スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2015年 鑑賞済み映画&途中挫折映画

久々に映画を観る時間ができたのと、記録を残したいと思える作品に出会えたので、ぼちぼちアップしていこうかと。

★はKooの評価(5つ★満点)。
観た全作品を追記していく予定です。

鑑賞済み作品(orをクリックするとレビュー記事へ移動します。)

最後まで行く
★★★☆<2014/韓>
久々の韓国映画が期待以上の大当たり。最後まで緩まない緊張感に釘付け。
People-Like-Us.jpg
★★★<2012/米>
死んだ父がある女性に手紙とお金を残していた。手紙を読んで腹違いの妹の存在を初めて知った、、、
to save a life
★★★★<2009/米>
親友の自殺に自責の念にかられた主人公が行き着いたのは宗教だった。教会に通い、人間関係も改めたつもりだったが、、、
The_Proposal.jpg
★★★☆<2009/米>
英会話の勉強用に数回鑑賞。予想以外の面白さが勉強の助けに。

adrienn pal★★★☆<2010/ハンガリー>
看護婦として勤務するが運ばれてきた女性が偶然にも旧友と同性だった。旧友の消息を探し、旅に出る。
forget me not★★★★<2010/UK>
自殺まで追いつめられた男の再生。ストレスフルな展開だが、ラストに涙した。
as if★★★★☆<2011/マケドニア>(再)
ボスニア紛争における民族浄化の被害者女性のストーリー。紛争勃発から出産までを描く。
For_Those_Who_Can_Tell_No_Tales-489411730-large.jpg★★★★<2013/ボスニア>
ボスニアへ旅行へ行ったオーストラリア人女性が感じたこととは・・・
import.gif★★<2005/ノルウェー>
パキスタン移民女性と交際しているノルウェー男性。結婚したいが、結婚相手は両親が既に決めている。そのまま諦めなければならないのか。
hush_20150219155948a99.jpg★★★☆<2013/クロアチア>
幼少時代から幸せとは縁のない少女。この宿命から抜け出せるのだろうか・・・
josef3.jpg★★★<2011/クロアチア>
軍服に翻弄され、生死まで分けてしまう戦争を皮肉った作品。
Majka afalta★★★☆<2010/クロアチア>
妻は子供を連れ旦那の元を去った。行くところはなく、車生活が続く。
enemy.jpg★★★<2011/セル=ボス=クロ=ハン>
地雷撤去する小隊たちの憔悴する様子を描くミステリー。

Ostavljeni.jpg★★★<2010/ボス=クロ=仏>
セルビア紛争の犠牲になった孤児院で育った青年の母親探し。
together.jpg
Together★★★★☆<2009/ノル>
母親を突然事故でなくした父子の衝突と再生。これは超掘り出し物。
blodsband.jpg
Mirush★★★☆<2007/ノル>
出稼ぎに出た父親に会いにコソボからオスロへ行った息子。そこで見た現実と息子の決意とは・・・
iamyours.jpg
I am yours★★<2013/ノル>
パキスタン系ノルウェー人シングルマザーの孤独と救いようのない堕落。
way back home
マルティニークからの祈り★★☆<2013/韓>
面白かったが、作り過ぎな万人向き。睡涙性も高く、展開が読めてしまう。


途中挫折作品
[タグ未指定]
スポンサーサイト
[ 2015/12/31 16:33 ] My Lanking & List | TB(0) | CM(0)

2014年 鑑賞済み映画&途中挫折映画

★はKooの評価(5つ★満点)。
観た全作品を追記していく予定です。


鑑賞済み作品(orをクリックするとレビュー記事へ移動します。)
kyss-mig-poster.jpg
★★Kiss Me<2011/ スウェーデン>
Wild_Dogs_-_Korean_Movie-p1.jpg

★★☆
野良犬たち<2014/ 韓国>
blue is the warmest color
★★★★☆<2013/仏=チュニ=ベル=西>
Daisy Diamond
★★★★<2007/デンマーク>
the weight
★★★The Weight<2012/ 韓国>
miss-violence.jpg
★★★★<2013/ギリシャ>
shanghai_calling_2014060714060374c.jpg
★★★<2012/米=中>
flukt.jpg
★★<2012/ノルウェー>
blogger-image--1386133299.jpg
★★★<2013/スウェーデン>
TheTerrorLiveBR.jpg
★★★<2013/ 韓国>
Paradise hope
★★★★<2013/オーストリア>
bastards.jpg
★★★★<2013/仏>


途中挫折作品
[タグ未指定]
[ 2014/12/31 00:36 ] My Lanking & List | TB(0) | CM(0)

2013年 鑑賞済み映画&途中挫折映画

昨年と同様、鑑賞済み作品をアップしていきます。★はKooの評価(5つ★満点)。
観た全作品を追記していく予定です。

鑑賞済み作品(orをクリックするとレビュー記事へ移動します。)

the attack
★★★★<2012/レバノン>
daylight.jpg
★★★☆<2013/オランダ>
crazy.jpg
★★★<2000/ドイツ>
678.jpg
★★★☆<2010/エジプト>
all that matters is past
★★★☆<2012/ノルウェー>
3角関係のもつれを時間軸を交差させて描く。ミステリー仕立てで見応えたっぷり。
asmaa.jpg
★★★☆<2011/エジプト>
HIV感染した女性がテレビで告白するという話。女性の決意ある行動に涙。

