スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

247. ロマンスグレー <1963/韓> ★★★☆

romance.jpg
로맨스그레이 /Romance Gray
1963/124min/モノクロ/韓国
コメディー、ドラマ
監督:シン・サンオク
出演:キム・スンホ、チェ・ウニ、チョ・ミリョン、キム・ヒガプ、シン・ヨンギュン、ハン・ウンジン


ロマンス・グレーとはロマンティック・グレーの和製英語であるが、韓国でも使われていたようでタイトルにもなっている。中年から初老男性の白髪混じりの男性を指す。
ムン・ヨソン監督にて1979年に同内容でリメイクされている。(未見)


romance1.jpg



そんなロマンスグレーの大学教授と社長の2人にはそれぞれ若い愛人がいる。その愛人たちは友人同士で一緒に暮らしている。愛人が家に来る時は片方は外出するといった配慮をしながら、愛人生活を楽しんでいる。面白いことに、社長の息子は教授の愛人と大学の同級生であり、夫人同士も知り合いといった関係。複雑な人間関係が巧妙に活かされている。

自分の愛人は1人暮らしをしていると思っていた大学教授と社長。密会場所である愛人の部屋で、鉢合わせなんてことも。愛人宅に他の男がいたらいくら不倫とはいえ普通なら修羅場となるだろうが、まずは愛人に直接事情を聞こうとする男性の紳士的な姿勢には好感。男性至上主義であった当時、愛人女性と対等な立場で描かれるのは珍しいのでは。とはいえ、不倫発覚後、夫人が友人たち数十人を引き連れ、愛人宅に乗り込むシーンは圧巻。

この時代に運転手付き、洋館に住み、レストランで洋食を楽しむといった優雅な生活。家では信頼も厚く、良き父である2人の家での過ごし方や家族との良好な関係は現在の韓国のホームドラマに通ずる。浮気現場を写真に収める、夫人には出張だと嘘をついて愛人宅へ行くといった今もなお変わらない行為は、50年も前の作品とは思えないほど違和感なく楽しめる。今となっては不倫映画は多くあるが、当時としては破格的であっただろう。シン・サンオク監督のコメディーは初めて観るが、らしく皮肉たっぷりにコミカルに描いている。不倫問題なのに、誰かを責めるような描き方もしていない。

シン・サンオク監督、当時の妻チェ・ウニは後に、そしてキム・スンウは以前に北に拉致されたという経験をしている。波乱万丈であっただろう彼らの人生を想像すると、こうやってお気楽な映画にも出演していることをうれしく思う。

<鑑賞> KMDbにて 2011/5/1
スポンサーサイト

245. 烈女門 <1962/韓> ★★★★

retsujyo1.jpg
烈女門/bound by Chastity Rule/The Red Gate
1962/101min/モノクロ/韓国 
ドラマ
監督/製作:シン・サンオク
出演:チェ・ウニハン・ウンジン
IMDb評価:7.7/10

シン・サンオク監督の代表作で、これまでフィルムが失われたとされてきたが、台湾で発見されて復元されたものである。同時代のものであり、やはり復元されたキム・ギヨン監督「高麗葬」に比べ、画質はかなり綺麗だった。主演は監督の元妻チェ・ウニが演じている。現在85歳でご健在である。
シン・サンオク監督やイム・グォンテク監督作品でお馴染みのハン・ウンジンは姑役を演じている。こちらも92歳でご健在。

舞台は1920年。ハンはキム家の長男の嫁として嫁いできたが、夫は子を残すことなくこの世を後にしてしまった。姑は40年間烈女として家庭を守り、玄関先には家門の名誉である烈女門が立っている。ハンは長男の嫁として、烈女門に恥じない様に生きなければならなかった…。

retsujyo2.jpg“烈女”とは節操を堅く守り、気性が激しい女。信義を堅く守る女のことである。夫と死別しても貞節を守ることが美徳とされ、そういう女性を讃えて立てた門を“烈女門”といい、日本の鳥居のような形の門である。本作はそんな門に翻弄され犠牲となり献身した女性の話である。

