スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(未) As If I am Not There <アイルランド=マケドニア=スウェーデン> ★★★★☆

2015/2/25 再鑑賞による追記、星評価★★★☆→★★★★☆に変更

as if
As If I Am Not There
2010/109min/アイルランド=マケドニア=スウェーデン
ドラマ
監督:ファニタ・ウィルソン(Juanita Wilson)(長編監督デビュー作)
原作:Slavenka Drakulić
出演: Natasa Petrovic、Fedja Stukan、ステラン・スカルスガルド
受賞:第8回(2011)アイルランド・アカデミー賞 作品賞、監督賞、脚本
IMDb評価:7.3/10

第24回(2011)ヨーロッパ映画賞 作品賞候補 全45作品についてはこちら
第84回(2012)アカデミー賞 外国語映画賞アイルランド代表作品 全作品についてはこちら

衝撃度 ★★★★★
哲学度 ★★★★
社会度 ★★★


サミラはサラエボで学校教師として働いていたが、地方への赴任が決まった。引っ越しも済み、授業も始まった矢先、銃を持った男が部屋に突然乱入し、すぐ荷物をまとめろと言われる。村の住民たちは一斉にある場所へ集められ、男女別に分けられた。男性たちがその場を後にすると、すぐに銃声が響き渡り、女性たちは何が起こったのかを察する。そして、バスで別の場所へと連れて行かれた。老女たちは労働を虐げられ、若い女性たちは…。

監督はアイルランド人女性。監督デビュー作「The Door」は、アカデミー賞短編賞にノミネートされ、本作が2作目。長編ではデビュー作となる。
ストックホルム在住のクロアチア人作家 Slavenka Drakulićの体験記を原作としている。政治的な理由で、スウェーデンに亡命し、現在は数カ国に渡って新聞や雑誌にコラムを掲載している。
ステラン・スカルスガルド以外は国際的には無名な俳優ばかり。IMDbによると、大半が旧ユーゴスラビア出身のようである。戦争経験者であるかと思うと、感慨深いものがある。

as if2ユーゴスラビアから独立したボスニア・ヘルツェゴビナで1992年から1995年まで続いた内戦、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を背景とし、犠牲になった1人の女性の運命を体験記に基づいて描く。

冒頭、シャワーを浴びているサミラは出血している。そして、横たわるサミラに水のようなものを掛けられるシーン、そして、赤ん坊が映し出される。補足説明はなく、サラエボを去るサミラの姿に切り替わるが、それが何を意味するのか徐々に明かされていく。

サエラを含めた数人の若い女性たちは兵士たちの性の奴隷となった。身も心もボロボロになり、もはや身だしなみに気遣う女性は1人もいない。しかし、みすぼらしい姿を鏡で見て愕然としたサエラは急に化粧をし始める。安い女になりたくなかったのである。そして、キャプテン専属の愛人となるのであった。手荒な部下たちに弄ばれるよりずっとマシであった。時折、笑顔を見せるようになる。

ところが、キャプテンが老人を銃撃しているのを目撃してしまい、サミラは動揺を隠せない。銃で人を殺すのは自分の意思ではなく、上からの指示でやむを得ないというキャプテン。自分も男に服従しているサミラと同じ立場であると主張する。その日を境に、キャプテンはサミラを呼ばなくなった。心境の変化があったことは推測できるが、描かれてはいない。倫理的な観点から心理を深堀りして欲しかったと思う。

as if1女性なら誰しも怒りが込み上げてくる話である。女性監督でありながら、主観的になっておらず、淡々と進んでいく。一体何事が起こっているのか戸惑うシーンも多く、敢えて伏せた描き方をしているようでもあるが、全く飽きさせない作り。ショックのほうが大きいが、100分がもの凄く短く感じるほどハマってしまった。
終盤になると、おそらく意図的だとは思うが台詞の全くないシーンが続く。ドラマチックな描き方をしているが、映像から読み取るには説明不足であり、観る者に解釈を委ねるにしても曖昧すぎる点がいくつもある。
ご本人が今スウェーデンで幸せに生きてらっしゃることが結論と考えることもできるが、どうも釈然としない…


