スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(未) Naked Harbor <2012/フィンランド> ★★★★

naked harbour
Vuosaari/Naked Harbor
2012/123min/フィンランド
ドラマ
監督/脚本:アク・ロウヒミエス
出演:ショーン・パートウィー、レナ・クールマー、エーメリ・ロウヒミエス、Amanda Pilke
IMDb評価:6.6/10

社会度 ★★
哲学度 ★★★
宗教度 なし
官能度 ★
民族度 ★★★

脚本 ★★★ 
演出 ★★
演技 ★★


naked harbour1学校でいじめられている少年とその母親、スターになることを夢見る少女とその父親、病気に苦しむシングルマザーとその娘、ダイエットがうまくいかない中年男性とその息子、妻とうまくいかず不倫に走る男・その妻と不倫相手の女性、犬が唯一の親友の小学生と母親、借金に苦しむ青年とその妻、アメリカから出張に来ていた男性、悩む8人の日常生活を平行して描き、特筆すべきあらすじはない。

監督は、「4月の涙」のアク・ロウヒミエス。
出演は、「ドッグ・ソルジャー(2002)」のショーン・パートウィー、エストニア出身のガールズバンド“バニラニンジャ”のレナ・クールマー、「4月の涙」のエーメリ・ロウヒミエス、「禁断の果実(2009)」のAmanda Pilke。

naked harbour.2jpg解決策を模索し、自力で抜け出そうとする姿を温かく描いた作品。カメラは彼らが置かれている状況にどう立ち向かうのかを一定距離でそっと見つめていく。ほぼ独立した8組のストーリーが頻繁に切り替わるが、不思議と混乱なく観られる。むしろ中盤からインパクトのある展開が続き、どれも見応えのある人間ドラマになっている。

何かが満たされず、性欲に走る大人たち。どれも突飛押しもない行動に思えるが、次第に共通している孤独が浮かびあがり、それぞれの悩みが見えてくる。彼らの悩みはダイエットやいじめ、病気、借金といったもの。全員が自殺でもしそうなほど追いつめられているように見えるが、もがき苦しみ、葛藤に悩む登場人物はどこにでもいるキャラクター。もしかしたら自分とぴったり当てはまるキャラクターもいるかもしれない。ストーリーも普遍的で、共感度も高い。

季節は冬。一面銀世界のヘルシンキを舞台としている。次第に季節は遅い春を迎え、地面が顔を出す。と同時に、明るく笑う8人。その笑顔はほんの少しだけ成長した証でもあった。温もりとほんの少しの勇気で前向きになれる姿が微笑ましい作品。

<観賞> 2012/6/11

[サイト内タグ検索] 日本未公開
スポンサーサイト

(未) Home of Dark Butterflies <2008/フィンランド> ★★★★

home_20110720152447.jpg
Tummien perhosten koti
2008/105min/フィンランド
ドラマ、ミステリー
監督:ドメ・カルコスキ「Lapland Odyssey
原作:Leena Lander
脚本:Marko Leino
出演:Niilo Syväoja、Tommi Korpela、Kristiina Halttu、カティ・オウティネンペルッティ・スヴェホルム
IMDb評価:6.9/10

ゴア度 ★
民族度 ★★
緊迫度 ★★★
哲学度 ★★★


dark2.jpg悲劇的な幼年時代を過ごしトラウマになっている少年ユハニは、両親への反発から問題ばかり起こしていた。手に負えない両親はユハニを離れ小島にある更生所に送ってしまう。ある日、経営難で運営を断ち切るという話が浮上し、少年7人は家へ帰されることを告げられるが、7人はここに残ることを希望する。家に戻るよりはここにいた方がずっとマシだからだ。そこで、少年たちは養蚕業を始め、運営資金を稼ごうと起ち上がる…。

監督はキプロス共和国出身で、5歳でフィンランドに移住した方。本作は長編2作目にして米アカデミー賞外国語映画部門フィンランド代表候補作品に選出されている。3作目「禁断の果実」はフィンランド映画祭で上映されている。

本作はホラーではないし、季節も夏なのに、とにかく暗く、身震いするような寒さ。ここ数カ月の間に観た作品では一番怖かったし、今まで観たフィン映画で一番面白かった。スウェーデンが得意とするような心理スリラーで、コメディーばかりを描いているドメ・カルコスキ監督にこんな隠れた才能があったことには驚き。隠れたプロットが多くありそうで、何度か観ないと理解できないような難解さがある。日を改めて再見し、加筆したいと思う。

dark1.jpgここは少年院ではなく、更生施設。少年たちは犯罪を犯しているわけではなく、ある程度自由が許されている。なぜここに送られてきたのかが徐々に明かされていくが、想像を超える陰惨な悲劇には言葉を失ってしまう。明かし方もじわりじわりと神経を逆立てするような描き方で背筋が凍ってしまった。少年たちの過去を知り、彼らの心理全てを見透かしたような施設長もまた不気味。カウリスマキ作品でお馴染みのカティ・オウティネンが演じる施設で働く手伝い人の存在にもゾッとさせられる。
幼少時代の出来事が及ぼす影響、集団心理の描き方は興味深く、考えさせられる。