病気の夫を助けるために包丁で自らの指を切り落とし、夫に血を飲ませた嫁ハン。指のない女性が後の伏線となっているが、この時代には珍しくないという台詞もある。夫のために肉血をも差し出す行為を“烈行”というそうだ。鑑賞後に少し調べたら、死んだ夫と一緒に生き埋めや子育てが終わった後に後追い自殺した女性も少なくなかったという。本作でも亡き夫と一緒に嫁も生き埋めにすべきだったなんて台詞もでてくる。妻がそこまで献身するほど夫が素晴らしかったことの証明でもあり、家門の名誉、繁栄とされている。一方で、姑の献身によって烈女門が表彰されているキム家に嫁いだハンにとっては、抑圧的で犠牲そのものであった。部屋には“女不事二夫”という掛け軸がかけてあった。「女は二度夫を持つことはない」という意味である。好きな男性ができたこと自体、罪だと考えるハンは、その掛け軸を戒めとして生きていかなければならなかった。

今もなお韓国では“烈女”を題材にする映画やドラマは多いが、本作ほど烈女を中心にした作品を私は観たことがない。時代の流れと共に、否定的な考えを持つ世代も出てくる。儒教ならではの因習における女性の存在価値を問う本作は、烈女門への意義すら唱えているようにも感じた。自己犠牲となった女性の悲痛な叫びでもあった。

<鑑賞> KMDbにて 英語字幕 2011/4/30

240. リターン <韓> ★★★

return.jpg
リターン 리턴/Return/Wild Awake
2007/113min/韓国
監督/脚本:イ・ギュマン(デビュー作)
出演:キム・ミョンミン「破壊された男」「私の愛、私のそばに」、ユ・ジュンサン「ハハハ」、キム・テウ、チョン・ユソク
IMDb評価:6.0/10


心臓病手術を受けている間,手術の苦痛をそのまま感じる「手術中覚醒」を体験した10歳のナ・サンウ。サンウは,深刻な苦痛の記憶で異常な行動を見せ,大人たちは,サンウの苦痛の記憶を封印する。
幼なじみのカン・ウックァンの突然な訪問以後,自分の周りの人々が疑問の死を迎えていることに気づいたエリート外科医リュ・ジェウ。彼は,さらに,一緒に仕事をする麻酔科医のチャン・ソクホと精神科専門医オ・チフンと摩擦まで生じ,分からない事件にまきこまれ,妻のヒジンまで突然の事故に遭遇する。
続いて起こる疑問の事件の中心に,25年前に「手術中覚醒」を体験したナ・サンウが関連していることに気づいたリュ・ジェウ。彼の存在を追えば追うほど,ジェウには思いがけない真実が近寄ってくる。
外科医リュ・ジェウ,精神科医オ・チフン,麻酔科医チャン・ソクホ,そして,カン・ウックァン。25年前に消えたナ・サンウは誰なのか。@innolife

return1.jpg“anesthesia awareness”と呼ばれる症状(アネセシア・ウェアネス、麻酔覚醒、術中覚醒などと呼ばれている)
を題材にした医療スリラー。
全身麻酔にも関わらず手術中に麻酔から覚めてしまい、“神経”“意識”“聴覚”が正常に戻ってしまってはいるが、身体は硬直しているので目を開けることもできない。そのため、医師たちは麻酔が切れていることに気がつかず手術はそのまま続けられ、患者は痛みに耐えなければならない。実際に医療現場で起きていることだという。
そして、“聴覚”も正常なので、術中の医師たちの生々しい会話までもが聞こえてしまう。
「痛い~やめて~」誰にも届かない患者の心の悲鳴が痛々しい。

私も麻酔が途中で切れてしまうので、他人事に思えず、ぞっとした。私の場合は、麻酔が効きにくい体質らしく、全身麻酔も部分麻酔も毎回途中で切れてしまいます。全身麻酔の時は、意識が朦朧(もうろう)としている中で、先生の「麻酔追加しますね~」という声だけが聞こえたことは記憶している。先生曰く、目をぱっちり開け動いたから気付いたという。もし目を開けなかったら、もし動かなかったら、と思うと恐ろしい。

return2.jpg本作は、術中覚醒が原因で幼い少年サンウが殺人鬼と化してしまうという内容である。月日は25年経ち、少年サンウは一体誰なのか。妻を殺そうとしているのは誰なのか。2つの話が同時進行で進み、どう繋がっていくのかに興味が湧くが、ジェウに関わる全ての人物が怪しいような描き方をしておりなかなか全体像が見えてこない。伏線があまりにも多く相当脚本に凝っていることがわかるが、終始攪乱させるような展開で、どんでん返しのどんでん返しに振り回され、少々負担を感じる。

