スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(未) Kabuli Kid <2008/アフガニスタン=仏> ★★★☆

kabuli kid
Kabuli Kid
2008/97min/アフガニスタン=フランス
ドラマ
監督/脚本:Barmak Akram(監督デビュー作)
出演:Haji Gul Aser、Valéry Schatz、Amélie Glenn
IMDb評価:6.7/10

社会度 ★★★★
哲学度 ★★★
宗教度 ★★
官能度 なし
民族度 ★★★
ブラック度 ★★

脚本 ★★★★ 
演出 ★★★
演技 ★★★


kabuli kid1アフガニスタンの首都カブールでタクシー運転手をしているカレドは、赤ん坊を抱いたある女性を目的地まで乗せた。次に乗って来た客に、「赤ん坊は男の子かい?」と聞かれ、前の客が置き忘れたことに気がついた。来た道を戻り女性の行方を捜すが、手掛かりは青いブルカと足首のホクロだけ。その晩は赤ん坊を家へ連れて帰ることにした。翌朝、孤児院へ連れていくが、5歳以上しか預かれないだとか、父親でない証明書が必要だとかいった理由で預かってくれない…。

戦中女性たちはレイプされ、その赤ん坊は次々と捨てられ、孤児院も定員オーバーしているため、置き去りというケースが増えているという。本作は、25年もの間続いた戦後混沌期を背景としている。女性のほとんどは全身ブルカ着用のため個人が特定しにくい。仮に目撃情報があったとしても、母親探しは難航しているという皮肉なもの。

kabuli kid2赤ん坊の母親は見つかるのか、赤ん坊はどうなるのかというのが軸のストーリーとなっているが、興味深かったのは、コーラー瓶のエピソード。タクシー運転手カレドはコーラー瓶を代用し哺乳瓶として使っていた。ところが転がってしまい、ある浮浪者が拾いミルクだけを飲み干し瓶を捨てる。そして、ある少年がその瓶を拾い換金するといった一連のサイクル。人によっては不必要でも十分需要があり、赤ん坊の運命をも示唆しているようにも取れる。

車窓から見える町の風景も見逃せない。子供の物乞い、物売りが多く目につき、おそらく孤児だろう。ここでは描かれないが犯罪も多いことが容易に推測できるほど街の治安は良くない。運転手の何気ない笑い話もアルカイダの実態など戦争にまつわる話ばかり。ジョークで笑い飛ばしてしまうまで心の傷は癒えたということだろうか。いかに身近な出来事であったかが垣間見れる。

学生にはタダで乗車させ、ある乗客には運賃を割引してあげたり、人情味あふれる運転手。シリアスな題材でありながら、心が温かくなる作品。戦争を終え復興に向かう中で、人は個人レベルで何が出来るかを考えさせてくれた。

<観賞> 2012/5/25

[サイト内タグ検索] 日本未公開
スポンサーサイト

キャラメル <2007/レバノン> ★★★★★

caramel.jpg
Caramel/Sukkar banat
2007/95分/コメディ、ドラマ、ロマンス
監督/脚本/主演:ナディーン・ラバキー
言語:アラブア語、フランス語
受賞:
2007年 サン・セバスティアン国際映画祭にて、観客賞・ヤング賞・セバスティアン賞
2007年 ストックホルム国際映画祭にて、国際批評家連盟賞
2007年 トロント国際映画祭にて、GALA部門招待
2007年 カンヌ国際映画祭にて、監督週間(en:Directors' Fortnight)出品
2007年 ロンドン国際映画祭出品
2008年 東京国際映画祭にて、アジアの風部門出品
2008年 アカデミー賞外国語映画賞レバノン代表
IMDb評価:7.1/10

<あらすじ>
ベイルートにあるヘアエステサロンのオーナー、ラヤール(ナディーン・ラバキー)は、不倫中の恋人からの電話を待ち仕事もままならない。サロンで働くニスリン(ヤスミーン・アル=マスリー)もまた、婚約中の恋人に隠しごとをしている。このサロンに集まる女性たちそれぞれが、お互いの悩みを見て見ぬフリをしながら過ごしているが……。

<レビュー>
「結婚相手が初めてじゃないの」
結婚を控えた女性の泣きながらの発言に、この作品がアラブ映画であったことを思い出した。
そういえば、不倫相手と過ごすホテル探しにも悪戦苦闘していた。
既婚者であることを確認され、IDまで求められる。

不倫、結婚、家族の意義、同性愛・・・
宗教観はさほど強くなく、アラブ映画であることを忘れてしまうほど普遍的なテーマを扱っている。
舞台はレバノンの首都ベイルート。女性だけの空間であるヘアエステサロンでの出来事を綴っている。
キリスト教とイスラム文化が混じり合い、エキゾチックで不思議な空間。
ベイルートとは「東洋のパリ」とも言われているが、この作品は色彩の豊かさ、女性の繊細さを情熱的かつ官能的に描き出している。
日常の挨拶などはフランス語が使われ、登場する男性も紳士的。
生活習慣にもフランスの名残を感じさせる。
アラブ映画は大概が男性主体。国によっては女性は黒い服のみだったりもする。
かつてこんなアラブ映画があっただろうか?
あたかも「sex and the city」を観ているかのよう。

アラブ社会に生きる女性5人のストーリー。
主人公ラヤールの不倫話に気を取られがちだが、私が印象に残ったのは結婚ストーリー。
最もアラブ人らしい女性観を描いているからだ。
結婚相手が初めてではない彼女は、処女膜再生手術を行う。
処女性を重んじる諸国において、処女膜再生手術は珍しくない。そして、これを「刺繍」と呼ぶ。
劇中、何の手術かは明らかにされていないが、直後ミシンを縫うシーンを引用することにより、中絶ではなく再生手術だということが推測できる。

手術を受けるリスニンとミシンを縫う初老女性のローズ。
この2人の「縫う」ことに秘めた思いは心の葛藤を断ち切るかのよう。
タイトルの「キャラメル」。中東では脱毛に用いる。
女性として生きるには様々な傷みが伴うもの。
キャラメルで毛を絡め取る時の傷みはそんな女性の傷みの象徴でもあった。
「キャラメル」に込められた監督の真意、それは甘く、ほろ苦い女性の人生そのものだった。
caramel1.jpgcaramel3.jpgcaramel2.jpg
監督は中東各国でCMやMVを手掛けるナディーン・ラバキー。
本編は長編映画初監督であり、主演もこなしている。夫は音楽を担当。

「『キャラメル』は別の方法で戦争を生き抜く、そして戦争を終わらせる、戦争に対する仕返し」
と監督は語る。


[サイト内タグ検索] ナディーン・ラバキー監督
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。