スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(未) Daisy Diamond <2007/デンマーク> ★★★★

Daisy Diamond
Daisy Diamond
2007/94min/デンマーク
ドラマ
監督/脚本:Simon Staho
脚本:Peter Asmussen
出演:ノオミ・ラパストゥーレ・リントハート、Benedikte Hansen
IMDb評価:6.1/10

社会度 ★★★
哲学度 ★★★★
宗教度 ★★★
官能度 ★★★
民族度 ★★★
ゴア度 ★★★

脚本 ★★★ 
演出 ★★
演技 ★★★★ 


アンナが願うのはただ一つ。女優として花開くこと。夢かなえるべく、スウェーデンからデンマークへ移り住んだ。4ヶ月の赤ん坊を抱え、良い生活を求めるアンナだが、運命は思わぬ方向へ・・・。

出演は、ミレニアムシリーズのノオミ・ラパス、「誰がため(2008)」のトゥーレ・リントハート

幼い赤ん坊を抱えたシングルマザーの話である。オーディションを受け、プロデューサーからは演技がうまいと言われるが専門的に学んでいないことを理由に、役はもらえない。別のオーディションを受けるが、いくらデンマーク語が話せても、スウェーデン語のアクセントが強いと言われ、やはり役は回ってこない。久しぶりにもらえる役といえば、台詞のない役や体を張る役ばかり。生活はどんどん困難を極める。満足に食事をしていないアンナは次第におっぱいが出なくなり、やがてオムツも買えなくなり、とうとう赤ん坊をお風呂に沈めてしまう。

daisy-diamond1.png夜泣きに悩まされるシングルマザーの苦悩を描いた作品は星の数ほどあり、普遍的なテーマであるが、本作は本来だったら描かれないタブーサイドに展開していく。

犯罪映画ではなく、死亡事件の行く末は描かれない。あくまでも母親の苦悩に焦点を当てており、はっきり言ってかなり重い。拷問をみているかのような不快感があるが、一方で作った感はなくリアリティーに溢れている。
ただただ平凡な幸せを願うだけの母親の過ちが報われる時はくるのか?
もし自分ならどうしていたか?
シーンごとに考えさせられ、余韻を残す結末も印象的。

気軽に観れる内容でもなければ、観る人を選ぶ作品であり、全くヒットしなかった事実にも納得だが、ノオミ・ラパスのベスト演技を聞かれたら間違いなく本作を挙げる。おそらく本作が初主演ではないだろうか。しかもほとんどが一人舞台。ミレニアムシリーズで名を馳せた彼女だが、圧巻の演技を見せている。

関連記事
スポンサーサイト

キス・ミー <2011/スウェーデン> ★★

kyss-mig-poster.jpg
Kyss Mig/ Kiss Me
2011/105min/スウェーデン
ロマンス、ドラマ
監督/脚本:Alexandra-Therese Keining
脚本:Josefine Tengblad (story)
出演:ルース・ベガ・フェルナンデス Ruth Vega Fernandez, リヴ・ミヨネスLiv Mjönes, Krister Henriksson
IMDb評価:6.8/10

社会度 ★★
哲学度 なし
宗教度 なし
官能度 ★★★
民族度 ★★
ゴア度 なし

脚本 ★ 
演出 ★★
演技 ★★★ 

「第21回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」にて上映。

Miaのお父さんの60歳の誕生日パーティが開かれた。7年付き合っている彼氏Timとは婚約が決まり、パーティーで発表することにした。父は再婚したばかりで、あまり実家に帰らないMiaはそのパーティーで新しい家族と初めて会った。母親の娘Fridaともそのとき初めて出会った・・・。

再婚した二人は新しく姉妹になる二人が仲良くなることを願っていた。会ったばかりの二人は始めはぎこちなかったが、徐々に距離を縮めていくが、姉妹としてではなく、互いが恋愛対象として意識し始めてしまっていた。
Miaには婚約者、Fridaには同性の恋人がおり、二人とも浮気になってしまう。燃え上がる恋と同時に壊れる2組の関係を同時に映し出しているが、どうも表面的で中途半端。義理の姉妹が恋に落ちてしまう家族たちの戸惑いを描いているようだが、葛藤やエピソードがどれも弱く、インパクトに欠ける。結末まで読めてしまう大衆映画だった。

Kyss_Mig_17_C_pia.jpg2014/6/21
[タグ未指定]
関連記事

(未)重さ <2012/韓国> ★★★

the weight
Weight
2012/107min/韓国
ドラマ
監督/脚本:ジョン・キュファン
出演:チョ・ジェヒョン、パク・チア
IMDb評価:6.6/10


社会度 ★★
哲学度 ★★★
宗教度 ★★
官能度 ★(ヌードあり)
民族度 ★★
ゴア度 なし

脚本 ★★ 
演出 ★★★
演技 ★★★ 


the-weight1.jpg 主な舞台となるのは、地下にある死体安置所。主人公の働くところである。運ばれてきた遺体を拭いて、綺麗にお化粧をして、棺桶に入れ、新たな旅立ちに備えるのが彼の仕事である。一方、彼の弟は女性になることを願い女装をしているが、まだ性転換手術は受けていない。生と死の狭間で揺り動く兄と女性と男性の狭間で揺り動く弟を描く。

