スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(未) 江北好人 <200?/中国> ★★★☆

江北好人
江北好人/The Good Man
200?/中国
ドラマ
監督:劉新(リウ・シン)
出演:夏雨(シア・ユイ)、候勇(ホウ・ヨン)、江珊(チャン・シャン)、苗圃(ミャオ・プー)、馬伊俐(マー・イーリー) 
IMDb評価:データーなし 

社会度 ★★
哲学度 ★★★
宗教度 なし
官能度 なし
民族度 ★★★

脚本 ★★★ 
演出 ★★★
演技 ★★★


江北好人1ある嵐の晩。小さな村に住む未亡人の小芸の息子が危篤状態に陥ってしまった。小芸は出産前に夫を亡くし、息子を病院へ連れていくお金もない。すると、村長が村人たちから寄付金を募り、トラクターで都市の病院へ連れて行ってくれることとなった。ところが、道中トラクターが故障し、立ち往生してしまう。偶然通りがかったタクシーが乗せてくれ、無事病院へ着いた。運転手は救急室まで付き添ってくれ、タクシー代を支払おうとするが、「子供の命のほうが大事だ」と結局受け取らなかった。いい人に恵まれ、小芸は感謝の気持ちでいっぱいだったが、病院の支払いをしようとすると、村長からもらった寄付金がないことに気がついた…。

監督は、劉新。
出演は、「わが家の犬は世界一 (2002)」「玲玲(リンリン)の電影日記 (2004)」のシア・ユイ。

江北好人2お金はきっとタクシーの中に置き忘れたのだと思い、運転手を探そうとするが、タクシー代を払っていないため領収書もない。看護師たちが市の全てのタクシー会社に片っ端から連絡するが運転手は見つからない。病院理事長が母親を気の毒に思い、テレビ局へ捜査を依頼することとした。本人が偶然テレビを見ており、病院を訪ねてきたがお金の入った袋は見ていないと言う。

ところが、タクシー運転手はお金が見つからないことに責任を感じ、まだ予定のない結婚資金にとコツコツと貯めていた貯金を下ろし、見つかったと嘘をつき母親に渡すのであった。

お金は一体どこへ消えたのか…ストーリーはミステリー調に進んでいくが、主旨となるのはお金の行方でもなければ、犯人探しでもない。
人情味溢れる感動ヒューマン映画。実話を基にしているという。失礼ながら、ご都合主義の中国において、こんな心温まる実話があるなんて。どうせ運転手が盗み、とっくに使い込んだのだろうと思ってしまった自分が恥ずかしい。本作に悪人はでてこない。オチもしっかり用意されており、全員がハッピーエンドをむかえる。たまにはこういう温まる映画も悪くはない。

<観賞> 2012/8/27

[サイト内タグ検索] 日本未公開
スポンサーサイト

ドリアンドリアン <1999/香港> ★★★★

DurianDurian.jpgドリアンドリアン
1999/115min/香港
ドラマ
監督/脚本:フルーツ・チャン(監督5作目)
出演:チン・ハイルー、マク・ワイファン、ウォン・ミン、ヤン・メイカム、マク・シュエウェン
IMDb評価:6.8/10

社会度 ★★★
哲学度 ★★
宗教度 なし
官能度 なし
民族度 ★★★
ゴア度 なし

脚本 ★★★ 
演出 ★★★
演技 ★★★★ 


中国大陸北部出身のイェンは、南方へ出稼ぎに行くと称して香港への就労ビザを取得し、歓楽街で体を売って稼いでいる。同じ路地では毎日幼い姉弟が皿洗いをする。彼らもまた、お金のために不法滞在する本土からの出稼ぎ労働者だ。ビザの期限が切れ、イェンは大金とともに故郷へ帰ってきた。体を売ってまで稼いだ金を何に使うべきか迷うイェンに、何も知らない従妹は一緒に南方へ行きたいとせがむ。そんな時、路地裏の少女ファンから思いがけない荷物が届く…。@goo映画

