スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年 第85回 米国アカデミー賞 外国語映画賞エントリー71作品

i-phoneは壊れるわ、試験勉強しなきゃいけないわ、1か月も映画観れてません。なんだか疎くなってしまった。
世界の映画祭を追っかけていないと、ノミネートリスト見てもピンとこない。
頭の整理をしつつ一か月ぶりのアップです。
個人的には観たいのも受賞して欲しいのもキム・ギドクだけど、本命はハネケあたりなんだろうな・・・

*国名:「タイトル」,監督名 ★:Koo評価
**太字:ノミネート作(to be updated)

Afghanistan:「The Patience Stone/سنگ صبور」,PersianAtiq Rahimi
Albania:「Pharmakon/Pharmakon」,Joni Shanaj
Algeria:「Zabana!/زبانة」,Saïd Ould Khelifa
Argentina:「Clandestine Childhood/Infancia clandestina」,Benjamín Ávila
Armenia:「If Only Everyone/Եթե բոլորը」,Nataliya Belyauskene
Australia:「Lore」,Cate Shortland
Austria:「Amour」,ミヒャエル・ハネケ/Michael Haneke
Azerbaijan:「Buta」,Ilgar Najaf
Bangladesh:「Pleasure Boy Komola/ঘেটুপুত্র কমলা」,Humayun Ahmed
Belgium:「Our Children/À perdre la raison」,Joachim Lafosse
Bosnia and Herzegovina:「Children of Sarajevo/Djeca」,Aida Begić
Brazil:「The Clown/O Palhaço」,Selton Mello
Bulgaria:「Sneakers/Кецове」,Valeri Yordanov
Cambodia:「Lost Loves/ឃ្លាតទៅសែនឆ្ងាយ」 ,Chhay Bora
Canada:「魔女と呼ばれた少女/War Witch/Rebelle」,キム・グエン/Kim Nguyen ★★★★☆
Chile:「No」,Pablo Larraín
China:「Caught in the Web/搜索」,チェン・カイコー/Chen Kaige
Colombia:「The Snitch Cartel/El Cartel de los Sapos」,Carlos Moreno
Croatia:「Cannibal Vegetarian/Ljudožder vegetarijanac」,Branko Schmidt
Czech Republic:「In the Shadow/Ve stínu」,David Ondříček
Denmark:「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮/A Royal Affair/En kongelig affære」,ニコライ・アーセル/Nikolaj Arcel
Dominican Republic:「Jaque Mate」,José María Cabral
Estonia:「Mushrooming/Seenelkäik」,Toomas Hussar
Finland:「Purge/Puhdistus」,Antti Jokinen
France:「最強のふたり/The Intouchables/Intouchables」,エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ/Olivier Nakache and Eric Toledano
Georgia:「Keep Smiling/გაიღიმეთ」,Rusudan Chkonia
Germany:「東ベルリンから来た女/Barbara」,クリスティアン・ペツォルト/Christian Petzold ★★★★
Greece:「Unfair World(Adikos kosmos/Άδικος Κόσμος),Filippos Tsitos
Greenland:「Inuk」,Mike Magidson
Hong Kong:「Life Without Principle/奪命金」,Johnnie To
Hungary:「Just the Wind/Csak a szél」,Benedek Fliegauf
Iceland:「The Deep/Djúpið」,Baltasar Kormákur
India:「Barfi!/बर्फी」,Anurag Basu
Indonesia:「The Dancer/Sang Penari」,Ifa Isfansyah
Israel:「Fill the Void/למלא את החלל」,Rama Burshtein
Italy:「塀の中のジュリアス・シーザー/Caesar Must Die/Cesare deve morire」,パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ/Paolo and Vittorio Taviani
Japan:「Our Homeland/かぞくのくに / Kazoku no kuni」,Yong-hi Yang
Kazakhstan:「Myn Bala: Warriors of the Steppe/Жаужүрек мың бала」,Akan Satayev
Kenya:「Nairobi Half Life」、David 'Tosh' Gitonga
Kyrgyzstan:「The Empty Home/Пустой дом],Nurbek Egen
Latvia:「Gulf Stream Under the Iceberg/Golfa straume zem ledus kalna」,Yevgeni Pashkevich
Lithuania:「Ramin」,Audrius Stonys
Macedonia:「The Third Half/Трето полувреме」,Darko Mitrevski
Malaysia:「Bunohan」、Dain Said
Mexico:「After Lucia/Después de Lucía」,Michel Franco
Morocco:「Death for Sale/موت للبيع」,Faouzi Bensaïdi
Netherlands:「Kauwboy」,Boudewijn Koole
Norway:「Kon-Tiki」,Joachim Rønning and Espen Sandberg
Palestinian territories:「When I Saw You/لما شفتك」,Annemarie Jacir
Peru:「The Bad Intentions/Las malas intenciones」,Rosario Garcia-Montero
Philippines:「Bwakaw」,Jun Lana
Poland:「80 Million/80 milionów」,Waldemar Krzystek
Portugal:「Blood of My Blood/Sangue do meu Sangue」,João Canijo
Romania:「Beyond the Hills/După dealur」,クリスティアン・ムンジウ/Cristian Mungiu
Russia:「White Tiger/Белый тигр」,Karen Shakhnazarov
Serbia:「When Day Breaks/Кад сване дан」,Goran Paskaljević
Singapore:「Already Famous/Already Famous」,Michelle Chong
Slovakia:「Made in Ash/Až do mesta Aš」, CzechIveta Grófová
Slovenia:「A Trip/Izlet」,Nejc Gazvoda ★★★
South Africa:「Little One/Umfaan」,Darrell Roodt
South Korea:「Pietà/피에타」,キム・ギドク/Kim Ki-duk ★★★★☆
Spain:「Blancanieves/Blancanieves」,Pablo Berger
Sweden:「The Hypnotist/Hypnotisören」,Lasse Hallström
Switzerland:「Sister/L'Enfant d'en haut」,ウルスラ・メイヤー/Ursula Meier★★★☆
Taiwan:「Touch of the Light/逆光飛翔」,Chang Jung-Chi
Thailand:「ヘッドショット/Headshot/ฝนตกขึ้นฟ้า」,ペンエーグ・ラッタナルアーン/Pen-Ek Ratanaruang
Turkey:「Where the Fire Burns/Ateşin Düştüğü Yer」,İsmail Güneş
Ukraine:「The Firecrosser/Той, хто пройшов крізь вогонь」,Mykhailo Illienko
Uruguay:「マリアの選択/The Delay/La Demora」,ロドリゴ・プラ/Rodrigo Plá
Venezuela:「Rock, Paper, Scissors/Piedra, papel o tijera」,Hernán Jabes
Vietnam:「The Scent of Burning Grass/Mùi cỏ cháy」,Nguyễn Hữu Mười

スポンサーサイト
[ 2012/11/15 23:08 ] ★映画関連★ 映画賞 | TB(0) | CM(0)

2012年 第65回カンヌ国際映画祭コンペ部門、ある視点部門 ノミネート・受賞作品

受賞結果を追記しました。(2012/5/28)

第65回カンヌ国際映画祭(5月19~27日)コンペティション部門、ある視点部門の出品作品が発表されました。
審査委員長は公式コンペ部門はナンニ・モレッティ、ある視点部門はティム・ロス。

前年度の作品が満足に観切っていないのに早くもカンヌの季節到来。
個人的に興味があるのはトマス・ヴィンターベア監督、ウルリッヒ・ザイドル監督、パブロ・トラペロ監督グザヴィエ・ドラン監督クリスティアン・ムンジウ監督あたり。

*「タイトル」監督名/国名 (★:Koo評価、満点5つ星)

【コンペティション部門】
「ムーンライズ・キングダム」ウェス・アンダーソン監督/米
「Rust & Bone」ジャック・オーディアール監督/仏=ベルギー
「Holly Motors」レオス・カラックス監督/仏=独
「Cosmopolis」デビッド・クローネンバーグ監督/仏=加=ポルトガル=伊
「The Paperboy」リー・ダニエルズ監督/米
「Killing Them Softly」アンドリュー・ドミニク監督/米
「Reality」マッテオ・ガローネ監督/伊=仏 グランプリ
「Amour」ミヒャエル・ハネケ監督/仏=オーストリア=独 パルムドール(最高賞)
「Lawless」ジョン・ヒルコート監督/米
「In Another Country」ホン・サンス監督/韓
「Taste of Money」イム・サンス監督/韓
「ライク・サムワン・イン・ラブ」アッバス・キアロスタミ監督/仏=日
「The Angel's Share」ケン・ローチ監督/英=仏=ベルギー=伊 審査員賞
「In the Fog」セルゲイ・ロスニツァ監督/独=オランダ=ベラルーシ=露=ラトヴィア 国際批評家連盟賞
「Beyond the Hills」クリスティアン・ムンジウ監督/ルーマニア=仏 女優賞コスミナ・ストラタン、クリスティーナ・フルトゥ、脚本賞
「After The Battle」ユスリ・ナスララ監督/エジプト=仏
「Mud」ジェフ・ニコルズ監督/米
「You Haven't Seen Anything Yet」アラン・レネ監督/仏=独
「Post Tenebras Lux」カルロス・レイガダス監督/メキシコ=仏=オランダ 監督賞
「On the Road」ウォルター・サレス監督/仏=英=米=ブラジル
Paradise: Loveウルリヒ・ザイドル監督/オーストリア=オランダ=露 ★★★★
「The Hunt」トマス・ヴィンターベア監督/デンマーク 男優賞マッツ・ミケルセン、芸術貢献賞、エキュメニカル審査員賞