タイトルに“バタフライ”があるが、蝶ではなく蚕蛾(カイコガ)のことを言っている。
カイコは家蚕(かさん)とも呼ばれ、家畜化された昆虫で、野生には生息しない。また、野生回帰能力を完全に失った唯一の家畜化動物として知られ、人間による管理なしでは生育することができない。そんな習性と少年たちをかぶせるようなストーリー展開が素晴らしい。

<鑑賞> 英語字幕 2011/7/18

(未) Sauna <2008/フィンランド> ★★★

sauna.jpg
Sauna
2008/83min/フィンランド
歴史、ホラー
監督:Antti-Jussi Annila(長編2作目)
脚本:Iiro Küttner
出演:Ville Virtanen、Tommi Eronen、Viktor Klimenko、カティ・オウティネン
IMDb評価:6.4/10


ゴア度 ★★
民族度 ★★★
緊迫度 ★★
哲学度 ★★★



sauna1.jpg1595年、ロシアとの戦争が終結し、ロシアとスウェーデンは共同で新たな国境を調査していた。ロシアからは戦時中に70人もの敵を殺したことが自慢のエリック、スウェーデンからはクヌート兄弟が参加し、共に北へ向かう。道中、ある村人を惨殺し、その娘を地下室に閉じ込めたまま一団はその村を去っていた。すると、行く先々で少女の亡霊らしきものを見かけ、罪の意識に苦しみ始める。そして、その後、辿りついた村は湿地帯に囲まれ、沼地にはサウナ小屋が佇んでいた。このサウナに入った者は全ての罪を洗い流すことができるという文書を発見した一団だが・・・。

映像に全く色がなくて薄暗く、殺伐と死重苦しい雰囲気はいかにも北欧ホラー。ゴア度は低めだが、湿った空気感と鮮血の対比が醸し出している雰囲気がいい。カウリスマキが苦手で、フィンランド映画全般に対して苦手意識を持ってしまっているが、ホラーは結構良作に出くわす率が高いので、最近、積極的に観ている。

sauna2.jpg本作はフィンランドの誇り“サウナ”がうまくストーリーを引っ張っている。“サウナ”とは…
湖のほとりにサウナ小屋を建て、今では主に憩いの場として使われるが、かつては結婚式前の新婦が身体を清め、出産する場、老人にとっては死期が近付くと向かう場であった。遺体を安置する場所として使う地域もあったとか。劇中では“サウナ”に対する説明は十分なされていないので、知っているかどうかで理解度が大きく分かれるであろう。生や死の表現として“サウナ”が使われ、神聖な場所といった意味合いが強い。日本でいうと神社のような感じだろうか。一団が最後に行き着いた村は、沼地にサウナが佇んでいた。その村は病人が死ぬこともなく、赤ん坊が産まれない村であった。本来の“サウナ”として機能していない事実がストーリーの鍵となってくる。

フィンランドの国宗はキリスト教ではあるが、一般的に結婚式と葬式以外に教会に通う習慣はなく、事実上、無神論者が多い。 成仏していない亡霊の登場の仕方も日本に通ずるものがあり、宗教観が近いような印象を受けた。テンポが遅いのに、複雑な展開に混乱するが、結末の衝撃のために我慢して観てよかったと思えた作品。

<鑑賞> 英語字幕 2011/9/14
[サイト内タグ検索] 日本未公開 カティ・オウティネン

ラップランド・オデッセイ <2010/フィンランド> ★★★

lapland.jpg
Napapiirin sankarit
2010/92min/フィンランド=アイスランド=スウェーデン
コメディー、ドラマ、ロマンス
監督:ドメ・カルコスキ(Dome Karukoski)
脚本:ペコ・ペソネン
出演:ユッシ・バタネン、ヤスペル・ペーッコネン、ティモ・ラビカイネン、パメラ・トラ
IMDb評価:7.0/10