二人は孤児院出身であり、幼少時代に養子に出されている。その時のトラウマも含め、幼少時代のフラッシュバックを効果的に挿入している。何と言っても本作の特徴はアート的な映像美。安置所での仕事風景ですら、魅せられる。人間の欲望をも巧みに映像化している。

the-weight2.jpgタイトルは“重さ”。おそらく生や性の重さのことを言っているのであろう。重い題材でありながら、明るいタッチで描いたブラックコメディー。「おくりびと」と比較している海外の記事をいくつか目にしたが、主人公の職業が似通っているだけで、共通点は一切ない。本作は明確なストーリーどころか、人間の欲望・愛・孤独を抽象的に、しかしながらユーモラスに描いた作品である。

注目すべき点は、キム・ギドク作品でお馴染みだったチョ・ジェヒョン、パク・チアの二人を主演に迎えた点でもある。本作の作風はギドクというよりはフィンランドのカウリスマキに近いドライなブラックコメディーだが、全く異なった作品での二人の共演も興味深い。

2014/6/8
関連記事

野良犬たち <2014/韓国> ★★☆

Wild_Dogs_-_Korean_Movie-p1.jpg
Wild Dogs/ 野良犬たち
2014/99min/韓国
ドラマ
監督:ハ・ウォンジュン
出演:キム・ジョンフン、ミョン・ゲナム、チャ・ジヒョン、イ・ジェポ、キム・ソンギ

2014年8月23日公開予定

社会度 ★★
哲学度 ★★
宗教度 なし
官能度 なし
民族度 ★★★
ゴア度 ★★

脚本 ★★ 
演出 ★★
演技 ★★★ 

Wild-Dogs-2013-Movie-Image-650x432.jpg
「宮 Love in Palace」で知られる人気俳優キム・ジョンフン(John-Hoon)主演で、2012年に韓国で実際に起こった事件をモチーフに描かれた社会派サスペンス。自堕落な生活を送る三流記者のソ・ユジュンは、ある日、職場の先輩ヒョンテの妻で不倫相手のジョンインに別れを告げられる。先輩のヒョンテを殺してでも彼女を手に入れたいと考えたユジュンは、取材先にいるヒョンテを追いかけ、山奥にある「犯罪のない村」と言われるオソリを訪れるが、そこにいるはずのヒョンテの姿は見当たらない。その村には、病気の母娘が親切な村人たちの世話になりながら暮らしていたが、ユジュンは次第に村人たちの間に不穏な動きがあることに気が付く。@映画.com

不倫相手から別れを告げられ、納得のいかないユジュンは、不倫相手の旦那を殺しに、彼の取材先を訪れる。そこで起きたおぞましい出来事を描くだけの至ってシンプルなストーリライン。出演者は10人にも満たない。

舞台は人里離れた山奥の「犯罪のない村」。とはいえ、おぞましい殺人事件から始まる。犯人たちの顔はビニールシート越しで見えないが、村には“何か”があることを終始匂わす演出がなされており、本当の舞台は「犯罪のない村」ではなく、「犯罪が明るみにならない村」である。
よそ者であるユジュンを歓迎せず、記者であることを知ると過敏になる住人たち。“何か”を隠す住人たちの行動は緊迫感が漂うが、この手は韓国映画お得意のネタでもあり、展開は簡単に読めてしまうのが残念なところ。

元アイドルのキム・ジョンフンが演じた意外性と、シンプルながらもクライマックスに向け加速していく展開は十分楽しめたが、もうひとひねり欲しかったところでもある。

2014/6/15

[サイト内タグ検索] ミョン・ゲナム
関連記事

(未)Miss Violence <2013/ギリシャ>★★★★

miss-violence.jpg
Miss Violence
2013/98min/ギリシャ
ドラマ
監督/脚本:Alexandros Avranas
脚本/出演:Kostas Peroulis
出演:Constantinos Athanasiades, Chloe Bolota
IMDb評価:7.1/10

社会度 ★★★
哲学度 ★★
宗教度 なし
官能度 なし
民族度 ★★★★
ゴア度 ★

脚本 ★★★ 
演出 ★★★
演技 ★★★ 


miss_violence2.jpg
三女Angelikiの11歳の誕生日を家族で祝っていた最中、Angelikiは笑顔でベランダから飛び降りてしまった。警察は自殺とは別に、事件として捜査を始めていたが、家族はかたくなに事故だと言い張る・・・ 。

長女は唐突に「妊娠したの」と母親に伝えるが、母親はたいして関心を示さない。三女のAngelikiが亡くなったというのに、誰も動揺を見せない。その後、死について触れようとしない。


miss_violence1.jpg
なぜ11歳の娘が、しかも自分の誕生日にベランダから飛び降りたのか?を紐解いていくストーリーだが、一般的な警察による謎解きというよりは、家族の日常生活から観客に真相を読み取らせ、家族の実態を明らかにしていく展開。ドラマというよりは、観る者に恐怖を与えるホラー要素のほうが強い。抽象的でありながらも、台詞の一言一言がプロットになっており、頭によぎる、まさか?な展開を衝撃的に映像で見せていく挑戦的な作品。観る人を選ぶ作品であるが、またブログを始めたいと思える作品だった。不自然なほどに登場人物は限定されており、この一家だけに焦点が絞られている。極端に感情表現が乏しく、家族の絆が全く見られない。独特なカメラワークは家族の歪みを表現していたのかもしれない。

<鑑賞>2014/6/7
[サイト内タグ検索] 日本未公開
関連記事
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。