【ある視点部門】
「Miss Lovely」アシム・アルワリア監督/印
「La Playa」ファン・アンドレス・アランゴ監督/コロンビア
「God's Horses」ナビル・アユチ監督/仏=モロッコ=ベルギー
「Trois Mondes」カトリーヌ・コルシニ監督/仏
「Antiviral」ブランドン・クローネンバーグ監督/加
「7 Days in Havana」ベニチオ・デル・トロ、パブロ・トラペロ、フリオ・メデム、エリア・スレイマン、ファン・カルロス・タビオ、ギャスパー・ノエ、ローラン・カンテ監督/西=仏
「Le Grand Soir」ブノワ・ドゥレピーヌ、ギュスタブ・ケルベル監督/仏=ベルギー 審査員特別賞
「Laurence Anyways」グザヴィエ・ドラン監督/加=仏 女優賞シュザンヌ・クレモン
「Despues De Lucia」ミシェル・プラティニ監督/メキシコ グランプリ
「Aimer A Perdre La Raison/Loving Without Reason」/ヨアヒム・ラフォーズ監督/ベルギー=ルクセンブルク=仏=スイス 女優賞エミリー・デュケンヌ 
「Student」ダルジャン・オミルバエフ監督/カザフスタン
「La Pirogue」ムサ・トウレ監督/仏=セネガル
「Elefante Blanco/White Elephant」パブロ・トラペロ監督/アルゼンチン=西=仏
「Confession of a Child of the Century」シルビィ・ベレイド監督/仏=独=英
「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」若松孝二監督/日
「Mystery」ロウ・イエ監督/中=仏
「Beasts of the Southern Wild」ベン・ザイトリン監督/米 カメラドール(新人監督賞)、エキュメニカル審査員特別賞、国際批評家連盟賞



[ 2012/05/28 12:04 ] ★映画関連★ 映画賞 | TB(0) | CM(2)

2011年 第24回ヨーロッパ映画賞 作品賞候補45作品、ノミネート・受賞作品

第24回ヨーロッパ映画賞のノミネーションが発表されました。(2011/11/5)
受賞結果が発表になりました。(2011/12/3)

★:Kooの相対評価(満点3つ星)

作品賞
「The Artist」ミシェル・アザナヴィシウス(Michel Hazanavicius)、フランス
「The Kid With A Bike(Le gamin au vélo)」ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、ベルギー=フランス=イタリア
未来を生きる君たちへ」スサンネ・ビア、デンマーク ★★☆
「英国王のスピーチ」トム・フーパー、UK
「Le Havre」アキ・カウリスマキ、フィンランド=フランス=ドイツ
メランコリア」ラース・フォース・トリアー、デンマーク=スウェーデン=フランス=ドイツ ★★★

監督賞
未来を生きる君たちへ」スサンネ・ビア/デンマーク ★★☆
「The Kid With A Bike」ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ/ベルギー=フランス=イタリア
「Le Havre」アキ・カウリスマキ/フィンランド=フランス=ドイツ
メランコリア」ラース・フォース・トリアー/デンマーク=スウェーデン=フランス=ドイツ ★★★
「二ーチェの馬(The Turin Horse)」タル・ベーラ/ハンガリー=フランス=スイス=ドイツ

男優賞
ジャン・デュダルジャン「The Artist」
コリン・ファース「英国王のスピーチ」
ミカエル・パーシュブラント「未来を生きる君たちへ
ミシェル・ピコリ 「We Have a Pope(Habemus Papam)」ナンニ・モレッティ監督/イタリア=フランス
アンドレ・ウィルム「Le Havre」

女優賞
キルステン・ダンスト「メランコリア」★★★
セシル・ド・フランス「The Kid with a Bike」
シャルロット・ゲンズブール 「メランコリア」★
Nadezhda Markina「Elena」アンドレイ・ズビャギンツェフ監督/ロシア
ティルダ・スウィントン「We Need to Talk About Kevin」リン・ラムジー監督/UK

脚本賞
ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ 「The Kid with a Bike」
アナス・トーマス・イェンセン未来を生きる君たちへ」★★
アキ・カウリスマキ 「Le Havre」
ラース・フォン・トリアー 「メランコリア」★★★

撮影賞
マヌエル・アルベルト・クラロ(Manuel Alberto Claro)「メランコリア」★★☆
フレッド・ケレメン(Fred Kelemen)「ニーチェの馬」
ギヨーム・シフマン(Guillaume Schiffman)「The Artist」
アダム・シコラ(Adam Sikora)「エッセンシャル・キリング」★★★

編集賞
タリク・アンウォー(Tariq Anwar)「英国王のスピーチ」
マティルド・ボンフォワ(Mathilde Bonnefoy)「Three」トム・ティクヴァ監督/ドイツ
モリー・マレーネ・ステンスガード(Molly Malene Stensgaard)「メランコリア

美術賞
パオラ・ピッツアリ(Paola Bizzarri)「We Have a Pope」
アンチョン・ゴメス(Antxón Gómez)「La Piel Que Habito(The Skin I Live In()」ペドロ・アルモドバル監督/西
イェッテ・レーマン(Jette Lehmann)「メランコリア

作曲家賞
ルドヴィック・ブールス(Ludovic Bource)「The Artist」
アレクサンドル・デプラ「英国王のスピーチ」
アルベルト・イグレシアス「The Skin I Live In」
ヴィーグ・ミハーイ(Mihály Vig)「ニーチェの馬」

ディスカバリー賞
「Adem (Oxygen)」Hans Van Nuffel監督/ベルギー=オランダ
「Atmen (Breathing)」Karl Markovics/オーストリア
「ミヒャエル(Michael)」マルクス・シュラインツァー(Markus Schleinzer)/オーストリア
Smukke Menesker (Nothing’s All Bad)」Mikkel Munch-Fals/デンマーク
「Tilva Ros」Nikola Ležaić/セルビア

********************************************************************************************************

第24回ヨーロッパ映画賞 作品賞候補45作品32ヶ国の45作品が発表されました。(2011/9/12)

対象は2010/7/1から2011/6/30までに劇場公開もしくは映画祭で公開された長編フィクション作品。
ただしドキュメンタリー作品は除外。

2011年11月05日 ノミネーション発表
2011年12月03日 授賞式@ベルリン

--------------------------------------------------------------------------------------

*「タイトル」監督名、国名 ★:Koo評価(満点5つ星)