監督は、「ドリアン ドリアン」のフルーツ・チュン。

DurianDurian2.jpg自立資金のために短期ビザで香港へやって来たイェンであるが、小さな部屋で冷めたお弁当を食べ、体を売るだけの毎日。日に何度も浴びるシャワーのために手足の皮は剥けてしまっている。客に出身地を聞かれれば、その都度違う地名を答える。そんな彼女が心を許したのは路地裏で皿洗いをしている少女ファンだけだった。

ファンの誕生日に父親がなぜかドリアンを買ってきた。強烈な臭いを放つ得体の知れない物に家族は誰も手をつけない。それから、ファンはイェンのボディーガードがドリアンを投げつけられ、頭を怪我する瞬間を目撃する。そして、回復したボディーガードはファンの家からナイフを借り、ドリアンを割って食す。臭いと共に強烈な印象を植え付けられたドリアンはファンにとっては人生そのものとなっていった。そして旧正月、故郷へ帰ったイェンにドリアンを送るのであった。

DurianDurian1.jpg危険だとわかっていても様々な事情で人が集まってくる香港の路地裏。強烈な悪臭を放つが、一度食べたら病みつきになる人も多い果物の王様、ドリアン。人々を魅了するドリアンは香港にも似ている。ドリアンの魅力を香港雑踏に暮らす“お客の体を洗うイェン”と“皿を洗う少女ファン”の人生に投影させた作品。

雪が降り、ドリアンの存在を知らず、香港を南国のパラダイスだと思っている東北部の人たち。大金を持って故郷へ帰って来たイェンが香港でどんな仕事をしていたのか知らなければ、疑問に思う人もいない。返還後の香港は中国でありながら、大陸とは一線を画す。東北の人たちにとって香港は夢を抱いて向かう場所であった。しかし、香港はドリアンのようなもの。食べてみないと味はわからないし、好き嫌いが真っ二つに分かれるドリアンは、東北部の人たちは、トイレの臭いがするだの、地雷みたいだの、散々な言いようだった。香港もパラダイスに見えても、行ってみないとどんなところかわからない。

香港返還3部作では演技の経験のない素人を起用していたが、本作では、京劇学校出身で女優志望の学生を起用。前半では風俗で働く生活が、後半では田舎に帰った姿が描かれる。同じ人物とは思えないほど容姿は変貌している。

<観賞> 2012/8/19

[サイト内タグ検索] フルーツ・チャン監督

ロスト・イン・北京 <2007/中国> ★★★★

lost in beijing
蘋果/LOST IN BEIJING
2007/109min/中国
監督/脚本: リー・ユー(李玉)(監督2作目)
出演:ファン・ビンビン、レオン・カーフェイ、トン・ダーウェイ、エイレン・チン、ツアン・メイホイツ
IMDb評価:6.9/10

社会度 ★★
哲学度 ★★★
宗教度 なし
官能度 ★
民族度 ★★★
邦題センス ★★★★

脚本 ★★★ 
演出 ★★★
演技 ★★★


lost in beijing1北京に出稼ぎにきてマッサージ師として働くピングォには、窓拭きをしている夫アン・クンがいるが、既婚者は雇わないという店のため夫がいることを隠していた。ある日、友人と飲んで酔ったピングォは、店の社長室でオーナーと関係をもってしまい、ビルの窓拭きをしていた夫がその現場を目撃。そのことからピングォは結婚していることがばれて解雇されたうえ、しばらくして妊娠していることがわかり……。@映画.com

監督は、「ブッダ・マウンテン」のリー・ユー。本作が唯一のソフト化作品である。
出演は、ファン・ビンビン、「愛人/ラマン」のレオン・カーフェイ、「レッドクリフ」シリーズのトン・ダーウェイ、「ヤンヤン 夏の想い出」のエイレン・チン。