90minutes.jpg
★★★★<2012/ノルウェー>
孤独な男3人の話。言葉を失う衝撃の結末。久々の憂鬱映画。
magicmagic.jpg
★★★<2013/チリ>
中盤から加速する恐怖には身ぶるい。でもポイントレスなのが残念。
Norvest.jpg
★★☆<2013/デンマーク>
デンマークお得意のクライム。無名俳優ばかりで、ストーリーは至って平凡。
jagten.jpg
★★★★☆<2012/デンマーク>
またもや傑作。すごすぎて記事書けない。
two players from the bench
TwoPlayersFromTheBench<05/クロ>
josef.jpg
<2011/クロアチア>
the enemy
★★★Enemy<2011/セル=ボス等>
戦争終結後、地雷処理を軸にしたミステリー。隠喩的で読み切れなかったが、面白かった。
bleeder.jpg
★★★★<1999/デンマーク>
犯罪には縁のなかった人が犯罪に手を染めてしまう過程と堕落。
what iva recorded
★★What Iva recorded<2005/クロ>
誕生日にもらったカメラで一日の様子を撮影しただけの作品
hijacking.jpg
★★★☆シージャック<2012/デン>
デンマーク商船が海賊にハイジャックされた。船会社と海賊との心理戦。焦燥していく様。
Love Is All You Need
★★★☆愛さえあれば<2012/デン>
アナス・トーマス・イェンセン×スサンネ・ビア。またしてもごく身近なところにある幸せについて考えさせてくれる。
truth about men
★★★Truth about men<2011/デン>
男性の結婚観について。
失恋が人生のターニングポイントとして描かれる。
the green butchers
★★★★<2003/デンマーク>
アナス・トーマス・イェンセンらしい、ゆるーいブラックコメディー。
のり子、ソウルへ行く
★★★<2011/日=韓>
いかにも韓流。私のテイストではないけど、子供からお年寄りまで楽しめる無難なファミリー映画。評価は甘め。
pusher3.jpg
★★★★<2005/デンマーク>
Pusher2_20130224165048.jpg
★★★☆<2004/デンマーク>
pusher1_20130224165047.jpg
★★★★☆
<1996/デンマーク>
これはクライム映画最高傑作。
hate story
★★<2012/印>
女のリベンジ。エロティックなだけで、空っぽスリラー。
for a moment freedom
★★★<2008/オーストリア=仏=トルコ>
EUが描く難民映画。シリアスさも緊迫感もなく、万人向けの無難な作品。
black_20130208162445.jpg
★★★<2005/印>
der fan
★★★★トランス愛の晩餐<1982/西独>
究極の陶酔愛。精神的に滅入る作品の上位にくる。
the song of sparrows
★★★★<2005/イラン>
資本主義に生きる私たちへの問いかけ。大切なものは何か?マジッド・マジディ監督らしい作品。
hayat1.jpg
★★★☆<2005/イラン>
いかにもイランといった子供を主人公にした微笑ましい感動作。
le silence
★★★☆<2005/イラン=仏=タジキ>
パラジャーノフを彷彿とさせる映像と音楽の抒情詩。ストーリーはシンプルだが、奥深く難解。
ヌード
★★☆<2010/日本>
AV女優として名を挙げた女性の過程と葛藤を赤裸々に描く自伝小説の映画化。面白かったが、ちょっと自己満足的。
AdamPaul.jpg
★★★<2004/アイルランド>
ヘロイン中毒者2人のある一日。最低な2人なのにどこか憎めない2人。題材とは裏腹にゆるいコメディータッチが特徴。
lonely.png
★★<2008/トルコ>
一目惚れから始まった恋。孤独に焦点を当てた切ない結末。
Deception.jpg
★★★☆<2008/米>
面白く観れたが、先が読めてしまった。意外性もなく、期待を上回らず。
love in another language3
★★☆<2009/トルコ>
軸となるラブストーリーとしてはいいが、サブストーリーがごちゃごちゃし過ぎ。台詞も多すぎで、字幕を追い切れなかった。
war witch3
★★★★☆
<2012/カナダ>
我々の現実とは程遠いが、作りすぎた感はなくリアル。痛々しい。
travellers and magicianslate marriage
★★★<2001/イスラエル>
31歳で未だ独身男性のお見合いから始まる。なぜ今まで結婚しなかったのか・・・ユーモラスに語られていく。
kauwboy.jpg
★★★☆<2012/オランダ>
怪我をしたカラスを育てることで現実と向き合うことを学ぶ10歳の少年。父親との衝突と再生。自然な演技と演出に感銘。
Or.jpg
★★★★<2004/イスラエル>
母親の売春をやめさせようとする娘の話。女性監督が描いた現実の厳しさと己の弱さ。拍車のかかる後半の展開はすごい説得力。
春婦伝
★★★<1965/日本>
くさい愛国心。現代の北朝鮮映画みたい。たかが50年で価値観がまるで違う。現代人が観て、共感できるポイントは何一つなし。
paradise love
★★★★<2012/オーストリア>
ケニアに男遊びに行った白人女性。パラダイスはほんの束の間。最後に残ったのは虚しさだけ。
肉体の門
★★★★<1964/日>
宍戸錠×野川由美子。
食うか食われるかの戦後。どんな手段でも生き抜く男の女の生き様。
skoonheid1.jpg
★★★★beauty<2011/南ア>
女性と結婚していながら、ゲイとして二重生活をする中年男性が娘の幼馴染をストーカーする話。解釈の幅がある結末、感慨深かった。
human pork chop
★★HumanPorkChop<2001/香>
借金の肩代わりに女を監禁の末、死亡。フラッシュバック形式で、少々分かりずらい構成。ゴア度の高さは五つ★。この手の話、香港映画何本観ただろうか。
beast.jpg
★★☆<2011/デンマーク>
男の嫉妬を描く。主軸が薄っぺらく、少々残念。
laurence anyways
★★★<2011/加>
3時間弱という長さがくどい。70年代という時代背景、過剰な演出も少々鼻につく。
The White Masai
★★★☆<2011/独>
白人女性がマサイ族へ嫁いだ実話ベース。一人称視点でありながら、文化や環境の違いに対する戸惑いは共感させられることも多い。
tomboy.jpg
★★★☆トムボーイ<2011/仏>
性同一障害の話。
最低限の演出とセリフで、子供の自然な演技に好感。
sasha.jpg
★★★ サーシャ<2011/独>
普通に楽しめるゲイ映画。ちょっと美化しすぎかな。