ブラック度 ★★
映像美 ★★
普遍度 ★★★

「フィンランド映画祭2011」にて上映


監督はキプロス共和国出身でフィンランドに移住した方。本作は長編4作目。2作目の「The Home of Dark Butterflies」はアカデミー賞外国語映画フィンランド代表に選出され、3作目の「禁断の果実」はフィンランド映画祭で上映されている。

lapland2.jpgラップランド出身のヤンヌはイナリという彼女と同棲している。タイタニックをテレビで放送するから家で一緒に観る約束をしていたが、ヤンヌは男友達との約束を優先し、帰ってこなかった。むしろ、その代わりにDVDを入手したと誇らしげ。イナリはそんな彼に嫌気がさし、地デジボックスを明朝までに手に入れなかったら家を出ていくと言い出し、荷づくりを始めてしまう。ヤンヌはイナリのために地デジボックスを入手し、イナリを引き止めることはできるのか…。

東京なら電器屋は深夜までやってるし、入手はさほど困難ではないが、フィンランドは冬季は夜の営業が禁じられているため夕方には閉店になってしまう。この国では入手困難な地デジボックスを探し求めるドタバタコメディーである。いつもつるんでいる友人2人を引き連れ、車で200km先の叔父が電器店を経営しているロバニエミまで向かう道中の出来事を面白おかしく描いている。フィンランド発といえど、カウリスマキとは作風は全く異なり、シニカルな笑いではなく大爆笑させられるシーンも多い。

lapland1.jpg路肩にはトナカイがいて、夜空にはオーロラが普通に見えるロケーションは最高。外国人に聞き慣れない地名や電機メーカー名が理解できれば楽しさは増したであろう。HDMIケーブルを巡った喧嘩も配線を自分でやったことのあるような人なら結構面白い。

結局はイナリも地デジボックスなんてどうでもよかったはず。うだつの上がらない彼氏が自分のためにどこまで尽くしてくれるかを知るべく課題を課したのである。ヤンヌにはそんな女心がわかるわけでもなく、イナリがなぜ急にそんなワガママを言い出したのか訳を考えるわけでもなく、とにかくボックスを入手しさすれば全てが解決していると思っている暢気さそのものには失笑。女性から見た男性の愚かな部分をうまく捉えている。

<鑑賞> 英語字幕 2011/7/18
[サイト内タグ検索] 日本未公開 ドメ・カルコスキ監督

(未) Kid svensk <2007/フィンランド=スウェーデン> ★★★

kid.jpg
Kid Svensk/ Aavan meren tällä puolen
2007/90min/フィンランド=スウェーデン
監督/脚本:Nanna Huolman
出演:Miia Saarinen、Milka Ahlroth
IMDb評価:6.1/10

フィンランドは世界一偏差値の高い国である。以前はそうではなかった。うつ病により自殺者が多く(確か世界一位)、教育制度を見直したそうだ。特に語学教育には力を入れている。小学校で英語をマスターし、中学校で英語、高校では第3ヶ国語(多くがロシア語かドイツ語)を学ぶ。スウェーデン語を話せないフィンランド人に会ったことはない。本作はフィンランドからスウェーデンに移住した母娘の物語である。母エステアはスウェーデン語が話せない。時代背景は1980年代ということで、教育を強化する以前のようである。

夫の死で気力を失ってしまった母はスウェーデン語を学ぶ意欲もなく、地域に溶け込めないでいる。娘キルシはコンテストで優勝した際、コメントを求められるが答えられない母をもどかしく思っていた。12歳という多感な年ごろということもあり、母娘関係もギクシャクしていくのだ。夏休みの間、フィンランドに戻ることになり、幼馴染のエステアと息子ジャンペが迎えに来る。子ども同士も幼馴染であり、母よりも共に過ごす時間が徐々に増える。体の変化も見られ、性に興味を持ち始める年頃でもある。淡い恋心が芽生え始める。母娘の縺れは明らかにコミュニケーション不足だ。母は恋人がおり、自分がいない方がママは幸せなのではないか?と考え始めてしまう。しかし、それが引き起こす悲劇から二人の絆は強くなるのだ。
kid2.jpgkid1.jpg
監督自身の経験を基に作られた映画だとか。フィンランドを代表するアキ・カウリスマキ監督のような独特な手法ではなく、かなり観やすい作品だ。国籍によらず、誰しもが思春期に経験する普遍的な悩みを描いており、誰しもが共感できだろう。キルシのひと夏の経験。それはほろ苦く、大人への第一歩となった。

<鑑賞> 英語字幕 2010/10/13
[サイト内タグ検索] 日本未公開

マッチ工場の少女 <1990/フィンランド> ★★

Tulitikkutehtaan-tyttF6.jpg
Tulitikkutehtaan tyttö /The Match Factory Girl
1990/68min/フィンランド・スウェーデン
脚本/監督/編集:アキ・カウリスマキ
出演:カティ・オウティネン、エリナ・サロ、エスコ・ニッカリ、ヴェサ・ヴィエリッコ
IMDb評価:7.7/10