勤めるマッサージ店のオーナーに犯された人妻が妊娠したことから巻き起こる騒動を描いた作品。金が物をいうゆがんだ現代社会を克明に、かつブラックに皮肉っている。扇情性が高く、中国国内では上映が禁止(DVDは17分のカット)になった問題作でもある。私はノーカット版の香港版鑑賞し、どれだけすごいのかと思ったら、性的描写はほんのごく一部に過ぎない。しかも、映っているのは太ももやお腹、背中などで、オールヌードはない。ファン・ビンビンとレオン・カーフェイの強姦シーンが本国では問題になったと聞いていたが、着衣のままだった。しかも、自業自得であり強姦とは言い難いシーン。むしろ問題なのは、医師が賄賂をもらうシーンのほうだと思う。中国では扇情性ばかりに着目されてしまうのが残念であり、金への執着が引き起こした人間性の喪失を鋭く描いた社会派ドラマである。

lost in beijing2妊娠したことをネタに金をせびろうとする夫、後継ぎ欲しさに金で解決しようとするオーナー。格差社会における金の亡者であり、愚か者によって事態は信じ難い方向へ加速していく。金と男に翻弄される女の物語ともいえよう。でも、中国が舞台であるとなると、なんだかしっくりきてしまうのは偏見だろうか。後味の悪さもアイロニーが効いていてよかったと思う。妻が強姦されるところを、窓拭きの仕事をしていた旦那が偶然目撃したというのはあまりにも出来過ぎた偶然ではあるが、見応えのある内容だった。欲を言うと、 ピングォの心理をもう少し掘り下げて欲しかった。

<観賞> 2012/8/24

[サイト内タグ検索] レオン・カーフェイ

メイド・イン・ホンコン <1997/香港> ★★★☆

MadeinHongKong.jpg香港製造/メイド・イン・ホンコン
1997/108min/香港
犯罪、ドラマ、ロマンス
監督/脚本:フルーツ・チャン(監督2作品目)
出演:サム・リー、ネイ・キーイム 、ウェンバース・リー
IMDb評価:7.3/10

社会度 ★★★
哲学度 ★★★★
宗教度 なし
官能度 なし
民族度 ★★★★
ゴア度 ★★

脚本 ★★★★ 
演出 ★★★
演技 ★★★★★ 


MadeinHongKong2.jpg香港のダウンタウンに住む少年少女の姿をリアルに描き出した残酷で切ない青春映画。わずか5人のスタッフで始められた低予算映画ながら地元香港で大ヒットを記録した。1997年、中国返還を目前に控えた香港。母と二人で低所得者用アパートに住む少年チャウは、弟分のロンを引き連れ借金の取り立ての手伝いをしている。ある日、チャウは同じような境遇の少女ペンと出会い恋をする。が、彼女は重い腎臓病に冒されていた。やがて彼女の身を守るため、生まれて初めて銃を手にするが……。@allcinema

監督は、「ドリアン ドリアン」のフルーツ・チュン。
製作総指揮は香港を代表するスター・歌手のアンディ・ラウ。

MadeinHongKong1.jpg中卒でチンピラのチャウ、チャウが面倒を見ている知的障害者のロン、肝臓移植を待つ少女ペン…そして、遺書を残し投身自殺を図った女子高生サン。
ストーリーをリードするのは、イギリスの植民地化で恩恵を受けて育った“メイド・イン・ホンコン”な若者たち。チャウを見捨てた親やロンを利用した大人たちはイギリスの比喩だろう。共産党の中国への返還を目前とした若者たちの焦燥や失望、絶望。観終わった後、やりきれない気持ちだけ残った。本作は、香港返還三部作の1作目にあたり、「花火降る夏」「リトルチュン」と続く。

香港の雑踏のようにスピード感があり、エネルギッシュ。やや気分が悪くなることもあったが、若者のリアルさが感じられてよかった。主人公演じるサム・リーは、街中でスケボーをしているところを監督にスカウトされた素人だという。あてもなく今だけを生きているキャラクターだが、自由というよりもやり場のない怒りが滲み出ている。無鉄砲でありながら、どこか繊細な部分もあって、存在感大。等身大の若者という感じで見事なキャスティング。本作のデビュー後にスターダムにのし上がったのも納得。

<観賞> 2012/8/18

[サイト内タグ検索] フルーツ・チャン監督

美しい夜、残酷な朝 <2004/日=韓=香> ★(日)/★★★★(韓)/★★★★★(香)