途中挫折作品
Players.jpg
<2012/印>
世界中飛び回る犯罪組織話で、数分で違う国に移り、落ち着かない。いろいろ突っ込んだ闇鍋みたい。どんなに頑張ってもハリウッドには敵わない。
in the name of god
<2000/イラン>
困っている女性を車に乗せたら、死んだ赤ちゃんの遺体を置き去りにしていってしまった。ところが話はどんどん違う方向へ。一体主旨は何?
my tehran for sale
<2009/豪=イラン>
第3者によるイラン映画。お洒落さにこだわったばかりにストーリーは陳列。
girls cant swim
<2000/フランス>
ありふれすぎた青春映画。すっごい退屈。
gift from above
<2003/イスラエル>
つかみどころがないまま、だらだら。暇つぶしに見る程度のコメディー。
eleven men out
<2005/アイスランド>
わかりにくいストーリーライン、字幕を追えないほどの膨大な台詞にうんざり。
Tabu.jpg
Tabu<2012/ポルトガル>
コマ送りの映像と膨らまないストーリーが退屈。


[タグ未指定]
[ 2013/12/31 13:00 ] My Lanking & List | TB(0) | CM(0)

2012年 My Best 30作品

2012年に観た映画は156本(減ったなぁ~)。その中から選ぶMy Lanking30作品です。
私の評価基準はブログタイトルのとおり“Movies that make me think(考えさせてくれる映画)”かどうか。
鑑賞直後に感じる“面白さ”は基準対象外になります。記事の★評価ともリンクしていません。
今年公開された作品は、去年のランキングに入っている可能性もあります。

1位:Oslo, 31th August <2011/ノルウェー>
2位:ピエタ <2012/韓>
2位:SHAME-シェイム- <2011/英>
4位:餃子 (英題:Dumplings) <2004/香港>
5位:カドッシュ <1999/イスラエル>
6位:プレイ <2011/スウェーデン=デンマーク=仏>
7位:I'm Glad My Mother Is Alive <2009/仏>
8位:Bad Habits <2007/メキシコ>
9位:Blind <2007/オランダ=ベルギー=ブルガリア>
10位:君がいない(原題:2:37) <2006/豪>

11位~20位(順不同)
東ベルリンから来た女(原題:Barbara) <2012/独>
<2011/韓>
MISS BALA 銃弾 <2011/メキシコ>
夢の花びら <2008/スリランカ>
Sponsoring (原題:Elles) <2011/仏=ポーランド=独>
官能 (英題:The Days Between) <2001/独>
No Return <2010/アルゼンチン=西>
シスター <2012/スイス=仏>
建築学概論 <2012/韓>
タッチ<2011/韓>

21位~30位(順不同)
スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜 <2011/西>
Babycall <2011/ノルウェー=独=スウェーデン>
ザ・マッドネス 狂乱の森 (原題:Kalevet) <2010/イスラエル>
The Hidden Face <2011/コロンビア=西>
Happy End <2011/スウェーデン>
願いを言ってみて <2011/韓>
Kabuli Kid <2008/アフガニスタン=仏>
ロスト・イン・北京 <2007/中国>
SleepingBeauty <2007/韓>
心臓が躍る (原題:심장이 뛰네) <2011/韓>

昨年後半は、あまりアップできませんでしたが、今年も気が向いたらのアップになると思います。
今年もよろしくお願いしま~す。
[タグ未指定]
[ 2013/01/04 23:01 ] My Lanking & List | TB(0) | CM(2)

2012年 鑑賞済み映画&途中挫折映画

鑑賞済みリストを公開して欲しいとご要望があり、一目でわかるようにポスターにしました。
記事を書いた作品と書いていない作品とに分けました。★はKooの評価(5つ★満点)。
観た全作品を追記していく予定です。記事を書いた作品はポスター評価をクリックすると記事へ飛びます。

なんだか、ちょっとブログから遠ざかっている今日この頃…
記事のご希望は受け付けています。
書けって言われないと、書かない気もするし…

個別記事あり(下半期)(をクリックするとレビュー記事へ移動します。)

touch.jpg ★★★★☆(韓)嫁入りの日
★★★
(韓)
sister3.jpg
★★★☆
(スイス=仏)
建築学概論
★★★★(韓)
江北好人
★★★☆
(中)
Barbara.jpg
★★★★
(ドイツ)
pieta.jpg
★★★★☆
(韓)
os3.jpg
★★☆
(ブラジル)
teddy bear
★★★☆
(デンマーク)
blind_20121014122533.jpg
★★★★☆
(蘭=白=ブルガリア)
izlet.jpg
★★★
(スロベニア)
bambi.jpg
★★☆
(ノルウェー)
証
★★★★
(韓)
DurianDurian.jpg
★★★★
(香港)
ave.jpg
★★★☆(ブルガリア)
lost in beijing
★★★★
(中)
Sleeping Beauty
★★★☆
(韓)
film geek
★★★
(米)
MadeinHongKong.jpg
★★★☆
(香港)
美しい夜、残酷な朝
★★★
(日=韓=香)
dumplings.jpg
★★★★★
(香港)
akasa kusum3
★★★★
(スリランカ)
bridge.jpg
★★★★☆
(スウェ=デン)
Those Who Kill
★★
(デンマーク)
hamilton.jpg
★★
(スウェーデン)
Cirkus Columbia
★★★☆
(ボスニア等)
avalon.jpg
★★☆
(スウェーデン)
elles.jpg
★★★★
(仏=ポーランド=独)
my heart beats
★★★
(韓)
映画は映画だ
★★★★☆
(韓)(再観賞)