「Almanya - Willkommen in Deutschland」Yasemin Samdereli、ドイツ=トルコ
「América」João Nuno Pinto、ポルトガル=スペイン=ブラジル=ロシア
「The Artist」ミシェル・アザナヴィシウス/Michel Hazanavicius、フランス
As If I am Not There」ファニタ・ウィルソン/Juanita Wilson、アイルランド=マケドニア共和国=スウェーデン ★★★☆
Attenberg」アティナ・ラシェル・ツァンガリ/Athina Rachel Tsangari、ギリシャ ★★☆
「Ave」Konstantin Bojanov、ブルガリア=フランス
「The Last Circus/Balada triste de trompeta」アレックス・デ・ラ・イグレシア/Álex de la Iglesia、スペイン
「White White World/Beli, beli svet」Oleg Novkovic、セルビア=ドイツ=スウェーデン
「Cirkus Columbia/Cirkus Columbia」ダニス・タノヴィッチ、ボスニア・ヘルツェゴビナ=仏=UK=独=スロベニア=ベルギー
「Silent Sonata/Circus Fantasticus」Janez Burger、スロベニア=アイルランド
「Three /3」Tom Tykwer、ドイツ
「Volcano/Eldfjall」Rúnar Rúnarsson、アイスランド=デンマーク
Elena」アンドレイ・ズビャギンツェフ/Andrey Zvyagintsev、ロシア ★★★
エッセンシャル・キリング」イエジー・スコリモフスキ、ポーランド=ノルウェー=アイルランド=ハンガリー ★★★★★
「The Kid With A Bike/Le gamin au vélo」ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、ベルギー=フランス=イタリア
「We Have a Pope/Habemus Papam」ナンニ・モレッティ/Nanni Moretti、イタリア=フランス
未来を生きる君たちへ」スサンネ・ビア、デンマーク ★★★★
「Stopped On Track/Halt auf freier Strecke」アンドレアス・ドレセン/Andreas Dresen、ドイツ
「Infiltration /Hitganvut Yehidim」Dover Kosashvili、イスラエル=フランス
「英国王のスピーチ」トム・フーパー、UK
「Le Havre」アキ・カウリスマキ Aki Kaurismäki、フィンランド=フランス=ドイツ
「Lidice」ペトル・ニコラエフ/Petr Nikolaev、チェコ
「Loverboy」カタリン・ミツレスク/Catalin Mitulescu、ルーマニア
「Mothers/Majki」ミルチョ・マンチェフスキー/Milcho Manchevski、マケドニア共和国
メランコリア」ラース・フォース・トリアー、デンマーク=スウェーデン=フランス=ドイツ ★★★★★
Neds」ピーター・ミュラン/Peter Mullan、UK ★★★
「We Believed/Noi credevamo」マリオ・マルトーネ/Mario Martone、イタリア=フランス
Oslo, August 31st」ヨアキム・トリアー/Joachim Trier、ノルウェイ ★★★★
「Silent Souls/Ovsyanki」Aleksei Fedorchenko、ロシア
「Black Bread/Pa negre」アグスティ・ヴィラロンガ/Agustí Villaronga、スペイン ★★★★
「The Little Room/La petite chambre」Stéphanie Chuat & Véronique Reymond、スイス=ルクセンブルク
Little Whilte Lies/Les petits mouchoirs」ギョーム・カネ/Guillaume Canet、フランス ★★☆
「The Skin I Live In/La piel que habito」ペドロ・アルモドバル/Pedro Almodóvar、スペイン
プレイ」ルーベン・エストルンド/Ruben Östlund、スウェーデン
「Surviving Life (Theory and Practice)/Prezít svuj zivot (teorie a praxe)」ヤン・シュヴァンクマイエル/Jan Švankmajer、チェコ=スロバキア
「Bullhead/Rundskop」Michaël R. Roskam、ベルギー=オランダ
Suicide Room/Sala samobójców」Jan Komasa、ポーランド ★★★★
Beyond/Svinalängorna」ペルニラ・アウグスト/Pernilla August、スウェーデン=デンマーク=フィンランド ★★★★
雨さえも~ボリビアの熱い一日~/Even The Rain」イシアル・ボリャン/Icíar Bollaín、西=仏=メキシコ ★★★★
「Tilva Ros」ニコラ・レジャイッチ/Nikola Ležaić、セルビア
「Tirza」ルドルフ・ヴァン・デン・ベルグ/Rudolf van den Berg、オランダ
「Tomboy」セリーヌ・シアマ/Céline Sciamma、フランス
「二ーチェの馬/The Turin Horse」タル・ベーラ/Bela Tarr、ハンガリー=フランス=スイス=ドイツ
「The Unintentional Kidnapping of Mrs. Elfriede Ott/Die unabsichtliche Entführung der Frau Elfriede Ott」アンドレアス・プロハスカ/Andreas Prochaska、オーストリア
少年は残酷な弓を射る」リン・ラムジー、UK ★★★★☆


[タグ未指定]
[ 2011/11/08 21:32 ] ★映画関連★ 映画賞 | TB(0) | CM(0)

2012年 第84回 米国アカデミー賞 外国語映画賞エントリー63作品

2011の作品も満足に観ていないのに、もうこんな時期。米国アカデミー賞2012 外国語映画賞エントリー作品が続々と発表されています。まだ未発表のロシアとグルジアは、発表後追記していきます。
ロシアはスクーロフ監督になるか、ズビャギンツェフ監督になるか気になる所。


個人的に関心が高く、いいところまで残りそうなのが、モロッコのロシュディ・ゼム監督、レバノンのナディーン・ラバキ監督、トルコのヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督、オーストリアのカール・マルコヴィクス監督あたり。
あとはハンガリーのタル・ベーラ監督、フィンランドのアキ・カウリスマキ監督、スペインのアウグスティ・ヴィラロンガ監督あたりがノミネートに残ると予測してます。 

*国名:タイトル,監督名 太字:ノミネート作(to be updated)、★:Koo評価

Albania: Falja e gjakut (The Forgiveness of Blood), Joshua Marston
Argentina: Aballay, el hombre sin miedo (Aballay), Fernando Spiner
Austria: Atmen (Breathing), Karl Markovics/カール・マルコヴィクス
Belgium: Rundskop (Bullhead), Michaël R. Roskam
Bosnia and Herzegovina: Belvedere, Ahmed Imamović
Brazil: Tropa de Elite 2, José Padilha
Bulgaria: Тилт Tilt, Viktor Chuchkov Jr.
Canada: Monsieur Lazhar, Philippe Falardeau
Chile: Violeta Se Fue a los Cielos (Violeta), Andrés Wood
China: 金陵十三釵 (The Flowers of War), Zhang Yimou
Colombia: Los Colores de la Montaña (The Colors of the Mountain), Carlos César Arbeláez
Croatia: Sedamdeset i dva dana (72 days), Danilo Serbedzija
Cuba: Habanastation, Ian Padrón
Czech Republic: Alois Nebel, Tomás Lunák (アニメ)
Denmark: SuperClásico, Ole Christian Madsen/オーレ・クリスチャン・マセン
Dominican Republic: La Hija Natural (Love Child), Leticia Tonos
Egypt: الشوق El-Shouq (Lust), Khaled El-Hagar
Estonia: Kirjad Inglile (Letters to Angel), Sulev Keedus
Finland: Le Havre, Aki Kaurismäki/アキ・カウリスマキ
France: La guerre est déclarée (Declaration of War), Valérie Donzelli
Georgia: Chantrapras, Otar Iosseliani
Germany: Pina, Wim Wenders/ヴィム・ヴェンダース
Greece: Attenberg, Athina Rachel Tsangari ★★☆
Hong Kong: 桃姐 Tao jie (A Simple Life), Ann Hui
Hungary: A Torinói ló (The Turin House)/トリノの馬, Béla Tarr/タル・ベーラ
Iceland: Eldfjall (Volcano), Rúnar Rúnarsson
India: ആദാമിന്റെ മകൻ അബു Adaminte Makan Abu (Abu, Son of Adam), Salim Ahamed
Indonesia: Di Bawah Lindungan Ka'bah (Under the Protection of Ka'Bah), Hanny R Saputra
Iran: Jodaeiye Nader az Simin (Nader and Simin, A Separation), Asghar Farhadi/アスガー・ファルハディー
Ireland: As If I Am Not There, Juanita Wilson ★★★☆
Israel: הערת שוליים (Footnote), Joseph Cedar
Italy: Terraferma, Emanuele Crialese
Japan: Postcard/一枚のハガキ, Kaneto Shindō/新藤兼人
Kazakhstan: Возвращение в "А" (Return to "A"), Egor Konchalovsky
Lebanon: وهلّأ لوين؟ Wo Hallah La Wen? (Where Do We Go Now?), Nadine Labaki/ナディーン・ラバキ
Lithuania: Kai Apkabinsiu Tave (Back in Your Arms), Kristijonas Vildžiūnas
Macedonia: Панкот не е мртов Pankot ne e mrtov (Punk's Not Dead), Vladimir Blazevski
Mexico: Miss Bala, Gerado Naranjo
Morocco: Omar m'a tuer (Omar Killed Me), Roschdy Zem/ロシュディ・ゼム
Netherlands: Sonny Boy, Maria Peters
New Zealand: O Le Tulafale (The Orator), Tusi Tamasese
Norway: Sykt lykkelig (Happy, Happy), Anne Sewitsky ★★
Peru: Octubre (October), Diego and Daniel Vega
Philippines: Ang Babae Sa Septic Tank (The Woman in the Septic Tank), Marlon Rivera
Poland: W ciemności (In Darkness), Agnieszka Holland/アニエスカ・ホランド
Portugal: José e Pilar (Jose and Pilar), Miguel Goncalves Mendes (ドキュメンタリー)
Romania: Morgen, Marian Crisan
Russia: Утомлённые солнцем 2: Цитадель Utomlyonnye Solntsem 2 (Burnt by the Sun 2: The Citadel), Nikita Mikhalkov
Serbia: Montevideo, bog te video (Montevideo, God Bless You!), Dragan Bjelogrlić
Singapore: Tatsumi, Erick Khoo
Slovakia: Cigán (Gypsy), Martin Šulík
Slovenia: Circus Fantasticus (Silent Sonata), Janez Burger (サイレント映画)
South Africa: Shookheid (Beauty), Oliver Hermanus
South Korea: 고지전/高地線 (The Front Line), Jang Hun/チャン・フン 途中挫折
Spain: Pa Negre (Black Bread), Agustí Villaronga/アウグスティ・ヴィラロンガ ★★★★
Sweden: Svinalängorna (Beyond), Pernilla August/ペルニラ・アウグスト
Switzerland: Giochi d'estate (Summer Games), Rolando Colla
Taiwan: 賽克.巴萊 Saideke Balai (Seediq Bale), Wei Te-Sheng
Thailand: คนโขน Kon Khon, Sarunyu Wongkrachang
Turkey: Bir Zamanlar Anadolu’da (Once Upon a Time in Anatolia), Nuri Bilge Ceylan/ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
United Kingdom: Patagonia, Marc Evans
Uruguay: La Casa Muda (The Silent House), Gustavo Hernández
Venezuela: El Rumor de las Piedras (The Rumble of the Stones), Alejandro Bellame
Vietnam: Khát vọng Thăng Long (Thang Long Aspiration), Lưu Trọng Ninh