美しい夜、残酷な朝美しい夜、残酷な朝
2004/125min/日本=韓国=香港
監督:三池崇史「box」、パク・チャヌク「cut」、フルーツ・チャン「dumplings」
出演:
「box」 長谷川京子、渡部篤郎
「cut」 イ・ビョンホン、カン・ヘジョン、イム・ウォニ
「dumplings」 ミリアム・ヨン、レオン・カーフェイ、バイ・リン
IMDb評価:7.1/10
社会度 ★(日)/★(韓)/★★(香)
哲学度 ★★/★★★/★★★★
宗教度 なし
官能度 なし/なし/★★
民族度 なし/★★/★★★★
ゴア度 ★/★★★★/★★★

脚本 ★★/★★★★/★★★★
演出 ★★/★★★★/★★★★
演技 ★/★★/★★★
 

美しい夜、残酷な朝1日本・韓国・香港の共同製作で手掛けられた異色オムニバス。3人の奇才監督がそれぞれ独自の世界観で、人間の愛憎や狂気、欲望を美しくもグロテスクに描く。
 「box」――謎多き女流小説家・鏡子には、かつて父親代わりの男、曳田の寵愛を一身に受けた双子の姉を焼死させたという秘密の過去があった。そして、その男の行方をいまも探し続けていた…。
「cut」――若くして成功を収めた映画監督リュ・ジホ。彼がある夜帰宅すると、見知らぬ男が妻を人質にしていた。そしてさらに、恐ろしい選択を強要される…。
「dumplings」――元女優のリー夫人は、夫との愛が冷めていく一方、永遠の美を追求していた。財力とコネを駆使し、やがて大陸からやってきた謎の女メイが作る美と若さの特製餃子にたどり着くが…。@allcinema

監督は、「着信アリ」の三池崇史、「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク、「メイド・イン・ホンコン」のフルーツ・チャン。

まず、ジャケットに文句を言いたい。発表当時は第一次韓流ブーム真っ只中であり、イ・ビョンホンファンを意識したがゆえなのであろう。いかにもイ・ビョンホンが主演であるかのようだが、本作はオムニバスであり、独立した3作が収録されている。長谷川京子との共演もない。

オムニバスの面白さは同一テーマで監督のカラーの違いを見比べることができる点でもあるが、全くアプローチの仕方が異なる3者3様の世界観が楽しめる。それぞれ雰囲気があり、カラーの違う映像美を比較するのも面白い。

2美しい夜、残酷な朝日本編「box」
“美しい夜、残酷な朝”というタイトルが一番しっくりくるのだが、他2作が強烈なゆえ、なおさらインパクトが薄い。映像は幻想的で美しいが、静寂すぎてあまりにも退屈。妖しげで悲壮感漂う割には、心理描写が弱く、オチも曖昧。恐怖も伝わってこなかった。

韓国編「cut」
イ・ビョンホン演じる主人公は映画監督。映画の撮影とは違い、「カット」がかからない復讐劇が始まる。子供を殺さなければ、ピアニストの妻の指を「カット」するという理不尽な犯人の要求に始まり、思わぬ方向へ行く展開のうまさにはうならされる。犯人役イム・ウォニのコミカルな演技も緩衝材になっていて面白い。スプラッターありでゴア度は高く、イ・ビョンホン目当てで観てしまうとその手の作品が苦手な人には耐えられないかもしれないが、チャヌク監督ファンの期待は裏切らない作品。長編だとくどくなりそうなので、オムニバスでちょうどいいのかも。

香港編「dumplings」
飽くなき欲望への風刺劇。90分の長編を先に観てしまったため、比較してしまうと物足りなさも感じるが、3作品の中で一番好きな作品。心理的に一番怖く、生々しい。しばらく餃子は自分の手作りしか食べられそうにない。
長編のレビューはこちら

<観賞> 2012/8/15

(未) 餃子 (英題:Dumplings) <2004/香港> ★★★★★

本作は日本未発表だが、終盤の展開とエンディングの異なる短編は、「美しい夜、残酷な朝(2004)」に収録されている。レンタルしてます。

dumplings.jpg 餃子/Dumplings
2004/91min/香港
ドラマ、ホラー
監督:フルーツ・チャン
撮影:クリストファー・ドイル
出演:ミリアム・ヨン、レオン・カーフェイ、バイ・リン
IMDb評価:6.8/10