記事なし(下半期)
Amour.jpg
★★★(オーストリア)
ハネケやっぱり苦手です。
dreileben.jpg
★★★★(独)
gespenster_20121231220139.jpg
★★★★(独)(再観賞)
voice.jpg
★★★(トルコ)
もう一ひねり欲しかったとこ。
死の王
★★★(西ドイツ)
自殺する7人を追う。直接的でしんどい。
love coincidences
★★★★☆(トルコ)
ただの恋愛かと思ったら…余韻が…泣いた!記事書きます!
dog_of_flanders.jpg
★★★(米)
フランダースの犬。ストーリーは知ってるのに、また泣いた。
八日目の蝉
★★★☆(日本)
重いテーマなのに、結末で肩の荷が下りたような。
szamanka.png
★★★(ポーランド)
強烈。元気な時しか観れないね。
邦題は(ワルシャワの肌)
永遠のこどもたち
★★☆(西=メキ)
飽きずに観れたけど、ひねりもなく、ふつー。
痛み
★★☆(韓)
ただの韓流映画。
neverending story
★★★(韓)
余命宣告を受け、前向きに現実と向き合う話。
elina.jpg
★★★☆(フィン=スウェ)
子供向けの童話。結構泣いた。
the consequences of love
★★(伊)
映像へのこだわりは感じたけど、内容は・・・
赤道の花3
★★★(韓)
ストーカーから恋人に発展する話
the dress
★★★☆(オランダ)
1枚のドレスに関わった人たちのドラマを描くユニーク作
bullhead.jpg
★★★★(ベルギー)
観音山
★★★☆(中)
friends-with-benefits.jpg
★★★☆(米)
租期
★★(中)
偽装結婚の話
dam street
★★★★☆(中)
エボラシンドローム
★★★☆(香港)
八仙飯店之人肉叉燒包
★★★★(香港)
人肉の燒包・・・ぞっとするけど、かなりツボ
妻の愛人に会う
★★★☆(韓)(再観賞)
little cheung
★★★☆(香港)
le fil
★★★(仏=ベルギー=チュニジ)
Historias Minimas
★★★★(アルゼンチン)
自然と眠りについてしまうほどの癒し映画
#45236; #50500;#45236;#51032; #47784;#46304; #44163;
★★(韓)
La Soga
★★☆(ドミニカ)
sylvia.jpg
★★★(西=仏)

個別記事あり(上半期)(をクリックするとレビュー記事へ移動します。)

記事なし(上半期)
kasya.jpg
★★★
Flight Of The Red Balloon
★★★
LEnfant.jpg
★★★★(再観賞)
heirloom.jpg
★★
the piano teacher
★★★☆
hello ghost
★★★
オーディション
★★★☆
vive.jpg
★★★
Samson_and_Delilah.jpg
★★
babycall.jpg
★★★★
恋愛小説
★★★
a0097252_4c50ccd73f19d.jpg
★★★
火女
★★
sakana.jpg
★★★★(再鑑賞)
switch.jpg
★★★
ban1.jpg
★★★
金瓶梅
★★
page.jpg
★★
mile.jpg
★★★☆
idiot.jpg
★★
82.jpg
★★★★★
daruma.jpg
★★★(再鑑賞)
reprise.jpg
★★(再鑑賞)
bala.jpg
★★★★
kiseki.jpg
★★
habits.jpg
★★★
el faro
lintrus.jpg
★★★★(再鑑賞)
vacas.jpg
nelly.jpg
★★
yol.jpg
★★

途中挫折した作品を自分用に。
余裕があったら再チャレンジしたいという期待も込めて。
挫折理由も一言添えて。
Thale.jpg
ノルウェーホラーというだけで勝手にハードル上げ過ぎたかも。怖くもないし、すっごい退屈。
花腰新娘
映像は綺麗だけど、ストーリーが陳列。
bonsai.jpg
オリジナリティはあるんだけど、笑いが乾きすぎ。
A Peck on th Cheek
インド映画苦手。ストーリーと関係のない歌舞が多すぎで、観ている間にストーリー忘れちゃう。
Death I dream of
ギリシャのホラー。
画面は切り替えが雑で頻繁すぎ。ただただ時間の無駄。
cafe de flore
この監督とやっぱり相性が悪い。「C.R.A.Z.Y」と同じで陳列でごちゃごちゃ。
PlanC.jpg
オランダ映画。
コメディーなのにテンポ悪いのってどうよ?睡魔に勝てず。
dirch.jpg
いい映画だと思うけど、ニコラーイ・リー・カースのキャラにも時代設定にもハマれず。
delicacy.jpg
ラブコメってやっぱり苦手。内容からっぽ。だけど、こういうのが大衆映画なんだよね~
eva.jpg
ディズニーっぽくてちょっと幼稚すぎる。子供向けロボット映画。私のテイストではなかった。雪景色は綺麗。
sisters.jpg
「リリア 4-ever」オクサナ・アキンシナのデビュー作。冒頭は面白かったんだけど…
The Lovers of Marona
ロシア人が酒飲むだけの映画ってなんでこんなに多いの?
OrangeLove.jpg
ポップでお洒落だけど、破天荒すぎ!?
volchok.jpg
ポイントがなく、何が言いたいのかわかんない
morning patrol
説明が哲学すぎてくどい。
goodbye my first love
ティーンの恋愛、ただただ退屈
room304.jpg
カメラワークが悪過ぎて何を見せたいのか不明
Le Harve
アキ・カウリスマキ監督嫌いなのに、なんで観たんだろ?
pong.jpg
これ、趣味で撮ったの?満足してるのは監督だけだよ、きっと。
ogni.jpg
ロシア人のための古いロシア映画って感じ…無意味な裸が多い
lava.jpg
意味不明
monk.jpg
難解
hidden half
つまんない
froken.jpg
デモばっかり見せられても面白くない
die.jpg
冒頭はよかったが、ポイントがない