[サイト内タグ検索] 日本未公開
[ 2011/10/03 10:58 ] ★映画関連★ 映画賞 | TB(1) | CM(0)

2011年 第25回スペインアカデミー賞(Goya Award)ノミネート・受賞作品

第25回ゴヤ賞(スペイン・アカデミー賞)の受賞結果が発表になりました。(2011/2/13)(★:Koo評価、満点3つ星)

作品賞
「Pa Negre(Black Bread)」 監督:アウグスティ・ヴィラロンガ ★★☆
「Balada triste de trompeta(A Sad Trumpet Ballad)」 監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア
「[リミット]」 監督:ロドリゴ・コルテス
También la lluvia(Even the Rain)」 監督:イシアル・ボリャン(Icíar Bollaín)  ★★★

監督賞
ロドリゴ・コルテス「[リミット]」
アウグスティ・ヴィラロンガ「Pa Negre(Black Bread)」
アレックス・デ・ラ・イグレシア「Balada triste de trompeta(A Sad Trumpet Ballad)」
イシアル・ボリャン「También la lluvia(Even the Rain)

主演男優賞
アントニオ・デ・ラ・トーレ(Antonio de la Torre)「Balada triste de trompeta(A Sad Trumpet Ballad)」
ライアン・レイノルズ「[リミット]」
ハヴィエル・バルデム「Biutiful ビューティフル」(監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ)  ★★★
ルイス・トサル(Luis Tosar)「También la lluvia(Even the Rain)」 ★★☆

主演女優賞
エレナ・アナヤ(Elena Anaya)「ローマ、愛の部屋/Room in Roma」(監督:フリオ・メデム)  ★★☆
Nola Navas「Pa Negre(Black Bread)」  ★★★
ベレン・ルエダ(Belén Rueda)「ロスト・アイズ/Julia's Eyes」(監督:ギリェム・モラレス/Guillem Morales)
Emma Suárez「La mosquitera(The Mosquito Net)」(監督:Agustí Vila)

助演男優賞
Alex Ángulo「El Gran Vázquez」(監督:Óscar Aibar)
セルジ・ロペス「Pa Negre(Black Bread)」 ★★
カラ・エレハルデ(Karra Elejalde)「También la lluvia(Even the Rain)」 ★★★
エドゥアルド・フェルナンデス(Eduard Fernández)「Biutiful ビューティフル」 ★★

助演女優賞
Ana Wagener「Biutiful ビューティフル」 ★★
テレレ・パベス(Terele Pávez)「Balada triste de trompeta(A Sad Trumpet Ballad)」
ピラール・ロペス・デ・アンジャラ(Pilar López de Ayala)「Lope」(監督:アンドルーシャ・ワディントン(Andrucha Waddington))
Laia Marull「Pa Negre(Black Bread)」 ★★★

新人監督賞
David Pinillos 「Bon appét」
Emilio Aragón 「Pájaros de papel(Paper Birds)」
Juana Macías 「Planes para mañana(Plans for Tomorrow)」
Jonás Trueba 「Todas las canciones hablan de mí」

新人男優賞
Juan Carlos Aduviri 「También la lluvia(Even the Rain)」 ★★
Francesc Colomer 「Pa Negre(Black Bread)」 ★★★
Manuel Camacho 「Entrelobos(Entre lobos)」(監督:Gerardo Olivares)
Oriol Vila 「Todas las canciones hablan de mí」(監督:Jonás Trueba)

新人女優賞
Carolina Bang 「Balada triste de trompeta(A Sad Trumpet Ballad)」
Natasha Yarovenko 「ローマ、愛の部屋/Room in Roma」 ★★
Marina Comas 「Pa Negre(Black Bread)」
Aura Garrido 「Planes para mañana(Plans for Tomorrow)」

オリジナル脚本賞
「Balada triste de trompeta(A Sad Trumpet Ballad)」 アレックス・デ・ラ・イグレシア
「[リミット] 」 クリス・スパーリング(Chris Sparling)
Biutiful ビューティフル」 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャ・リトゥ、Armando Bo、Nicolás Giacobone  ★★
También la lluvia(Even the Rain)」 ポール・ラヴァーティ  ★★☆

脚色賞
「Pa Negre(Black Bread)」 アウグスティ・ヴィラロンガ
ローマ、愛の部屋/Room in Roma」 フリオ・メデム
「Tres metros sobre el cielo」 ラモン・サラサール(Ramón Salazar)  (監督:Fernando González Molina)
「Elisa K」Jordi Cadena (監督:Jordi Cadena、Judith Colell)

撮影賞
Kiko de la Rica 「Balada triste de trompeta(A Sad Trumpet Ballad)」
ロドリゴ・プリエト(Rodrigo Prieto) 「Biutiful ビューティフル」 ★★
エドゥアルド・グラウ(Eduard Grau) 「[リミット]」
Antonio Riestra 「Pa Negre(Black Bread)」 ★★★

編集賞
アレハンドロ・ラツァロ(Alejandro Lázaro) 「Balada triste de trompeta(A Sad Trumpet Ballad)」
スティーヴン・ミリオン(Stephen Mirrione) 「Biutiful ビューティフル」 ★★
ロドリゴ・コルテス 「[リミット]」
Ángel Hernández Zoido 「También la lluvia(Even the Rain)」  ★★★



[タグ未指定]
[ 2011/06/09 16:12 ] ★映画関連★ 映画賞 | TB(0) | CM(0)

2010年 第23回ヨーロッパ映画賞ノミネート・受賞作品

時期はずれですが、自己満足用。。。
全作観てからアップ予定でしたが、いつになるかわからないので。

***********************

第23回ヨーロッパ映画賞の結果が発表された。(2010/12/4) (★:Koo評価、満点3つ星)

作品賞
蜂蜜/Bal」トルコ=独 (監督:セミ・カプランオール/Semih Kaplanolu) ★★★
神々と男たち」仏 (監督:グザヴィエ・ボーヴォワ) ★★
「ゴースト・ライター」仏=独=英 (監督:ロマン・ポランスキー)
レバノン」イスラエル=独=仏 (監督:サミュエル・マオス/Samuel Maoz) ★★
「瞳の奥の秘密」西=アルゼンチン (監督:ファン・ホセ・カンパネラ)
ソウル・キッチン」独 (監督:ファティ・アキン) ★★

監督賞
オリヴィエ・アサイヤス「Carlos」 仏=独
セミ・カプランオール「蜂蜜」★★★
サミュエル・マオス 「レバノン」 ★★
ロマン・ポランスキー 「ゴースト・ライター」
パオロ・ヴィルズィ(Paolo Virzi)「はじめての大切なもの/La Prima Cosa Bella」伊

男優賞
ヤコブ・セーダーグレン(Jakob Cedergren) 「光のほうへ/Submarino」デンマーク(監督:トマス・ヴィンターベア) ★★★
エリオ・ジェルマーノ「La Nostra Vita」伊 (監督:ダニエレ・ルケッティ)
ユアン・マクレガー「ゴースト・ライター」
George Pistereanu「If I Want to Whistle, I Whistle」ルーマニア(監督:フローリン・サーバン/Florin Serban) ★★★
ルイス・トサル「プリズン211」西=仏(監督:ダニエル・モンソン)

女優賞
ズリンカ・ツヴィテシッチ(Zrinka Cvite)「サラエボ、希望の街角/Na Putu」ボスニア=独=クロアチア(監督:ヤスミ・ジュバニッチ)
シベル・ケキリ「Die Fremde/When We Leave」独 (監督:Feo Aladag) ★★★
レスリー・マンヴィル「Another Year」英 (監督:マイク・リー)
シルヴィー・テステュー「Lourdes」オーストリア=仏=独 (監督:ジェシカ・ハウスナー) ★★
Lotte Verbeek「Nothing Personal」オランダ=アイルランド (監督:Urszula Antoniak)

脚本賞
ホルヘ・ゲリカエチェヴァリア(Jorge Guerricaechevarria) 、ダニエル・モンソン 「プリズン211」
ロバート・ハリス、ロマン・ポランスキー 「ゴースト・ライター
サミュエル・マオス 「レバノン」★★★
ラデュ・ミヘイレアニュ 「オーケストラ!」仏 (監督:ラデュ・ミヘイレアニュ)