社会度 ★★
哲学度 ★★★★
宗教度 なし
官能度 ★★
民族度 ★★★★
ゴア度 ★★★

脚本 ★★★★ 
演出 ★★★★
演技 ★★★


元女優のリー夫人は、ある情報を聞きつけ、ある団地の一室へやって来た。怪しげな部屋に住む謎の女性は、自分のほうがずっと年上だという。そして、キッチンへ行き、餃子を作り始めた。ここは餃子屋なのである。リー夫人は不安げな表情で餃子を食べながらも、それからも何度か訪れるようになった…。

監督は、「メイド・イン・ホンコン (1997)」「ドリアン ドリアン (2000)」「美しい夜、残酷な朝 (2004)」のフルーツ・チャン。
出演は、「私の胸の思い出(2006)」のミリアム・ヨン、「愛人/ラマン(1992)」のレオン・カーフェイ、「クロウ/飛翔伝説 (1994)」「アンナと王様 (1999)」「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (2004)」のバイ・リン。

dumplings2.jpg赤いパンツスタイルに赤い弁当箱を持った女性が税関を潜り抜けるシーンからスタートする。薄汚れた集合住宅に住むその謎の女性は、中国本土であるものを調達し、それを弁当箱に入れ、香港に持ち込んでいるのである。一番上の段にはハムエッグが入っており、税関で呼び止められチェックされても誰も不審には思わない。お目当てのものは下の段に入っており、それを使って作る餃子が世界で一番高く、美の秘訣だと巷で噂になり、リー夫人もその餃子を求めて訪ねてきたのであった。

見た目は食欲のそそる餃子。食した夫人がコリコリとした触感は何かと尋ねると、「骨よ。もう手足も耳も形成されているもの。」と答える。5~6カ月の赤ちゃんの肉が一番栄養があり、オスが貴重だというが、何の肉なのかは教えてくれない。60代なのに30代にしか見えない女性自身がいい広告塔。そんな人を見てしまったら、食材がどうであれ食べずにはいられない。毎回、違うメニューを出すから飽きずに食べ続けられ、5か月もすると見違えるほど若返ると言う。一方で、旦那は精力剤として孵化寸前のゆで卵を食べている。これもまたグロテスク。

dumplings3.jpg人間の飽くなき欲望、美を追求するあまり生み出す恐怖を独自の世界観で描いている。リー夫人の夫にはまだ20代の若い愛人がおり、もう一度夫を振り向かせたいという夫人の切ない女心が背景にある。夫婦で若さを追い求める姿は滑稽でもあり、金で全てが買えると思っている資本主義への痛烈な批判でもある。

グロテスクでありながら、妖艶。目の覚めるような色彩感覚。足元から撮られる独特なアングル。耳障りな機械音。香港の薄汚い集合住宅という異空間も意味深でさらなる恐怖を煽っている。道端での顔の無駄毛処理や、ベランダでの洗濯物など、香港らしい情景も現実味を増していてよかった。恐怖を煽る独特な映像だけでなく、ストーリーも風刺が効いててかなり面白かった。

中華包丁での大胆な調理法。餃子の皮まで手作りであり、かなり本格的。一流店に劣らないほど美しい水餃子や小籠包が振舞われる。熱さのあまり、落としてしまった水餃子は植木鉢の土に埋められた。肥料となり綺麗な花を咲かせるという。

一体、この女は何者なのか、餃子の中身は何なのか…「もしかしたら…いや、まさか!?」と頭の中がかき乱される展開。いろんなところに細かい伏線が張られ、かなり上質(人は悪趣味というのかもしれないが)なサスペンス形式で進んでいく。

dumplings1.jpg肉の正体、本作と短編の結末箇所は白字になっています。ご自身の判断で反転して読み進めてください。

肉の正体は、中絶で取り出した赤ん坊であり、中国本土の病院で調達していたのである。自身も元医師であり、部屋で中絶を行うこともあった。中国では、女の子を堕ろすことはあっても男の子は少ないため、貴重価値があがっていたのである