<鑑賞> 2011/3/14
[サイト内タグ検索] キム・ミョンミン

223. 楽園 <2009/韓> ★★★

放送(tele)と映画(cinema)上映を兼ねた映像産業の新しいモデルを提示するという意味で命名された<テレシネマ7>プロジェクトにより制作された作品の第5作目

paradise.jpg
楽園 - パラダイス/낙원 - 파라다이스/Paradise
2009/110min/ドラマ
脚本:岡田惠和
監督:イ・ジャンス 
出演:チ・ジニキム・ハヌル、キム・ユジョン、チョン・スギョン、キム・ギバン

<あらすじ>
今まさに刑務所から出てきて,世の中の全てのものに馴染みが薄い女性ミギョン。歓迎してくれる家族も帰る家もない彼女は,訳もなく暖かい南の方へ行く列車に乗って,偶然に美しい島ハナ島の広告チラシを見るようになる。
日差しがいっぱいの庭園と鬱蒼とした木がある写真の上で<地上最後の楽園>という文句に視線を奪われた彼女。躊躇なくハナ島へ向かうが,目の前に広がったのは,<楽園>とはかけ離れた寂しい風景だけだ。
失望を捨て,イ・ユリという名前でハナ島の小学校給食室で仕事を始めたミギョン。そこで好意的で純粋な小学校教師イロと,見知らぬ男を家へ入れる母を恨みながら森の中にこもって暮らす子供ファラン,そしていつも同じ音楽を聞きながら悲しい思い出に浸る気難しい性格の女性アラムに会う。
刑務所に行かなければならなかった自分の過去と,驚くほど似たオランダと友だちになって,彼女の秘密を分かりながらも暖かく近寄ってくるイロに少しずつ心を開いていくミギョン。果たして彼女は,過去の傷を忘れて真のパラダイスを探せるだろうか。

<レビュー>
韓国特有の感情起伏がないのが残念。
出演者、監督は韓国人であるが、脚本が日本人。
コンセプトを考えると、韓流好きな日本人を意識している感じね。
韓国映画好き向きではない。

刑務所帰りで、行くあてのないミギョンは明るい未来を夢見、
「地上最後の楽園」という宣伝文句の地に降り立った。
しかし、ポスターで見た写真のような風景は一切なく、「楽園」とは程遠い寂しい島のように見える。

島には客はほとんど来ない。新しい住人の噂はすぐに広まる。
過去は伏せ、偽名まで使っても類は友を呼ぶようだ。
過去に囚われる人々が集まって来る。
そして、その人々を通じ、心境に変化をわたらすことになる。
人間愛や母性がテーマになってくるようだ。
「楽園」は心で感じる物。
罪を償った者に必要な物は母のように温かく包みこんでくれる愛。
「地上最後の楽園」はミギョンの過去をも包み込んでくれる愛に溢れていた。
子供ファランと、同僚女性アラムとの人間関係がとってもよかった。
主演はチ・ジニのようだが、あまり印象に残らず。

森が神秘的でいい味わいを出していた。花の種を風に乗せて蒔くシーンも幻想的で素敵。
花の種と共にこの地で芽を出し、心の楽園の中で幸せに暮らすことでしょう。

<テレシネマ7>プロジェクトとは、、、
日本の現役最高級作家7人が脚本を担当し,韓流を代表する韓国のドラマ監督が演出を担当した。
このプロジェクトで制作された作品は,次の7つ