撮影賞
Giora Bejach 「レバノン」★★☆
カロリーヌ・シャンプティエ 「神々と男たち」★★
Pavel Kostomarov 「夏の終止符/How I Ended this Summer」ロシア (監督:Alexei Popogrebsky) ★★★
Bari Oezbicer 「蜂蜜」★★★

編集賞
リュック・バルニエール(Luc Barnier) 、マリオン・モニエ(Marion Monnier) 「Carlos」
Arik Lahav-Leibovich 「レバノン」★★★
エルヴェ・デ・ルーズ(Herve de Luze) 「ゴースト・ライター」

ディカバリー賞
「重なりあう時/The Double Hour」伊 (監督:ジュゼッペ・カポトンディ)
If I Want to Whistle, I Whistle」ルーマニア ★★★
Die Fremde /When We Leave」独 ★★★
レバノン」イスラエル ★★
Nothing Personal」オランダ=アイルランド
[サイト内タグ検索] ロマン・ポランスキー監督
[ 2011/06/03 17:10 ] ★映画関連★ 映画賞 | TB(0) | CM(0)

2011年 第64回カンヌ国際映画祭コンペ部門、ある視点部門 ノミネート・受賞作品

第64回カンヌ国際映画祭(5月11~22日)コンペティション部門、ある視点部門の受賞結果が発表された。(5月22、23日)

キム・ギドク監督の復帰&受賞が何よりもうれしい。昨日の朝結果を知り、興奮がまだ冷めない。
そして、大好きなデンマークのニコラス・ウィンディング・レフン監督、トルコのヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督、ロシアのアンドレイ・ズビャギンツェフ監督の受賞。。。日本上映するかは疑問だが、待ち遠しい限り。
キルステン・ダンストの女優賞受賞も喜ばしい。
ラース・フォン・トリアー監督の発言、弁解、カンヌ追放騒ぎが気になる所だが、撮り続けてくれることを願いたい。
好き嫌いは別として、映画界には絶対必要な人材だとは思うから。

*「タイトル」監督名/国名 (★:Koo評価、満点5つ星)

【コンペティション部門】
Driveニコラス・ウィンディング・レフン監督/デンマーク 監督賞 ★★★★
「Footnote」ジョセフ・コーテス監督/イスラエル 脚本賞ジョセフ・シダー
「朱花の月」河瀬直美監督/日本
「一命」三池崇史監督/日本
「The Kid With A Bike」ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督/ベルギー グランプリ
「House of Tolerance」ベルトラン・ボネロ監督/フランス
「Le Havre」アキ・カウリスマキ監督/フィンランド 国際批評家連盟賞、エキュメリック賞次点
「Once Upon a Time in Anatolia」ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督/トルコ グランプリ
メランコリアラース・フォン・トリアー監督/デンマーク 女優賞キルステン・ダンスト ★★★★★
「Michael」マルクス・シュラインツアー監督/オーストリア
「Pater」アラン・カバリエ監督/フランス
「Polisse」マイウェン監督/フランス審査員賞
「The Skin I Live In」ペドロ・アルモドバル監督/スペイン
スリピングビューティー禁断の悦び」ジュリア・リー監督/オーストラリア★★★☆
「The Source」ラデュ・ミヘイレアニュ監督/ルーマニア
「This Must Be the Place」パオロ・ソレンティーノ監督/イタリア エキュメリック賞
「ツリー・オブ・ライフ」テレンス・マリック監督/アメリカ パルムドール賞(最高賞) ★★★★
「We Have a Pope」ナンニ・モレッティ監督/イタリア エキュメリック賞
少年は残酷な弓を射る」リン・ラムジー監督/イギリス ★★★★☆

【コンペ外上映作品】
「The Beaver」ジョディ・フォスター監督
「The Artist」ミシェル・アザナビシウス監督 男優賞ジャン・デュジャルダン
「The Conquest」グザビエ・ランジュ監督
「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉」ロブ・マーシャル監督

【ある視点部門】
「The Hunter」 Bakur Bakuradze/ロシア
「Halt auf freier Strecke」 アンドレアス・ドレーゼン/ドイツ ある視点賞(最高賞)
「Hors Satan」 ブリュノ・デュモン/フランス
「Martha Marcy May Marlene」 Sean Durkin/アメリカ
「Les Neiges du Kilimandjaro」 ロベール・ゲディギャン/フランス
「Skoonheid」 Oliver Hermanus/南アフリカ
「The Day He Arrives」 ホン・サンス/韓国
「Bonsái」 クリスチャン・ヒメネス/チリ
「Tatsumi」 エリック・クー/シンガポール
アリラン」 キム・ギドク/韓国 ある視点賞(最高賞) ★★★★★
「Et maintenant on va ou?/Where do we go now?」 ナディーン・ラバキー/フランス エキュメリック賞次点
「Loverboy」 カタリン・ミツレスク/ルーマニア
哀しき獣(原題:黄海)」 ナ・ホンジン/韓国 ★★★
Miss Bala」 Gerardo Naranjo/メキシコ ★★★★
「Trabalhar Cansa」 Juliana Rojas,Marco Dutra/ブラジル
「永遠の僕たち Restless」 ガス・ヴァン・サント/アメリカ
「L'Exercice de l'État/The Minister」 ピエール・ショレール/フランス 国際批評家連盟賞
「Toomelah」 Ivan Sen/オーストラリア
Oslo, 31. august」 Joachim Trier/ノルウェー ★★★★
Elena」アンドレイ・ズビャギンツェフ/ロシア 特別審査員賞 ★★★
「Au reoir」ムハマド・ラソウロフ 監督賞


[ 2011/05/23 16:20 ] ★映画関連★ 映画賞 | TB(0) | CM(2)

2011年 デンマークアカデミー賞(Robert Award)ノミネート・受賞作品

去年観た新作でのマイベストは「光のほうへ/Submarino」でした。
無事に日本公開(初夏予定)が決定し、スサンネ・ビア監督未来を生きる君たちへ/Hævnen」がアカデミー賞外国語作品賞を受賞し、にわかデンマーク映画ファンとしてはうれしい限り。

2011年アカデミー賞デンマーク代表最終候補3作品のデンマークアカデミー賞の結果は、
「R」(監督:Michael Noer、トビアス・リンホルム):8部門ノミネート、8部門受賞
光のほうへ/Submarino」(監督:トーマス・ヴィンターベア):15部門ノミネート、5部門受賞
未来を生きる君たちへ//Hævnen」(監督:スザンネ・ビア):7部門ノミネート、1部門受賞
であった。

トビアス・リンホルム初監督作品であるにもかわらず、「R」が圧勝という結果。「光のほうへ/Submarino」の脚本も手掛けた彼は脚本賞でダブルノミネートされている。今後が楽しみな監督/脚本家の1人となった。「R」はデンマークとスウェーデンでしか一般公開しておらず、DVDの発売はしていない様子。
どうにかして観る方法はないものか。

******************************************************************

2011年デンマーク・アカデミー賞(Robert Award)の結果が発表されました。(2月7日)(★:Koo評価、満点3つ星)

作品賞
Alting bliver godt igen(Everything will be Fine) 監督:Christoffer Boe
Broderskab(Brotherhood) 監督:Nicolo Donato ★★
R 監督:トビアス・リンホルム & Michael Noer
Sandheden om mænd(Truth About Men) 監督:Nikolaj Arcel ★★
光のほうへ/Submarino 監督:トマス・ヴィンターベア ★★★

監督賞
Nicolo Donato 「Broderskab(Brotherhood)
スサンネ・ビア 「未来を生きる君たちへ/Hævnen」★★
トビアス・リンホルム & Michael Noer 「R」
ニコライ・アーセル(Nikolaj Arcel) 「Sandheden om mænd(Truth About Men)」
トマス・ヴィンターベア 「光のほうへ/Submarino」★★★

主演男優賞
イェンス・アルビヌス 「Alting bliver godt igen(Everything will be Fine)」
ミカエル・パーシュブラント 「未来を生きる君たちへ//Hævnen」★★
ピルウ・アスベック (Pilou Asbæk) 「R」
ヤコブ・セーダーグレン 「光のほうへ/Submarino」★★★
マッツ・ミケルセン 「Valhalla Rising」(監督:ニコラス・ウィンディング・レフン)★★★

主演女優賞
Ellen Hillingsø 「Eksperimentet」(監督:Louise Friedberg)
Julie Borchorst Andersen 「Hold om mig(Hold Me Tight)」(監督:Kaspar Munk)
トリーネ・ディアホルム「未来を生きる君たちへ//Hævnen」★★
Anette Heick 「Olsen-Banden på de bonede gulve(Olsen Gang Gets Polished)」(監督:Jørgen Lerdam)
Mille Hoffmeyer Lehfeldt 「Smukke mennesker(Nothing's All Bad)」(監督:Mikkel Munch-Fals) ★★★