[タグ未指定]
[ 2012/12/31 00:00 ] My Lanking & List | TB(0) | CM(16)

2012年 上半期 My Best25作品 

2012年上半期に観た映画は97本。その中から選ぶMy Lanking25作品です。
私の評価基準はブログタイトルのとおり“Movies that make me think(考えさせてくれる映画)”かどうか。
鑑賞直後に感じる“面白さ”は基準対象外になります。★評価ともリンクしていません。

1位:SHAME-シェイム- <2011/英>
2位:Oslo, 31th August <2011/ノルウェー>
3位:君がいない(原題:2:37) <2006/豪>
4位:カドッシュ <1999/イスラエル>
5位:プレイ <2011/スウェーデン=デンマーク=仏>
6位:I'm Glad My Mother Is Alive <2009/仏>
7位:Bad Habits <2007/メキシコ>
8位:MISS BALA 銃弾 <2011/メキシコ>
9位:官能 (英題:The Days Between) <2001/独>
10位:No Return <2010/アルゼンチン=西>

11位:玄海灘は知っている <1961/韓>
12位:スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜 <2011/西>
13位:Babycall <2011/ノルウェー=独=スウェーデン>
14位:ザ・マッドネス 狂乱の森 (原題:Kalevet) <2010/イスラエル>
15位:The Hidden Face <2011/コロンビア=西>
16位:殺人蝶を追う女 <1978/韓>
17位:思春期(原題:ティラノサウルス) <2011/英>
18位:Happy End <2011/スウェーデン>
19位:願いを言ってみて <2011/韓>
20位:Kabuli Kid <2008/アフガニスタン=仏>

21位~25位:(順不同)
Penumbra <2011/アルゼンチン>
Naked Harbor <2012/フィンランド>
シンプル・シモン <2011/スウェーデン>
静かな生活 <1974/イラン>
Beyond <2010/スウェーデン=デンマーク=フィンランド=ノルウェー>

こうしてリストにしてみると、北欧(スウェーデン、ノルウェー、フィンランド)、南米(メキシコ、アルゼンチン)が多い。結構、掘り出し物が多かったように思う。下半期は、アジア方面を掘り探ってみようと思います。みなさまもいい映画と出会えますように。
[タグ未指定]
[ 2012/06/30 22:55 ] My Lanking & List | TB(0) | CM(0)

2011年 My Best 50作品

明けました~

2010年鑑賞本数(新作、旧作)は302本。よくこんなに観たな~
その中から選ぶ韓国映画と韓国映画以外のランキングです。
私の評価基準はブログタイトルのとおり“Movies that make me think(考えさせてくれる映画)”かどうか。
鑑賞直後に感じる“面白さ”は基準対象外になります。★評価ともリンクしていません。

昨年はデンマーク→アルゼンチン→アフリカ→ルーマニア→トルコといった所に一過性の興味を抱いたりして、気の向くまま観ていきましたが、結局はランクインするのは映画祭で賞を取り、世界的に評価の高いものばかり。海外の映画祭を追っかけているような方にとっては何の意外性も面白味もないベストになってしまいました。ランクインしている作品の記事は書く予定です。

*韓国映画*
1位:アリラン <2011/韓>
2位:Bleak Night (原題:番人) <2010/韓>
3位:2度目の愛 <2007/米=韓>
4位:豆満江 <2010/韓=中=仏>
5位:キムチを売る女 (原題:芒種) <2005/韓>
6位:烈女門 <1962/韓>
7位:愛してる、愛してない <2011/韓>
8位:冬の蝶 <2011/韓>
9位:るつぼ <2011/韓>
10位:ブラインド <2011/韓>

*韓国映画以外*
1位:XXY <2007/アルゼンチン=仏=スペイン>
2位:エッセンシャル・キリング <2010/ポーランド=ノルウェー=アイルランド=ハンガリー>
3位:灼熱の魂 <2010/加=仏>
4位:Polytechnique <2009/加>
5位:頭のない女 <2008/アルゼンチン=西=仏>
6位:When We Leave (原題:Die Fremde) <2010/独>
7位:マグダレンの祈り <2002/アイルランド=UK>
8位:White Material <2009/仏=カメルーン>
9位:別離 (英題:Separation) <2010/イラン>
10位:菖蒲 <2009/ポーランド>

11位~20位:(順不同)
Dry Season (原題:Daratt) <2006/チャド=仏=ベルギー=オーストリア>
マイ・マザー/青春の傷口 <2009/加>
Dogtooth (原題:Kynodontas) <2009/ギリシャ>
メランコリア <2011/デンマーク=スウェーデン=仏=独>
ラザレスク氏の死 <2005/ルーマニア>
不倫期限 (原題:Tuesday, After Christmas) <2009/ルーマニア>
少年は残酷な弓を射る (原題:We Need to Talk About Kevin) <2011/UK>
Stephanie Daley <2006/米>
A Call Girl <2009/スロベニア=独=セルビア=クロアチア=ボスニア=ヘルチェゴビナ>
Life, Above All <2010/南ア=独>