顔と心と恋の関係
容貌と愛に対する誤解と錯覚で始まった二人の男女の絶え間ない笑い爆弾の中に同時代と呼吸するメッセージを表わした作品

<19-Nineteen>
殺人容疑者に指定された19歳の子供たちの逃走劇を通して,炸裂しそうな若い青春の断面を描き出した作品

<トライアングル>
財閥家未亡人と彼女を狙う詐欺師,そして正体不明の女のだまされてだます三角スキャンダル

<天国の郵便配達夫>
死んだ恋人を忘れることができない女と,亡くなった人々に手紙を伝える特別な男の14日間の愛を描いたファンタジー

<楽園>
地上最大の楽園という場所で会った傷ついた彼らの物語

<結婚式の後で>
大学同窓生の結婚式場に突然正体不明の娘が現れて展開する韓国版マンマミーア

<石ころの夢>
三流ギャグマンと両親失った子供の特別な同行を描いた感動ドラマ
[サイト内タグ検索] チ・ジニ キム・ハヌル

216. 私の愛,私のそばに <2009> ★★★

my love beside me
私の愛,私のそばに 내 사랑 내 곁에
2009/121分/ドラマ/12歳以上
脚本/監督: パク・チンピョ 
出演: ハ・ジウォンキム・ミョンミン、カン・シニル
受賞:
2009 第46回 大鐘賞映画祭/男優主演賞(キム・ミョンミン
2009 第30回 青龍映画賞 男優主演賞(キム・ミョンミン)/女優主演賞(ハ・ジウォン
2010 第46回 百想芸術大賞 映画部門 女子最優秀演技賞(ハ・ジウォン

<あらすじ>
身体が少しずつ麻痺していくルーゲリック病を抱えているチョンウは,唯一の血縁の母までが亡くなった日,幼い頃に同じ町内で育った葬儀指導師のチスと運命のように再会して恋に陥る。
1年後,結婚式を挙げた二人の新居は,まさに病院。チョンウは,スプーン一つさえ手に握れない境遇だが,いつもそばを守ってくれる妻チスがいて,どんな時よりも幸せで,誰よりも闘病意志が強い。
全身麻痺や植物人間状態の重い患者たちが集まった6人部屋病棟。似た痛みを持った病棟家族たちと,互いに励ましあって慰労されながら過ごす間,回復傾向を見せる患者や,手術の希望を探すようになった患者も,一人二人出てくる。
しかし,チョンウの状態はますます悪くなって,病気をクールに受け入れ,闘病意志を燃やしたチョンウも,日々変わって行く自分の身体を見守るのがますます怖くなる。そしてついに,避けたかった言語障害が始まってしまう。

<鑑賞> 字幕なし 2010/7/31
<レビュー>
チョンウ(キム・ミョンミン)のいる6人部屋の病室はみなルーゲリック病を抱えている。みな家族の手厚い介護に恵まれ、互いに助け合っている。それは、患者にとっても看病する側にとっても励みにもなるが時には酷でもある。同じ病気に苦しむ者の病状の悪化や死を目の当たりにするからだ。明日は我が身かもしれない。

感覚や意識は正常のまま身体の筋肉が麻痺していくルーゲリック病。衰えていく身体能力と向き合っていかなければならないことがどれだけ過酷なことか。チス(ハ・ジウォン)はチョンウの気持ちを理解するために、手足を縛り、不自由な環境でしばらく過ごしてみる。難病を描いた作品だが、催涙性を誘う韓流作品ではない。難病としっかり向かい合う家族たちの人生が描かれている。

ついに言語障害が始まってしまう。チスは悲しみを押し殺し、返事が返ってこないことはわかっていても、明るく話しかける。そんなチスに答えるチョンウの心の声が印象的。きっとチスの胸にも届いていることでしょう。

妻のチスは葬儀屋である。韓国は土葬や散骨が一般的だが、最近は火葬が増えつつあるらしい。
邦画「おくりびと」の英題は「Depature(出発)」だった。死後の世界に送り出す仕事をしている妻に介護されることは、死を目の前にする患者にとってはある意味一番幸せなことなのかもしれない。

キム・ミョンミンは病気の進行に合わせて20kg以上減量したとのこと。
同じく減量に挑んだアイルランド「Hunger」鑑賞後にこちらを観たので、残念ながらヴィジュアル的なインパクトは感じられなかった。
しかし、グォン・サンウが降板し、キム・ミョンミン出演で成功に思える。
グォン・サンウではこの役は演じ切れなかったでしょう。
[サイト内タグ検索] ハ・ジウォン キム・ミョンミン
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。