本作の結末は、夫の不倫相手が妊娠5か月だと聞き、中絶させ、食すというのに対し、短編では、夫人自身が妊娠し、自分で取り出し食くしてしまうという結末。いずれにしても、狂気に満ち、若さへの執着が強く感じられる結末になっている。短編と本作の大きな違いは、本作のほうで夫の不倫エピソードが一つ増え、比重が高くなっている点であり、抜け出せない欲望が渦巻いた展開になっている。
食材を刻むシーンがグロテスクなため、こういうタイプの映画が苦手な人にはキツイかもしれないが、私にはたまらない秀作だった。

<観賞> 2012/8/15


(未)(備忘録) One day <2010/台> ★★

oneday.jpg
有一天/One Day
2010/93min/台湾
ドラマ、ロマンス、SF
監督/脚本:候季然 (Chi-jan Hou)
出演:Bryan Shu-Hao Chang、Nikki Hsin-Ying Hsieh、Gwen Yao
IMDb評価:6.5/10

社会度 ★★
哲学度 ★★
宗教度 なし
官能度 なし
民族度 ★

脚本 ★★★ 
演出 ★★
演技 ★★


船の清掃員をしている女性は同じ男性の夢をよく見る。後ろ姿で顔は見えなかったが、同じ後ろ姿の男性を現実で見つけてしまった。追い駆け話をしてみると、彼も同じ夢を見ていたことが判明。夢の続きを2人で現実で築き上げていくといった話。(たぶん)

現実が夢だったらいいのにと思うこともあれば、夢が現実だったらいいのにと思うこともある。夢の続きがあるとしたら、覗いてみたいと思うこともある。本作は夢の断片が現実でつなぎあわされたようなふわふわとした感覚。どこまでが夢でどこからが現実なのか境目が曖昧なだけではなく、独特な詩的センスで不思議な作品。感性で観るタイプなので、観る人によって感じ方も解釈も異なるのでしょう。心で観る映画をあれこれ語るのは難しい。

<観賞> 2012/4

[サイト内タグ検索] 日本未公開

長江哀歌 <2006/中> ★★

locandina.jpg
監督/脚本:ジャ・ジャンクー
出演:チャオ・タオ、ハン・サンミン
IMDb評価:7.3/10

<あらすじ>
三峡ダム建設が進む街、奉節。山西省の炭鉱夫ハン・サンミンは、16年前に別れた妻子を捜してこの街にやってきた。しかし昔妻が住んでいた場所はすでに水に沈んでいた。サンミンは安宿に寝泊まりしながら、妻子の行方を捜すことにするが…。同じ頃、こちらも山西省からやってきた女、シェン・ホンが、三峡の工場に働きに出て2年間も音信不通の夫グォ・ビンを捜していた。夫はすでに工場にはいなかった。彼女は夫の友人ワン・トンミンを訪ねて協力を仰ぎ、一緒に夫を捜してもらうのだったが…。

<レビュー>
四川省奉節・長江の三峡を舞台に絶景の中で、ダムの建設によって変わりつつある風景を壮大に映し出す。
中国独特の水墨画のような世界に、廃墟へと姿を変えていく町、上半身裸の労働者が画面の大半を支配している。
そこへやってくる2人の主人公は疎遠になった家族を探しにやってきた。
交差しない2人の話が同時進行で進んでいく。

何年も疎遠だった上、ダム建設のために引っ越しを余儀なくされており、探すのに一苦労。
行方を人に聞いても、南に行ったとか北に行ったとか、不確かな情報のみで、不親切。
みな自分の生活で精一杯なのだろう。
少なくとも悪人ではないが、善人とはいえない。
原題は「三峽好人」三峡の善人という意味だ。
善人とはおそらく主人公2人のことなのだろうか?

煙草、酒、茶、糖の4部構成になっている。
どれも中国の生活には欠かせない物として、存在感を持たしている。

中国語は世界一美しい言語だなんて言われている。
おそらく、音の響きと映像美の共鳴が更なる美を織り成していると感じる人が多いのだろう。
しかし、中国語の響きが美しいどころか耳触りだと感じる私には、美を感じさせる要素は全くなかった。

ゆったりとした時間の流れの中、廃墟と化す街並み。
そこで暮らす厚かましく不親切な人々に違和感を感じたが、これが監督の意図する「Still Life」だったのだろうか。

<鑑賞> 英語字幕 2010/9/19
[タグ未指定]
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。