助演男優賞
デイヴィッド・デンシック 「Broderskab(Brotherhood)」★★
Amos Odhiambo 「Kidnappet(Lost in Africa)」(監督:Vibeke Muasya) ★★★
Kurt Ravn 「Smukke mennesker(Nothing's All Bad)」
Gustav Fischer Kjærulff 「光のほうへ/Submarino」★★
ペーター・プラウボー 「光のほうへ/Submarino」★★★


助演女優賞
Irene Kayeri 「Kidnappet(Lost in Africa)」  ★★★
Rosalinde Mynster  「Sandheden om mænd(Truth About Men)」★★★
ツヴァ・ノヴォトニー(Tuva Novotny) 「Sandheden om mænd(Truth About Men)」★★★
ボディル・ヨアンセン 「Smukke mennesker(Nothing's All Bad)」 ★★★
パトリシア・シューマン 「光のほうへ/Submarino」★★

最優秀児童映画/青少年映画賞
Kaspar Munk 「Hold om mig(Hold Me Tight)」
Charlotte Sachs Bostrup 「Karla og Jonas」
Vibeke Muasya 「Kidnappet(Lost in Africa)」 ★★★
Oliver Ussing 「Min bedste fjende(My Good Enemy)」 ★★★
Jørgen Lerdam 「Olsenbanden på de bonede gulve(Olsen Gang Gets Polished)」

脚本賞
アナス・トーマス・イェンセン(Anders Thomas Jensen)、スサンネ・ビア 「未来を生きる君たちへ//Hævnen」★★
トビアス・リンホルム、Michael Noer 「R」
Nikolaj Arcel、Rasmus Heisterberg 「Sandheden om mænd(Truth About Men)」★★
トビアス・リンホルム、トーマス・ヴィンターベア 「光のほうへ/Submarino」★★★
ニコラス・ウィンディング・レフン、Roy Jacobsen 「Valhalla Rising」★★★

撮影賞
マニュエル・アルベルト・クラロ(Manuel Alberto Claro) 「Alting bliver godt igen(Everything will be Fine)」
Magnus Nordenhof Jønk 「R」
Rasmus Videbæk 「Sandheden om mænd(Truth About Men)」★★
Charlotte Bruus Christensen 「光のほうへ/Submarino」★★★
モーテン・ソーボー(Morten Søborg) 「Valhalla Rising」★★★

編集賞
Peter Brandt 「Alting bliver godt igen(Everything will be Fine)」
Adam Nielsen 「R」
ミケル・E・G・ニールセン(Mikkel E.G. Nielsen)  「Sandheden om mænd(Truth About Men)」★★
Aldri Steinn、ヴァルディス・オスカードゥティル(Valdis Oskarsdottir) 「光のほうへ/Submarino」★★★
Mathew Newman 「Valhalla Rising

美術賞
Thomas Greve 「Alting bliver godt igen(Everything will be Fine)」
Thomas Bremer 「Sandheden om mænd(Truth About Men)」★★
Charlotte Bech 「Smukke mennesker(Nothing's All Bad)」★★
Torben Stig Nielsen 「光のほうへ/Submarino」★★
Laurel Wear 「Valhalla Rising」★★★

衣装賞
Manon Rasmussen 「Alting bliver godt igen(Everything will be Fine)」
Manon Rasmussen 「Sandheden om mænd(Truth About Men)」★★
Rikke Simonsen 「Smukke Mennesker(Nothing's All Bad)」★★
Margrethe Rasmussen 「光のほうへ/Submarino」★★
Gill Horn 「Valhalla Rising」★★★

メイキャップ賞
Charlotte Laustsen 「Alting bliver godt igen(Everything will be Fine)」
Bjørg Serup 「Broderskab(Brotherhood)」★
Charlotte Laustsen 「未来を生きる君たちへ//Hævnen」★
Bjørg Serup 「光のほうへ/Submarino」★
Niamh Morrison 「Valhalla Rising」★★★

特殊効果賞
Thomas Stender、Ernst Krogtoft、Emma Engberg 「Alting bliver godt igen(Everything will be Fine)」
Daniel Parker 、Hummer Højmark 「未来を生きる君たちへ//Hævnen
Morten Jacobsen、Thomas Foldager 「R」
Jepper Nygaard Christensen 「Sandheden om mænd(Truth About Men)」
Morten Jacobsen、Thomas Foldager 「Smukke mennesker(Nothing's All Bad

録音賞
Eddie Simonsen、Anne Jensen 「未来を生きる君たちへ/Hævnen
Morten Green 「R」
Claus Lynge、Hans Kristian Koch  「Sandheden om mænd(Truth About Men)
クリスチャン・エイネス・アンダーソン(Kristian Eidnes Andersen) 「光のほうへ/Submarino
Douglas Macdougall 「Valhalla Rising

音楽賞/作曲賞
シルベイン・シャーボウ(Sylvain Chauveau) 「Alting bliver godt igen(Everything will be Fine」
Simon Brenting、Jesper Mechlenburg 「Broderskab(Brotherhood)
Mikael Simpson 「Hold om mig(Hold Me Tight)」
Thomas Blachman 「光のほうへ/Submarino」★★★
Peter Peter、Peter Kyed 「Valhalla Rising

オリジナル歌曲賞
Claus Hempler、Jesper Mechlenburg、Simon Brenting、Nicolo Donato ‘Dust’- 「Broderskab(Brotherhood)
Mikael Simpson ‘Inden Du Falder I Søvn’-「Hold om mig(Hold Me Tight)」
Pernille Rosendahl、Kristian Leth、Fridolin Nordsø ‘Secret Life’-「Kidnappet(Lost in Africa)」
Rasmus Olsen Og Sandheden Band ‘Like A Leaf’-「Sandheden om mænd(Truth About Men)」
Agnes Obel ‘Riverside’-「光のほうへ/Submarino」★★★
初版:2011/3/5
最新版:2011/5/13


[ 2011/03/05 00:50 ] ★映画関連★ 映画賞 | TB(0) | CM(0)

イギリス映画トップ25 (1984-2009) by 英ガーディアン紙

日本人によるイギリス映画ランキングとなると、上流階級の話のほうが主流のような気がするけど、イギリス人によるイギリス映画ランキングとなると労働者階級の話が多くランクインしている。
どの雑誌でもこういう企画をやっている中で、割と私の感覚に近い結果を見つけたので、少々時期遅れではあるけれどアップすることにしました。これを参考に鑑賞可能作品は観ていきたいところだけど、イギリス英語が苦手な私にはまだまだハードルが高い。。。

2009/8/30英ガーディアン紙が、1984年以降にリリースされた最近25年間公開の「イギリス映画トップ25」を発表した。ランキングは、映画監督、脚本家、俳優、映画評論家、そして映画に詳しい作家やミュージシャンの総勢60名余りによって選ばれたトップ10を集計したものである。イギリス映画の定義は“イギリスを感じる(did the film feel British?)”ものとしたようである。(映画.comガーディアン紙公式ページより一部抜粋)

選者11人のTop10に興味のある方は続きをどうぞ。
私の好みに一番近いのがエドガー・ライト監督だということに驚きを隠せない。あまり好きではない監督なのだけれど、これからはもうちょっと意識してみようと思う。

25本は以下の通り。
※「作品名 邦題/原題」(監督名、製作年)、『』は日本未公開、未発売
 はKooのお気に入り。

1.「トレインスポッティング/Trainspotting」 (ダニー・ボイル/Danny Boyle、96)
2.「ウイズネイルと僕/Withnail and I 」 (ブルース・ロビンソン/Bruce Robinson、87)
3.「秘密と嘘/Secrets & Lies」 (マイク・リー/Mike Leigh、96)
4.「遠い声、静かな暮し/Distant Voices, Still Lives」 (テレンス・デイビス/Terence Davies 、88)
5.「マイ・ビューティフル・ランドレット/My Beautiful Laundrette」 (スティーブン・フリアーズ/Stephen Frears、85)
6.「ニル・バイ・マウス/Nil By Mouth」 (ゲイリー・オールドマン/Gary Oldman、97)
7.「セクシー・ビースト/Sexy Beast」 (ジョナサン・グレイザー/Jonathan Glazer、00)
8.「ボクと空と麦畑/Ratcatcher」 (リン・ラムジー/Lynne Ramsay、99)
9.「スラムドッグ$ミリオネア/Slumdog Millionaire」 (ダニー・ボイル/Danny Boyle、08)
10.「フォー・ウェディング/Four Weddings and a Funeral」 (マイク・ニューウェル/Mike Newell、94)
11.「運命を分けたザイル/Touching the Void」 (ケヴィン・マクドナルド/Kevin Macdonald、03)
12.「戦場の小さな天使たち/Hope & Glory」 (ジョン・ブアマン/John Boorman、87)
13.「コントロール/Control」 (アントン・コービン/Anton Corbijn、07)
14.「ネイキッド 快楽に満ちた苦痛/Naked」 (マイク・リー/Mike Leigh、93)
15.「アンダー・ザ・スキン/Under the Skin」 (カトリーヌ・アドラー/Carine Adler、97)
16.「Hunger」 (スティーブ・マックィーン/Steve McQueen、08))
17.「THIS IS ENGLAND」 (シェーン・メドウス/Shane Meadows、06)
18.「ショーン・オブ・ザ・デッド/Shaun of the Dead」 (エドガー・ライト/Edgar Wright、04)
19.『Dead Man's Shoes』 (シェーン・メドウス/Shane Meadows、04)
20.『Red Road』 (アンドレア・アーノルド/Andrea Arnold、04)
21.「リフ・ラフ/Riff-Raff」 (ケン・ローチ/Ken Loach、91)
22.「マン・オン・ワイヤー/Man on Wire」 (ジェームズ・マーシュ/James Marsh、08)
23.「マイ・サマー・オブ・ラブ/My Summer of Love」 (パヴェル・パブリコフスキー/Pawel Pawlikowski、04)
24.「24アワー・パーティ・ピープル/In This World」 (マイケル・ウィンターボトム/Michael Winterbottom、02)
25.「イングリッシュ・ペイシェント/The English Patient」 (アンソニー・ミンゲラ/Anthony Minghella、96)