21位~30位:(順不同)
Adrift <2009/ブラジル>
In The Beginning <2009/仏>
The Believer <2001/米>
A Man's Fear of God (原題:Takva) <2006/トルコ>
ミステリアス・スキン <2004/米>
Worlds Apart <2008/デンマーク>
ジョジーの修理工場 <2007/アイルランド>
Autumn <2008/トルコ=独>
カランチョ <2010/アルゼンチン=チリ=仏=韓国>
Good Work <1999/仏>

31位~40位:(順不同)
Inhale (原題) <2010/米>
長い旅 (原題:Le Grand Voyage) <2004/仏>
A Woman Goes To The Doctor <2010/オランダ>
Eskiya <1996/トルコ>
ログアウト(英題:Suicide Room) <2011/ポーランド>
蜂蜜 (原題:Bal) <2010/トルコ=ドイツ>
Dragonflies <2001/ノルウェー>
コスモス <2010/トルコ=ブルガリア>
Bliss <2007/トルコ=ギリシャ>
雨さえも~ボリビアの熱い一日~ (原題:Even The Rain) <2010/西=仏=メキシコ>

今年はまだ一本も観れていません。特に抱負も目標は立てておりません。気の向くまま観ていくつもりです。
本年もよろしくお願いします。

[タグ未指定]
[ 2012/01/05 20:41 ] My Lanking & List | TB(0) | CM(2)

2011年 上半期 My Best 25作品

2011年上半期に観た映画は154本。その中から選ぶMy Lanking25作品です。
私の評価基準はブログタイトルのとおり“Movies that make me think(考えさせてくれる映画)”かどうか。
鑑賞直後に感じる“面白さ”は基準対象外になります。★評価ともリンクしていません。

*韓国映画*
1位:2度目の愛 <2007/米=韓>
2位:豆満江 <2010/韓=中=仏>
3位:キムチを売る女 (原題:芒種) <2005/韓>
4位:烈女門 <1962/韓>

*韓国映画以外*
1位:XXY <2007/アルゼンチン=仏=スペイン>
2位:エッセンシャル・キリング <2010/ポーランド=ノルウェー=アイルランド=ハンガリー>
3位:(未) Incendies <2010/加=仏>
4位:(未) Polytechnique <2009/加>
5位:頭のない女 <2008/アルゼンチン=西=仏>
6位:(未) When We Leave (原題:Die Fremde) <2010/独>
7位:(未) Dry Season (原題:Daratt) <2006/チャド=仏=ベルギー=オーストリア>
8位:カランチョ <2010/アルゼンチン=チリ=仏=韓国>
9位:(未) Even The Rain <2010/西=仏=メキシコ>
10位:(未) Inhale (原題) <2010/米>
11位:長い旅 (原題:Le Grand Voyage) <2004/仏>
12位:(未) White Material <2009/仏=カメルーン>
13位:蜂蜜 (原題:Bal) <2010/トルコ=ドイツ>
14位:(未) ragonflies <2001/ノルウェー>
15位:菖蒲 <2009/ポーランド>
16位:ブルーバレンタイン <2010/米>
17位:コスモス <2010/トルコ=ブルガリア>
18位:オフィシャル・ストーリー <1985/アルゼンチン>
19位:(未) If I Want To Whistle, I Whistle <2010/ルーマニア>
20位:127時間 <2010/米>
21位:(未) The Station Agent <2003/米>

番外編として、
*映像美ランキング*
1位:(未) Valhalla Rising <2009/デンマーク>
2位:(未) The House of Sand <2005/ブラジル>
3位:エッセンシャル・キリング <2010/ポーランド=ノルウェー=アイルランド=ハンガリー>
4位:(未) Bab'Aziz <2005/チュニジア=イラン=仏>
5位:(未) I Am Dina <2002/スウェーデン=仏=ノルウェー=独=デンマーク>
6位:夏の終止符 (原題:How I Ended This Summer) <2010/露>
7位:コスモス <2010/トルコ=ブルガリア>
8位:蜂蜜 (原題:Bal) <2010/トルコ=ドイツ>
9位:マイ・オンリー・サンシャイン <2008/トルコ=ギリシャ=ブルガリア>
10位:(未) North <2009/ノルウェー>
11位:(未) Dragonflies <2001/ノルウェー>
12位:(未) Nothing Personal <2009/オランダ=UK>

韓国映画のみのブログとして始めた本ブログ。
観る本数が減っているのも確かだけど、なかなか自分好みの作品に出会えずほとんど途中挫折。
原因は自分の語学力の低下にあるのかも。(大学で第2外国語だった)ロシア語と(独学してて挫折した)スペイン語を始めてしまい、韓国語に触れる時間が圧倒的に激減してるんだよね。ちょっと頑張って韓国映画増やしていきたいと思ってます。
[タグ未指定]
[ 2011/07/09 15:53 ] My Lanking & List | TB(0) | CM(4)

2010年 My Best

2010年鑑賞本数(新作、旧作、再鑑賞も含む)は293本(韓国137本、韓国以外156本)。
韓国映画と韓国映画以外のランキングです。★評価とリンクしていません。

日本未公開とは、劇場はおろか、映画祭上映、DVD等発売されていないものとする。
日本劇場未公開とは、映画祭上映またはDVD等発売されているものとする。

*韓国映画*
1. 301 302 <1995/韓>
2. 下女 <1960/韓>
3. 人を探します <2009/韓>日本未公開
4. 木のない山 <2009/韓>
5. 訪問者 <2006/韓>
6. 暴風前夜 <2009/韓>
7. 冬の小鳥 <2009/韓>