<あらすじ>
「虹」という名をもつイリスはマッチ工場で働く平凡な娘。両親とは工場や倉庫の続く場末の古ぼけたアパートに住んでいる。彼女はけっして幸福とはいえない。家に帰れば母親に家賃をせびられ、義父には売春婦と罵られる毎日。ある給料日、ショーウインドーに美しいドレスを見つけたイリスは衝動的にそれを買ってしまう。そして、意を決して出かけたディスコで見知らぬ男に声をかけられ、誘われるまま一夜を過すことになるが…。

<レビュー>
最低限の演出に台詞、無表情な顔、古臭い歌謡曲、独特な間から感情を読まなくてはいけないスタイルのカウリスマキ監督。初めて観た時は静止画を連続で観ているような感覚で好きになれなかったが、慣れてくると段々良さもわかってくるようになる。日本にファンが多いのもわからないでもない。

本作は特に台詞が少ない。冒頭でマッチ製造工程が延々と映し出される。マッチってこうやってできるんだ~なんて興味深く見入ってしまった。主人公イリスの同じことの繰り返しでつまらない人生を代弁しているかのように開始30分はテレビから流れる世界のニュースが唯一の台詞。その内の一つがなぜか天安門事件。意味があるのかないのか、不自然さもカリウスマキ監督らしい。

主役はお馴染みのカティ・オウティネン。眉ひとつでの演技は素晴らしい。眉の動きだけで心の内を表現できる女優さんはそうそういない。ダンスホールで男性に声をかけられず淋しそうな顔といったら。足元にはただただ増えていくジュースの空き瓶が更なる虚しさを表していて、演出の仕方もまさにマリウスマキ。

音楽が台詞の代わりにもなっている。「お前はブスだとみんなは言うけど、俺は構わない」なんて曲を聞きながらケーキを一人淋しく食べるシーンはなんか可笑しい。この作品のために作られた曲なのか、こういう曲を探してくるのか、ほんと不思議なセンス。

「敗者3部作」の最後に相応しいほどの敗者っぷりは救いようがないのに、どよんとしていない結末こそがカウリスマキ・マジックと呼ばれるものなのか?社会の片隅でほんのささやかな幸せを求めているだけなのに、それすらも得られない人々を観ていて、人生ってこんなもんだなって思わされた。

<鑑賞> 英語字幕 2010/9/25

過去のない男 <2002/フィンランド> ★☆

man without a apast
Mies vailla menneisyyttä/The Man Without a Past/過去のない男
2002/97min/フィンランド/コメディー、ドラマ
監督:アキ・カウリスマキ
出演:マルック・ペルトラ、カティ・オウティネン、ペルッティ・スヴェホルム
受賞:2002年カンヌ国際映画祭グランプリ、主演女優賞他18受賞
      オスカー他20ノミネート 
IMDb評価:7.6/10

「マッチ工場の少女」「浮き雲」のアキ・カウリスマキ監督が、過去のない男を主人公に描く再生と希望のドラマ。記憶を失った男が、周囲のユニークな人々との関わりを通して前向きに人生を歩んでいく姿を、現代社会への皮肉を効かせながらユーモアと哀愁を込めてオフビートに綴る。主演はマルック・ペルトラ。共演にカウリスマキ作品の常連カティ・オウティネン。。

<あらすじ>
 ある日列車に揺られ、夜のヘルシンキに流れ着いた一人の男。公演のベンチで夜明けを待っていた彼は突然暴漢に襲われ、瀕死の重傷を負う。男は病院で奇跡的に意識を取り戻すが、過去の記憶を全て失っていた。身分証もなく、自分の名前すらも分からない有様。しかし、幸運にもそんな彼にコンテナで暮らす一家が手を差し伸べ、男は彼らと共に穏やかな生活を送り始める。そして救世軍からスープが振る舞われる金曜日。男はコンテナの主人に連れられ支給場所へとやって来る。そこで男は救世軍の女性イルマと運命的な出会いを果たすのだった…。

<レビュー>
背後に注意していなかったために暴漢に殴られ記憶を失い、それ以後後ろを振り返らない主人公の生き方には皮肉的なユーモアがある。
冒頭とラストに使われている列車が止まることのない人生のよう。

無表情なのはフィンランド人の特徴だとは思うが、感情表現を極端に抑えた演技、独特な間があり、台詞のタメが、画面に注意をひきつける。
この独特なタッチが好きか嫌いかの分かれ目でもある。

前向きな主人公は、今の時代だからこそ強く感じる人生訓なのかもしれないが、私はこのとぼけた調子が苦手。
私には胸に迫るものがなかった。


カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。