[タグ未指定]

2011年 米国アカデミー賞 外国語映画賞エントリー65作品

今更ですが、米国アカデミー賞2011 外国語映画賞エントリー65作品が発表になっています。(10月13日)
いろいろな国の作品も観たいと思いつつもやっぱり偏ってしまう。特に馴染みのない国の作品はどれを観ていいかもわからないので、今年はアカデミー賞エントリー作品を参考にお気に入りを探そうと思っています。
ノミネートからは漏れてしまったとはいえ、良い作品がきっといっぱいあるはず。何本観れるかな???

*国名,タイトル,監督名 (太字:ノミネート作、★:Koo評価)

•Albania, “East, West, East,” Gjergj Xhuvani
Algeria/アルジェリア, “Hors la Loi” (“Outside the Law”), Rachid Bouchareb
•Argentina/アルゼンチン, “Carancho/カランチョ,” Pablo Trapero/パブロ・トラペロ ★★★★☆
•Austria, “La Pivellina,” Tizza Covi and Rainer Frimmel
•Azerbaijan, “The Precinct,” Ilgar Safat
•Bangladesh, “Third Person Singular Number,” Mostofa Sarwar Farooki
•Belgium, “Illegal,” Olivier Masset-Depasse ★★
•Bosnia and Herzegovina, “Circus Columbia,” ダニス・タノヴィッチ
•Brazil, “Lula, the Son of Brazil/ルラ、ブラジルの息子,” Fabio Barreto/ファビオ・バヘト
•Bulgaria/ブルガリア, “Eastern Plays/ソフィアの夜明け,”カメン・カレフ ★★★
Canada, “Incendies/灼熱の魂,” Denis Villeneuve/デニ・ヴィルヌーヴ ★★★★★
•Chile, “The Life of Fish,” Matias Bize
•China/中国, “Aftershock/唐山大地震,”フォン・シャオガン
•Colombia, “Crab Trap,” Oscar Ruiz Navia
•Costa Rica, “Of Love and Other Demons,” Hilda Hidalgo
•Croatia, “The Blacks,” Goran Devic and Zvonimir Juric
•Czech Republic, “Kawasaki’s Rose,” Jan Hrebejk
Denmark/デンマーク, “未来を生きる君たちへ,”Susanne Bier/スザンネ・ビア ★★★★
•Egypt, “Messages from the Sea,” Daoud Abdel Sayed
•Estonia/エストニア, “The Temptation of St. Tony/聖トニーの誘惑,” Veiko Ounpuu/ヴェイコ・オウンプー
•Ethiopia, “The Athlete,” Davey Frankel and Rasselas Lakew
•Finland, “Steam of Life,” Joonas Berghall and Mika Hotakainen
•France/フランス, “Of Gods and Men/神々と男たち,” グサヴィエ・ボーヴォワ ★★★
•Georgia, “Street Days,” Levan Koguashvili
•Germany, “When We Leave,” Feo Aladag ★★★★★
Greece/ギリシャ, “Dogtooth,” Yorgos Lanthimos/ヨルゴス・ランティモス ★★★★★
•Greenland, “Nuummioq,” Otto Rosing and Torben Bech
•Hong Kong, “Echoes of the Rainbow,” Alex Law
•Hungary, “Bibliotheque Pascal,” Szabolcs Hajdu
•Iceland/アイスランド, “Mamma Gogo,” Fridrik Thor Fridriksson/フリドリック・トール・フリドリクソン ★★★
•India, “Peepli [Live],” Anusha Rizvi
•Indonesia, “How Funny (Our Country Is),” Deddy Mizwar
•Iran, “Farewell Baghdad,” Mehdi Naderi
•Iraq, “Son of Babylon,” Mohamed Al-Daradji
•Israel, “The Human Resources Manager,” Eran Riklis
•Italy/イタリア, “La Prima Cosa Bella/はじめての大切なもの”, Paolo Virzi/パオロ・ヴィルズィ ★★
•Japan/日本, “Confessions/告白,”中島哲也
•Kazakhstan, “Strayed,” Akan Satayev ★★★
•Korea/韓国, “A Barefoot Dream/맨발의 꿈/裸足の夢,” Tae-kyun Kim(途中挫折)
•Kyrgyzstan, “The Light Thief,” Aktan Arym Kubat
•Latvia, “Hong Kong Confidential,” Maris Martinsons
•Macedonia, “Mothers,” Milcho Manchevski
Mexico/メキシコ, “Biutifulビューティフル,”アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ ★★☆
•Netherlands, “Tirza,” Rudolf van den Berg
•Nicaragua, “La Yuma,” Florence Jaugey
•Norway, “The Angel,” Margreth Olin
•Peru/ペルー, “Undertow”(“Contracorriente”)/波に流れて, Javier Fuentes-Leon/ハビエル・フエンテゥ・レオン ★★★★
•Philippines, “Noy,” Dondon S. Santos and Rodel Nacianceno
•Poland, “All That I Love,” Jacek Borcuch
•Portugal, “To Die Like a Man,” Joao Pedro Rodrigues
•Puerto Rico, “Miente” (“Lie”), Rafael Mercado
•Romania, “If I Want to Whistle, I Whistle,” Florin Serban ★★★★
•Russia, “The Edge,” Alexey Uchitel ★★
•Serbia, “Besa,” Srdjan Karanovic
•Slovakia, “Hranica” (“The Border”), Jaroslav Vojtek
•Slovenia, “9:06,” Igor Sterk
•South Africa, “Life, above All,” Oliver Schmitz/オリヴァー・シュミッツ ★★★★
•Spain, “Tambien la Lluvia” (“Even the Rain”), Iciar Bollain ★★★★
•Sweden, “Simple Simon,” Andreas Ohman
•Switzerland, “La Petite Chambre,” Stephanie Chuat and Veronique Reymond
•Taiwan/台湾, “Monga/モンガに散る,”Doze Niu/ニウ・チェンザー
•Thailand/タイ, “Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives/ブンミおじさん,” Apichatpong Weerasethakul/アピチャッポン・ウィーラセタクン
•Turkey/トルコ, “Bal/蜂蜜,”Semih Kaplanoglu/セミ・カプランオール ★★★★
•Uruguay, “La Vida Util,” Federico Veiroj
•Venezuela, “Hermano,” Marcel Rasquin

[サイト内タグ検索] 日本未公開
[ 2011/02/18 22:42 ] ★映画関連★ 映画賞 | TB(0) | CM(0)