*韓国映画以外*
1. ハンガー <2008/アイルランド>日本劇場未公開
2. 尋問 <1982/ポーランド>
3. Next Door <2005/ノルウェー>日本未公開
4. Katalin Varga<2009/ルーマニア>日本未公開
5. 光のほうへ <2010/デンマーク>
6. Dead Man's Shoes <2004/UK>日本未公開
7. The Weakness of the Bolshevik <2003/スペイン>日本未公開
8. 16歳の合衆国 <2002/米>
9. この森で、天使はバスを降りた <1996/米>
10. 堕天使のパスポート <2002/UK>
11. Pradise Now <2005/イスラエル>
12. 4か月、3週間と2日 <2007/ルーマニア>
13. 父、帰る <2003/ロシア>
14. シクロ <1995/ベトナム>
15. 君を想って海をゆく <2009/フランス>
16. The Trap <2007/セルビア> 日本未公開
17. You Will Be Mine <2009/仏> 日本未公開

2010年の韓国公開映画、ドラマ共に私的には不作。何十本途中挫折したことか。最後まで観たとしても結局は韓国語勉強の題材になった程度のものが大半を占めている気がする。残念なことに来年公開作品でもあまり期待しているものはない。60年代~80年代作品を多く観ようと思っている。

韓国以外では、ポーランド映画に目覚め、視野が広がったように思う。来年はポーランド人監督作品を優先的に観たい。そして、中断している旧ソ連やロシアの長編ドラマも再挑戦したい。

韓国映画にしても韓国以外の映画にしても上位3位が群を抜いて面白かった。
来年も良い作品との出会いがありますように♪

[タグ未指定]
[ 2010/12/31 15:22 ] My Lanking & List | TB(4) | CM(13)

きっと観るつもりリスト

手元にあり観たいと思いつつ、先延ばしになり忘れつつある作品たち。
闇に葬られちゃう前に、忘れずに観切るぞ!と想いを込めて書き出してみた。
製作国ではなく、監督の出身国別。
「打ち消し」は鑑賞済み。

<アイスランド>
・フリドリック・トール・フリドリクソン監督「Devil's Island(1996)」
・Ragnar Bragason監督「Bjarnfreðarson(2009)」

<アイルランド>
・Leonard Abrahamson監督「Adam & Paul(2004)」
・Aisling Walsh「Song for a Raggy Boy(2003)」

<アメリカ>
・David Ayer監督「バッドタイム/Harsh Times(2005)」
・Neil Jordan「The Bucher Boy(1997)」

<アラブ首長国連邦UAE>
・Ali F. Mostafa「City of Life(2009)」

<UK>
・Christopher Morris「Four Lions(2010)」
・Roger Michell「Enduring Love (2004)」
・Alan Clarke監督「Scum(1979)」
・Christopher Smith監督「Black Death(2010)」
・Roland Joffé監督「The Killing Fields(1984)」
・Martin Campbell「Edge of Darkness(2010)」6.7メル・ギブソン

<イスラエル>
・Rafi Pitts「The Hunter(2010)」
・Scandar Copti, Yaron Shani「Ajami(2009)」

<イタリア>
・Robert Bresson監督「The Devil, Probably(1977)」
・Lina Wertmüller監督「Love and Anarchy(1973)」
・Marco Amenta「The Sicilian Girl(2009)」6.9

<ウルグアイ>
・Álvaro Brechner「Bad Day for Fishing(2009)」6.8

<オランダ>
・Mike van Diem「Character(1997)」
・Roel Reiné「Drifter(2008)」5.1

<カザフスタン>
・Akan Satayev「Strayed(2009)」
・Yermek Tursunov「Kelin(2009)」6.4

<カナダ>
・Jeanne Crépeau監督「Revoir Julie(1998)」フランス語

<グルジア>
・Levan Tutberidze「Trip To Karabakh(2005)」

<コロンビア>
・Joshua Marston「Maria Full of Grace(2004)」

<スウェーデン>
・Dusan Makavejev「Montenegro(1981)」
・Stefan Jarl「Nature's Warrior(1997」
・Joel Bergvall監督「Den osynlige(2002)」
・Ingmar Bergman監督「Autum Sonata(1978)」
・Jesper Ganslandt「The Ape(2009)」5.8
・Daniel Espinosa「Easy Money(2010)」

<スペイン>
・Gabe Ibáñez「Hierro(2009)」5.6
・Julio Medem「Room in Rome(2010)」

<チェコ>
・Juraj Herz監督「Cremator(1968)」
・Karel Kachyna監督「Prace(1960)」

<デンマーク>
・Gabriel Axel監督「Babette's Feast」
・Bille August監督「Pelle the Conqueror(1988)」
・Hella Joof監督「Hash Little Baby(2009)」
・Nicolas Winding Refn監督「Valhalla Rising(2009)」英語

<ドイツ>
・Marc Rothemund監督「Sopie Scholl(2005)」
・Hans-Christian Schmid監督「Requim(2006)」
・Jo Baier監督「Stauffenberg(2004)」
・Wim Wenders監督「Wings of Desire(1987)」
・Helmut Dziuba監督「Sabine Kleist, Aged Seven...(1982)」
・Werner Herzog監督「The Enigma of Kaspar Hauser(1974)」
・Sergei Loznitsa「My Job(2010)」7.0
・Shirin Neshat, Shoja Azari「Woman Without Men(2009)」6.4

<トルコ>
・Çagan Irmak「In Darkness(2009)」7.0
・Reha Erdem「Kosmos(2010)」
・Semih Kaplanoglu「Bal(2010)」