追記2015/2/25(核心に触れています。)
アラブ国へ旅行へ行く前にと再鑑賞。以前観た時は、勉強不足であったことを痛感した。
本作で描かれているのはボスニア紛争の、まさに民族浄化といられている出来事で、セルビア人によるムスリム人女性のレイプ事件を軸としている。冒頭でサミラは産まれたばかりの赤ん坊を見つめているが、その表情は複雑。なぜならサミラは複数男性にレイプされており、望まれた子供ではないからである。本などによると、こうして産まれた子供たちは捨てられ、やむなく施設で育てられるケースが多かったという。
作品の配分としては、ボスニア紛争での出来事に重きを置いているが、どんな状況下でも一人の人間として懸命に生き、諦めない姿には心打たれる。中絶が間に合わず、やむを得ず出産するが、捨てるか育てるかどうか女性としての葛藤も繊細に描かれている。自分がサミラの立場だったらどのような決断を下すだろうか。本作の決断は観客自身に委ねられている。

<鑑賞> 英語字幕 2011/10/28、2015/2/24
初版2011/11/4
追記2015/2/25

関連記事
スポンサーサイト

(未) I am yours <2013/ノルウェー> ★★

iamyours.jpg
Jeg er din/ I am yours
2013/100min/ノルウェー
ドラマ
監督/脚本:Iram Haq
出演:Amrita Acharia, オラ・ラパス, Prince Singh Armand Jordal
IMDb評価:6.1/10

社会度 ★
哲学度 ★
宗教度 なし
官能度 なし
民族度 ★
ゴア度 ★

脚本 ★
演出 ★
演技 ★★


iamyours1.png

Minaは6歳の息子をもつシングルマザー。女優を夢見、オーディションを受けるが、そう簡単に仕事が見つかるわけではない。元夫は既に家庭をもっており、新しいパートナーと幸せに暮らしている。6歳の息子は父親の所にも行き来している。
パキスタン系の家系であり、両親は同じくパキスタン系の男性との再婚を勧めるが、気が進まない。買い物に寄ったショップである男性に出会った。映画関係の仕事でオスロを訪れたという。


iamyours2.jpgパキスタン系ということもあり、厳格な家庭を背景にしている。露出の多い服で男性とキスをしている姿を知り合いに見られ、両親に勘当されても尚、行きずりの男性と夜を共にしてしまう日々。男への依存心が高く、関係が終われば、また別の相手を探す。両親への反発なのか、あまりにも自由奔放。母親としての自覚にも欠けている。余計なお世話だが、どうやって生計を立てているのか、シングルマザーとしての苦悩は見えない。現実逃避しているだけの愛情に飢えたシングルマザーを通して、何を伝えたかったのか・・・。

本作を観ながら、真っ先にナオミ・ラパス主演「Daisy Diamond」を思い出した。両作とも北欧作品であり、女優を夢見るシングルマザーを描いている共通点があるが、完成度の違いは言うまでもない。本作は、偶然にもナオミ・ラパスの元夫オラ・ラパスが出演している。

2015/2/8
[サイト内タグ検索] 日本未公開
関連記事

(未) The Abandoned <2010/ボス=クロ=仏> ★★☆

Ostavljeni.jpg
Ostavljeni/ The Abandoned
2010/85min/ボスニア・ヘルツェゴビナ=クロアチア=仏
ドラマ
監督:Adis Bakrac
脚本:Zlatko Topcic
出演:Tony Grga, Mirsad Tuka, Mira Furlan
IMDb評価:6.6/10


社会度 ★★
哲学度 ★★
宗教度 なし
官能度 なし
民族度 ★★★
ゴア度 なし

脚本 ★★ 
演出 ★★
演技 ★★★


ostavljeni1Alenは孤児院で育てられている。両親はジャーナリストであり、父親はイギリス、母親はパリ在住。仕事で世界を飛び回っており、子育てができないからだと聞かされている。いつか母に会いにパリへ行くことを夢見、母に何度も手紙を書いているが、一度も返事がないことに疑問を抱くようになる。所長に尋ねても、出生のことは教えてくれない。孤児たちに盗みをさせ、荒金を稼いでいる近所の店主に書類を入手してもらうと、産みの母は国内に暮らしているという・・・。