2010年上半期 興行成績

작업기준일시 : 2010/07/01 06:00
順位タイトル영화명封切日入場観客数上映館数
1義兄弟의형제 2010/02/04 5,460,035 1546 
2田禹治전우치 2009/12/23 6,108,594
 (3,636,693)
1345 
3ハーモニー하모니 2010/01/28 3,044,073 1380 
4房子伝방자전 2010/06/03 2,713,702 1306 
5下女하녀 2010/05/13 2,289,174 1335 
6砲火の中へ포화속으로 2010/06/16 2,017,362 1230 
7雲から抜けた月のように구르믈 버서난 달처럼 2010/04/28 1,398,684 1268 
8六連発銃強盗団육혈포 강도단 2010/03/18 1,229,810 1201 
9容赦はない용서는 없다 2010/01/07 1,136,266 975 
10ベストセラー베스트셀러 2010/04/15 1,095,803 1138 
11平行理論평행이론 2010/02/18 929,498 821 
12アタック・ザ・ガス・ステーション2주유소 습격사건 2 2010/01/21 737,863 961 
13僕のやくざみたいな恋人내 깡패 같은 애인 2010/05/20 695,814 809 
14ありがたい殺人者반가운 살인자 2010/04/08 596,304 849 
15実家の母친정엄마 2010/04/22 475,930 934 
16食客:キムチ戦争식객: 김치전쟁 2010/01/28 466,821 860 
17大韓民国1%대한민국 1% 2010/05/05 441,599 661 
18시 2010/05/13 212,225 518 
19素足の夢맨발의 꿈 2010/06/24 186,263 613 
20パパは女のひとが好き아빠가 여자를 좋아해 2010/01/14 179,230 602 
21秘密愛비밀애 2010/03/25 168,340 623 
22無法者무법자 2010/03/18 162,671 433 
23回復회복 2010/01/14 160,301 178 
24ウェディングドレス웨딩드레스 2010/01/14 145,228 388 
25夢はかなう꿈은 이루어진다 2010/05/27 103,981 525 
26アマゾンの涙아마존의 눈물 2010/03/25 95,788 154 
27注文津주문진 2010/01/21 65,857 204 
28夏夏夏하하하 2010/05/06 53,123 52 
29暴風前夜폭풍전야 2010/04/01 52,409 288 
30小さな池작은 연못 2010/04/15 45,777 200 
[タグ未指定]

2009年 興行成績

작업기준일시 : 2009/08/24 10:00
順位タイトル영화명封切日入場観客数上映館数
1海雲台해운대 2009/07/22 11,397,097 1718 
2国家代表국가대표 2009/07/29 8,089,783 1724 
37級公務員7급 공무원  2009/04/22 4,078,316 1619 
4過速スキャンダル과속스캔들 2008/12/03 8,280,308 1377 
5霜花店쌍화점 2008/12/30 3,772,976 1351 
6亀走る거북이 달린다 2009/06/11 3,052,459 1459 
7母なる証明(原題:マザー)마더 2009/05/28 3,003,538 1535 
8牛の鈴音워낭소리 2009/01/15 2,952,579 607 
9グッドモーニング・プレジデント굿모닝 프레지던트 2009/10/22 2,572,008 1444 
10田禹治전우치 2009/12/23 2,469,504 1173 
11渇き박쥐 2009/04/30 2,223,429 1337 
12私の愛私のそばに내 사랑 내 곁에  2009/09/24 2,146,892 1322 
13エジャ애자 2009/09/09 1,922,833 1405 
14影殺人그림자 살인 2009/04/02 1,910,847 1203 
15チャウ차우 2009/07/15 1,791,708 1171 
16炎のように蝶のように불꽃처럼 나비처럼  2009/09/24 1,682,244 1298 
17残念な都市유감스러운 도시 2009/01/22 1,542,997 1058 
18作戦작전 2009/02/12 1,537,104 1308 
19チョンダム菩薩청담보살 2009/11/11 1,304,671 1213 
20キングコングを持ち上げる킹콩을 들다 2009/07/01 1,277,042 1205 
21仁寺洞スキャンダル인사동 스캔들 2009/04/29 1,201,271 1105 
22シークレット시크릿 2009/12/03 1,050,587 1072 
23白夜行백야행 2009/11/19 952,108 1011 
24マリンボーイ마린 보이 2009/02/05 834,018 913 
25キム氏漂流記김씨표류기 2009/05/14 732,611 914 
26悲しみよりもっと悲しい話슬픔보다 더 슬픈 이야기 2009/03/11 724,357 1079 
27女子高怪談5실종 2009/03/19 651,547 882 
28失踪여고괴담 5 2009/06/18 651,282 1087 
29携帯電話핸드폰 2009/02/19 629,962 958 
30ホン・ギルドンの末裔홍길동의 후예 2009/11/26 615,972 1092 
31イテウォン殺人事件 이태원 살인사건 2009/09/10 535,027 693 
32女優たち여배우들 2009/12/10 513,286 759 
33オガムド 오감도 2009/07/09 442,184 815 
341010억 2009/08/06 439,320 653 
35執行者집행자 2009/11/05 391,028 876 
36国家代表完結版국가대표 완결판-못 다한 이야기 2009/09/10 354,115 202 
37チョン・スンピル失踪事件정승필 실종사건 2009/10/08 323,158 682 
38きみに微笑む雨호우시절 2009/10/08 289,699 900 
39ヨガ学院요가학원 2009/08/20 270,830 687 
40不信地獄불신지옥 2009/08/12 250,280 534 
41うちにどうして来たの우리 집에 왜 왔니 2009/04/09 219,318 671 
42プサン부산 2009/10/15 161,367 496 
43ペントハウス象펜트하우스 코끼리  2009/11/05 142,775 604 
44キッチン키친 2009/02/05 142,668 393 
45パジュ파주 2009/10/28 133,687 481 
46息もできない똥파리 2009/04/16 122,995 132 
47救世主 2구세주 2 2009/02/26 118,550 536 
48私はカモメ나는 갈매기 2009/09/26 114,903 158 
49ガールフレンズ걸프렌즈 2009/12/17 103,430 439 
50바람 2009/11/26 102,099 282 
51天命소명 2009/04/02 95,810 108 
52天国の郵便配達人천국의 우편배달부 2009/11/12 93,404 199 
534時間目推理領域4교시 추리영역 2009/08/12 67,951 321 
54私の目に豆の殻내 눈에 콩깍지 2009/11/05 53,902 309 
55Kill Me킬 미 2009/11/05 51,613 356 
56よく知らないくせに잘 알지도 못하면서 2009/05/14 39,476 78 
571919-Nineteen 2009/11/12 31,918 123 
58飛翔비상 2009/12/03 29,265 289 
59昼間から呑む낮술 2009/02/05 25,290 49 
60お父さん  아부지 2009/07/15 24,260 99 
61甘いウソ달콤한거짓말 2008/12/17 485,761 156 
62飛べ、ペンギン날아라 펭귄  2009/09/24 21,680 126 
63今、このままがいいです 지금 이대로가 좋아요 2009/04/23 21,360 26 
64僕の彼女はサイボーグ싸이보그 그녀 2009/05/14 21,227 205 
65空と海 하늘과 바다 2009/10/28 18,417 339 
66旅行者여행자 2009/10/29 16,936 98 
67ハローマイ ラブ 헬로우 마이 러브 2009/10/08 10,844 71 
68ロマンチック・アイランド로맨틱 아일랜드 2008/12/24 152,506 126 
69ヒマラヤ~風がとどまる所~ 바람이 머무는 곳, 히말라야 2009/06/11 8,952 38 
70おいしいマン오이시맨 2009/02/19 8,926 34 
71北極の涙북극의 눈물 2009/10/15 8,711 89 
72兔とリザード토끼와 리저드  2009/10/22 8,386 127 
73木がない山나무없는 산 2009/08/27 8,006 57 
74バンドゥビ반두비 2009/06/25 7,806 32 
75私は幸せです나는 행복합니다  2009/11/26 7,242 73 
76容赦はない용서는 없다 2010/01/07 6,877 27 
77視線1318시선 1318 2009/06/11 5,988 18 
78時間の踊り 시간의 춤 2009/12/03 5,471 22 
79ごめんね、独島よ미안하다 독도야 2008/12/31 5,177 98 
80トライアングル트라이앵글 2009/11/19 3,592 92 
81黄金時代황금시대 2009/09/10 3,564 28 
82夜のゲーム 저녁의 게임 2009/10/29 3,476 20 
83友達の関係? 친구 사이? 2009/12/17 3,195 
84僕の心は負けてない 나의 마음은 지지 않았다 2009/02/26 2,906 15 
85海の方に、もう一歩바다쪽으로, 한 뼘 더 2009/05/21 2,569 14 
86水ください물 좀 주소 2009/06/04 2,455 12 
87ウエディングドレス웨딩드레스 2010/01/14 2,290 
88どのような訪問 어떤 방문 2009/11/12 2,229 16 
89おばあさんの花할매꽃 2009/03/19 2,305 18 
90ロニーを探して로니를 찾아서 2009/06/04 1,486 15 
913xFTM 3xFTM 2009/06/04 1,408 
92じゃがいもシンフォニー 감자심포니 2009/12/10 1,261 12 
93夜と昼밤과 낮 2008/02/28 12,342 
94好きで作った映画  좋아서 만든 영화 2009/12/17 1,084 10 
95略奪者たち약탈자들 2009/06/18 1,059 
96美人図미인도 2008/11/13 2,364,482 
97枯渇고갈 2009/09/03 1,018 
98生きるために-漁師として生きたい 살기위하여-어부로 살고싶다 2009/04/16 1,290 11 
99いい奴,悪い奴,変な奴좋은 놈, 나쁜 놈, 이상한 놈  2008/07/17 6,605,564 
100鴨緑江は流れる압록강은 흐른다 2009/06/04 797 
[タグ未指定]
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。