<ノルウェー>
・Erik Skjoldbjærg監督「Insomnia(1997)」
・Pål Øie監督「Hidden(2009)」
・Sara Johnsen「Upperdog(2009)」

<ハンガリー>
・István Szabó「Apa(1966)」
・Béla Tarr監督「Damnation(1987)」「Werckmeister Harmonies(2000)」
・Krisztina Goda監督「Children of Glory(2006)」

<フィンランド>
・Fyodor Bondarchuk監督「The 9th Company」

<フランス>
・ジャック・ノロ監督「Porn Theater(2002)」
・Pierre Salvadori監督「Priceless(2006)」
・Louis Malle監督「Black Moon (1975)」「さよなら子どもたち(1987)」
・Laurent Tirard監督「Molière(2007)」
・Gérard Corbiau監督「The King Is Dancing(2000)」
・Simone Bitton監督「Wall(2004)」
・Claude Chabrol監督「Madame Bovary(1991)」「La cérémonie(1995)」
・Eric Rohmer監督「La femme de l'aviateur(1981)」「Pauline at the Beach(1983)」
・Claude Miller監督「L'effrontée (1985)」
・Richard Berry監督「22Bullets(2010)」
・アニエス・ヴァルダ監督「The Beaches of Agnes(2008)」
・Yves Robert監督「My Mother's Castle(1990)」
・Maurice Pialat監督「À nos amours(1983)」
・Cédric Kahn監督「L'ennui(1998)」
・Leos Carax監督「Les amants du Pont-Neuf(1991)」「ポーラX(1999)」
・James Ivory監督「Quartet(1981)」
・Céline Sciamma監督「Water Lilies(2007)」
・Elie Chouraqui監督「Harrison's Flowers(2000)」
・Rémy Belvaux監督「Man Bites Dog(1992)」
・Claude Chabrol「Bellamy(2009)」6.1
・Olivier Marchal「MR73(2008)」6.7

<ブラジル>
・Fernando Meirelles監督「Blindness8(2008)」6.6

<ポーランド>
・クシシュトフ・キェシロフスキ監督 「トリコロール赤」「偶然」「Tramwaj(1966)」「病院(1976)」「Raiway Station(1980)」
・Kazimier Karabasz監督「The Musicians(1958)」
・アニエスカ・ホランド監督「Europa Europa(1990)」「The Seacret Garden(1993)」英語
・アンジェイ・ワイダ監督「鉄の男(1981)」
「カティンの森(2007)」「戦いの後の風景(1970)」「菖蒲(2009)」
・アンジェイ・ズラウスキ監督 「シルバー・グローブ/銀の惑星(1987)」
・Stanislaw Rózewicz監督「Westerplatte(1967)」
・Wojciech Has監督「Hourglass Sanatorium(1973)」
・イエジー・スコリモフスキ監督「The Shout(1978)」
・ロマン・ポランスキ監督「袋小路(1965)」「テナント/恐怖を借りた男(1976)」「Dance of the Vampires(1967)」「フランティック(1988)」「赤い航路(1992)」
・Krzysztof Zanussi監督「A Woman's decision(1975)」
・Wojciech Smarzowski「The Dark House(2009)」7.4
・Ryszard Bugajski「General Nil(2009)」7.0

<メキシコ>
・Carlos Carrera「Backyard(2009)」6.9

<ユーゴスラビア>
・Emir Kusturica監督「Black Cat White Cat(1998)」

<リトアニア>
・シャルナス・バルタス「Koridorius(1995)」「Few of Us(1996)」「A Casa(1997)」「ポーラX(1999)」

<ロシア>
・Aleksandr Rogozhkin「Peregon(2006)」「Chekist(1992)」
・Pavel Lungin「Tsar(2009)」
・Vasili Levin「Orion's Loop(1982)」
・Georgi Kropachyov, Konstantin Yershov「Viy(1967)」
・Valeriya Gay Germanika「Everybody dies but me (2008)」
・Vladimir Bortko「Taras Bulba(2009)」
・ニキータ・ミハルコフ「Friend Aong Strangers(1974)」「Sibiriada(1979)」「五つの夜に(1979)」「絆(1981)」「ウルガ(1991)」「太陽に灼かれて(1994)」 「12(2007)」
・Andrey Konchalovskiy監督「Sibiriada(1979)」
・Mikhail Romm監督「Nine Days of One Year(1962)」
・アンドレイ・タルコフスキー監督「Ther Will Be No Lave Today(1959)」「ローラとバイオリン(1960)」「アンドレイ・ルブリョフ (1966)」「ノスタルジア(1983)」「惑星ソラリス(1972)」「鏡(1975)」
・Dmitri Meskhiyev監督「Diary of a Kamikaze(2002)」「Our Town(2004)」
・Valeriy Todorovskiy監督「Stilyagi(2008)」
・Aleksandr Buravsky監督「Leningrad(2009)」
・Mark Zakharov監督「An Ordinary Miracle(1978)」
・Mikhail Kalatozov監督「The Cranes Are Flying(1956)」
・Konstantin Lopushansky監督「The Ugly Swans(2006)」
・Gennadi Kazansky監督「Old Man Khottabych(1956)」
・Kirill Lavrov監督「カラマゾフの兄弟(1969)」
・Aleksey Balabanov監督「Voyna(2002)」
・アレクサンドル・ソクーロフ監督「ボヴァリー夫人」「モレク神(1999)」「エルミタージュ幻想(2002)」「太陽(2005)」
・Aleksei Popogrebsky「How I Ended This Summer(2010)」
[タグ未指定]
[ 2010/12/15 10:37 ] My Lanking & List | TB(-) | CM(2)
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。