孤児院でAlenはみんなからハーフだとからかわれていた。ムスリム人とセルビア人のハーフだからだ。しかしながら、本人はおろか、子供たちにはハーフの意味はわかっていない。

ostavljeni2.jpgボスニア戦争において、セルビア人男性はムスリム人女性をレイプの上、強制出産させ、セルビア人の子供を産ませる“民族浄化”を行っていた。
本作のテーマは孤児の母親探しだが、“民族浄化”がもたらした悲劇が背景として浮かび上がる。本作ではその結果産まれてきた子供の悲劇が描かれている。
レイプの犠牲も悲劇だが、暴行によって望まぬ子供を産まざるを得なかったことや産まれてきた子供には更なる悲劇である。この孤児院でもその犠牲者はAlenだけではないだろう。

孤児の視点で描かれており、説得力に欠ける展開だった。なぜ孤児院に預けたのか・・・歴史的背景も交えた状況説明がないと、外国人には理解しがたい。

2015/2/12
[サイト内タグ検索] 日本未公開
関連記事

エネミー・マイン <2011/ セル=ボス=クロ=ハン> ★★★

来月セルビアやボスニアに旅行へ行くため、再鑑賞。
いつの間にか、日本でもレンタルされていたようです。

enemy.jpgNeprijatelj/ The Enemy
2011/108min/セルビア=ボスニア・ヘルツェゴビナ=クロアチア=ハンガリー
ドラマ、ミステリー、スリラー
監督/脚本:デヤン・ゼチェヴィッチ
出演:アレクサンダル・ストイコヴィッチ、ヴク・コスィッチ、 ティホミル・スタニッチ、リュボミル・バンドヴィッチ、 スラヴコ・スティマチ
IMDb評価:7.3/10

社会度 ★★★
哲学度 ★★
宗教度 ★☆
官能度 なし
民族度 ★★★
ゴア度 ★
脚本 ★★ 
演出 ★★★
演技 ★★★

enemy1.jpg1995年、ボスニア紛争終結直後。小隊たちはボスニア国境付近で地雷撤去作業を進める。この地域一帯の住人たちは戦争の犠牲者になってしまったか、避難したかのどちらかであったが、近くの廃工場地下から老人が発見された。老人は敵が地雷を埋めた場所を知っていたため、口封じに監禁されたという。その男は周囲から“サタン”と呼ばれていた・・・。

enemy2.jpgストーリーは終戦5日後からスタートする。舞台となるのは、つい先日まで戦争があったことなど感じさせない長閑な田園地帯だが、あちこちに地雷が埋まっているという。敵国が埋めた地雷は手探りで探り当て、撤去するという地道な作業の繰り返し。死と隣り合わせの作業のため、地雷の犠牲者となる隊員も出てくる。そんな時、“サタン”と呼ばれる老人が発見された。彼が来てからというもの、本隊との通信が途絶えてしまったり、仲間割れが始まったり、不幸の始まりだった。メンバー全員の精神が徐々に崩壊していく。

本作はセルビアから見たボスニア戦争を背景としている。セルビア人・クロアチア人・ムスリム人の民族・宗教浄化の縮図を見ているかのようだった。“サタン”とよばれる老人は制圧されたイスラム教のメタファーなのではないだろうか。戦争映画でありながら、どこかファンタジーを感じる展開に仕上がっているが、絶望感に溢れた悲しくもあり力強い作品。

2013, 2015/2/10
[タグ未指定]
関連記事

(未) Mirush <2007/ノルウェー> ★★★☆

blodsband.jpg
Mirush
2007/100min/ノルウェー
ドラマ
監督: マリウス・ホルスト
脚本: Lars Gudmestad, Bjørn Olaf Johannessen
出演: Enrico Lo Verso, Nazif Muarremi, Glenn Andre Kaada
IMDb評価:7.0/10

社会度 ★★
哲学度 ★★★☆
宗教度 なし
官能度 なし
民族度 ★★★
ゴア度 ★

脚本 ★★ 
演出 ★★★
演技 ★★★★


blodsband1.pngコソボに暮らす15歳のMirushは父親を知らずに育った。ノルウェーのオスロに出稼ぎに行ってるからだ。ずっと兄が父親代わりだった。

家に帰ると不釣り合いなテレビがリビングにあった。母は中古で安く買ったというが、どう見ても新品。この一家にそんな余裕はない。母が体を売って生計の足しにしていることを兄は知っていた。テレビもその男からのプレゼントだとすぐにわかった。兄はテレビをその男に返しに行こうとするが、その道中車に跳ねられこの世を去ってしまった。Mirushは兄の死の要因を作ってしまった母を捨てるかのように、父親が暮らすオスロへ向かう・・・。

