならない人生、頑張っても報われない毎日、頼りにならに母親、厳しい現実、、一体どこから歯車が狂い始めてしまったのかが言及されていないので気になる所だが、翻弄されている人生へのロゼッタの絶望、怒りや悲しみが切ない。

林に隠した長靴に履き替え、空き瓶で作った仕掛けでの魚釣り。食事らしい食事もない。冬なのに薄っぺらい服装。勝気な性格。現実から目を背けずに立ち向かう姿は若さがゆえなのか、片意地を張っているようにもみえる。もう少し肩の力を抜いてみると楽になるのにと思ってしまうが、ここまで最悪な環境を経験したことがないからそう言えるのかも。決して母親のようにはなるまいと決意で歯を食いしばり、社会に立ち向かうロゼッタがなぜか段々愛おしくなってくる。手持ちカメラ、至近距離での撮影は彼女の息づかいまでが聞こえ、行動を共にしているかのような錯覚さえ感じてしまう。決して涙を見せなかった彼女もラストシーンで泣き崩れた。ダルデンヌらしいバサっと切ったようなエンディングにも小さな希望が見える。

パルムドールを逃したブリュノ・デュモン監督の「ユマニテ」と比較したくて連続で鑑賞した。どちらも素人起用で地味な作品だが、難解で重すぎる。重いのが好みな私でもさすがに疲れた。

<鑑賞> 英語字幕 2010/10/27

息子のまなざし <2002/ベルギー> ★★★★★

Le20Fils.jpg
Le Fils/ The Son/ 息子のまなざし
2002/103min/ベルギー=フランス
監督/脚本/制作:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
出演: オリヴィエ・グルメ、モルガン・マリンヌ
受賞:
カンヌ国際映画祭 主演男優賞・エキュメニック賞特別賞
ファジル国際映画祭 グランプリ・主演男優賞
ベルギー・アカデミー 最優秀作品賞・監督賞・主演男優賞

<あらすじ>
オリヴィエは職業訓練所で大工仕事を教えている。ある日、訓練所にフランシスという少年が入所してくる。
彼は大工のクラスを希望したが、オリヴィエは手一杯だからという理由で断る。だが、オリヴィエは人知れずフランシスの様子を窺う。結局、大工のクラスに彼を受け入れ、彼に仕事を教えるようになる。
オリヴィエは別れた妻マガリに会いに行き、フランシスが訓練所に来たと話す。夜、偶然にオリヴィエはフランシスと出会う。目測で距離を測ることのできるオリヴィエに対して、尊敬の念を抱くフランシス。
目指すべき大人を知らず、自分を受け入れてくれる人を無意識のうちに求めていたフランシスは、オリヴィエに後見人になってくれるように頼む。なぜ少年院に入ったのかと問うオリヴィエに「車からラジオを盗もうとした時に離してくれなかったので、子供を絞め殺した」とフランシスは告白する。
やがて、ついにオリヴィエは「お前が絞め殺したのは俺の息子だ」と告げる。そして…、彼らにとっての新しい人生がそこから始まる。

<レビュー>
無駄な場面は一切ない。音楽もない。
台詞は最低限、余計な言葉はひとつもない。
なのに、息を呑む瞬間が幾度となく訪れる。

怒りを抑え、衝動を押し殺す被害者オリヴィエ。
今なお罪に苦しみ、恐れを秘めている加害者フランシス。
2人が作り出す重い空気感の中に漂う緊張感に押し潰されそうになった。
苦しみや悲しみ、憎しみとどう向き合うか。そんな人間の本質がテーマ。

仕事といえども、息子を殺した少年をクラスに受け入れる父親に理解不能だったが、感情ではなく理性の限界まで追究しているといえる。
泣くわけでもない。怒るわけでもない。
終始表情はほとんど変わらないが、ドキュメンタリー風のカメラワークは心の微動を逃さず表現している。
最も憎い人間を回避せずに向かい合う勇気に魂を揺さぶられた。
ラスト10分は手に汗を握ってしまうほどスリルがあった。

音楽のないエンドロールが流れても、しばらく茫然としてしまった。
結末の解釈は、思いを口にしない2人の心の声を読み取る必要がある。
2002年に一度鑑賞したが、何を意図とした作品なのか全くわからなかった。
特に結末が呆気なくて全く理解できなかった。
いい作品は数年経って観直してみると評価が変わってくる。
日常のごく普通の生活の中で人間の尊厳を考えさせられた。

残念なのが、邦題。日本語ポスターにもがっかりした。
「息子のまなざし」と解釈する人もいるであろうが、私は違う。
邦題を知らずに鑑賞したが、息子のまなざしを感じることは一切なかった。
むしろ、私には「オリヴィエのまなざし」だった。
変な邦題に解釈の自由を制限させられている気分だ。

<鑑賞> 英語字幕 2010/9/3
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。