監督は、「孤島の王(2010)」のマリウス・ホルスト。有名俳優が出演していれば、日本公開していたのでは!?
と思うと少々残念。

blodsband2.jpg15歳としては少々幼く見えるMirushだが、父が働いているレストランと幼い時に撮った家族写真2枚を握りしめ、単身オスロへ向かう。店に入っても、小汚く、ノルウェー語の話せない子供なんぞ誰も相手にしてくれない。それどころか、一番煙たがったのはむしろ父親だった。Mirushはそれでもめげず、従業員が帰ったあと、頼まれてもいない裏庭の掃除をし、小間使いとして雇ってもらえることに成功する。父親には自分が息子だとは明かしていない。徐々に息子だということを悟らせようとしているのである。故郷が同じだと知り、徐々に距離を縮めていく二人の心境の変化を丁寧に描いている。

父親に捨てられたと思い続けていたMirushの被害者意識とは裏腹に、出稼ぎで暮らすことの厳しさも同様に映し出される。親子とは、生きるとは、幸せとは何か。15年もの間離れていた親子が再び親子として幸せに暮らせる日々は来るのだろうか。そんな希望を持ちながら作品に身を任せていても、甘い展開はない。生き延びるために犯罪に手を染めてしまった父を目の前に、父を救うために目を瞑るのか、犯人に仕立てられそうになっている罪のない友人のために父を差し出すのか・・・15歳少年の決意は予想外の展開を導いている。

少々作り過ぎと思えるエピソードも多いが、Mirushを演じたNazif Muarremiの演技が素晴らしい。

2015/2/8
[サイト内タグ検索] 日本未公開 マリウス・ホルスト
関連記事

(未) Together <2009/ノルウェー> ★★★★☆

together.jpg
Sammen/ Together
2009/100min/ノルウェー
ドラマ
監督/脚本:Matias Armand Jordal
出演:フリチョフ・ソーハイム、Catrin Larell Eide, Jonathan Espolin-Johnson, Mona Grenne
IMDb評価:6.5/10


社会度 ★★★★★
哲学度 ★★★
宗教度 なし
官能度 なし(ヌードあり)
民族度 ★
ゴア度 ★★

脚本 ★★★★ 
演出 ★★★
演技 ★★★★


together1.jpg息子の誕生日には家族でボーリングに行き、一家は週末のイギリス旅行を楽しみにしていた。車で空港へ向かう途中、夫婦は車内で言い争いになり、妻は車を降りた瞬間、背後から来たトラックに跳ねられてしまう。即死だった・・・。

監督にとっては本作が長編初となる。今後が楽しみだが、その後次作はないようだ。出演は、ベント・ハーメル監督「クリスマスのその夜に(2011)」のフリチョフ・ソーハイム。

冒頭では仲睦まじい家族の様子が描かれるが、事故後状況は一転する。無事に葬儀を終え、父親は平静を装うが、何事もうまく行かない。息子が食べたいというピザを作ろうとするが水の分量がわからない。学校のこともずっと妻に任せっきりで、担任の先生の名前すら知らない。息子が大好きなブルースリーのウンチクを披露するが、息子のほうがずっと詳しい。良き父親になろうと試みるが、残念ながら不器用な父の行動は全てが裏目にでてしまう。

together2.jpg車内での言い争いは、クレジットカードを持ってきたかどうかという些細なことであった。トランクに積んだ鞄に入っているという父親の言葉を確かめるために車を降りた母親であったが、その瞬間跳ねられてしまった。実際、クレジットカードは持ってきていなかった。自責の念にかられ、日々堕落していく父親の姿が軸に描かれる。

一人での子育ては難しいと考えた父親は落ち着くまで息子を福祉に預けることにした。しかしながら、むしろ強く生きようとしていたのは息子のほうであった。字が読めない息子であったが、父親を喜ばせようと、必死で読む練習をし、父親を励ましていた。本作で唯一の救いは息子の健気さである。一夜にして愛妻を失い、どん底に突き落とされた父親の堕落と父子の再生を描いた感動作。
身近な問題でもあり、リアリティーに溢れている。何度も涙した。

2015/2/8
[サイト内タグ検索] 日本未公開
関連記事
カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。