スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

257. アリラン <2011/韓> ★★★★★

arirang.jpg
Arirang
2011/100min/韓国
ドキュメンタリー
制作/監督/脚本/出演/編集/音楽:キム・ギドク
IMDb評価:7.3/10


衝撃度 ★★★★★
哲学度 ★★★★
社会度 ★★★


第12回(2011)東京フィルメックス・オープニング作品として決定しました。配給ついてますね。公開されることをほんとにうれしく思う。(2011/9/15)


2008年の「悲夢」の後忽然と姿を消してしまったキム・ギドク監督。本作はその3年の沈黙を破り、突如カンヌ映画祭「ある視点」部門に出品し、賞まで撮ってしまった衝撃作である。「2008年の『非夢』以後映画を撮れなかったが、私が私を撮るためにドキュメンタリーでもありドラマでもありファンタジーでもあるこの作品を撮った」と監督ご本人は劇中紹介されている。3年もの間、映画を撮れなかった決定的な理由が述べられ、自身の15本の映画を振り返りながら、“映画とは何か”を問答形式で解いていく監督初のドキュメンタリー作品。

arirang1.jpg監督自らが書き上げた脚本をご本人が演じ、監督、制作、映像、音楽も全て自らが担当している。それゆえに特殊な作品であり、過去の15作品とは全く異なるスタイル。山奥に1人引きこもり、自給自足の生活を送りながら、このままでいいのかと叱咤激励する叱るキム・ギドクと、傷つき情熱を失ったキム・ギドクの対談形式になっている。そして、それを冷静に見つめる傍観者キム・ギドクの1人三役。とてもユニークな構成になっている。質素ながらどことなくこだわりの感じられる食事。エスプレッソマシーンまで作ってしまう器用さはさすが。私も機械いじりや分解が好きなので、かなり興味深かった。

「アリラン」とは韓国で古くから愛されている民謡で、旅人が峠を越える時の辛さと困難を歌ったもので、監督ご自身がこの3年間経験した苦悩を重ね合わせている。“「アリラン」は辛い時悲しい時淋しい時に韓国人が歌う民謡であり、この歌を歌うと自分の思いが全て理解できるような気がする。”と語る監督は時折、目に涙を浮かべ、カメラ目線で熱く語る思いに私も自然と何度も涙した。1人三役を演じることで、客観的に自身の心境を分析し、告白してしまうとは、やはり監督はタダ者ではない。
叱咤激励するキム・ギドクは待ち望むファンそのものであり、ファンが知りたいことを全て質問してくれている。その期待に応えられず弱気なキム・ギドクを見るのはあまりにも辛かった。ギドク作品はいつも何度観ても痛みを伴うが、本作は拳銃で心臓を撃ち抜かれたような痛みを感じ息苦しい告白であった。

arirang2.jpgファンの方なら、“今まで何してたの?”“何があったの?”“次回作は?”と気になっていることでしょう。2人のキム・ギドク対談という形で、この3年間の心境や今後のことが包み隠さず語られる。その中でも韓国で波紋を呼んでいる“3年間映画を撮れなかった決定的な理由”が一番のメインであろう。2008年の「悲夢」当時、女優の意図せぬ事故と後輩映画監督の裏切り行為など、実名暴露で語られている。本人ならずとも、かなり衝撃的な暴露内容であるが、それ以上に監督らしいブラックの効いたものすごい強烈な結末に導いている。実名暴露された監督の心中察するに余るものがある。そして、韓国映画界を真正面から批判した発言も含まれている。本作では言及していないが、制作作品「豊山犬」での新しい制作方法(収益がギャラとして支払われるシステム)が裏付けとなるであろう。無言の韓国映画界への批判と取れる。

語られるのは批判ばかりではない。キム・ギドクの思想や哲学も語られ、ファンならば満足度の高い作品。集大成として観ることもできる。
カンヌ映画祭での本作の上映の様子を動画で観たが、ヨーロッパでは絶大な人気を誇るだけあって、上映前から爆発的な拍手で迎えられていたことをうれしく思う。“面白くないと言われても映画を撮りたい。映画を撮っている瞬間が一番幸せなんだ。”と前向きな発言に新作での帰還が待ち焦がれる。
過去に撮った15作品のこと、出演俳優などについて語られるため、観たことのない人には退屈そのもの。
ギドクファンしか観ないであろう作品だが、数作品観て苦手意識を持っている方にもぜひとも観ていただきたい。きっと印象が変わるであろう。

なお、本作は問題作とされ、韓国での公開は今のところ予定されていない。内容を加味すると日本での集客は見込めないであろう。映画祭あたりの公開に留まってしまうか。

<鑑賞> 字幕なし 聞き取り80% 2011/8/19、28
関連記事
スポンサーサイト

[サイト内タグ検索] 日本未公開 キム・ギドク監督
待ってました!!
連続投稿になってしまいますね。
でも、このレビューを心待ちにしてました。
ファンなら必見の作品で、私もきっと涙しそうです。
ギドク監督は日本にもファンが多いので、せめてDVDは発売して欲しいです。
それにしても、読んでいて胸がしめつけられました・・・。
[ 2011/09/03 18:00 ] [ 編集 ]
みちさんへ、 Re: 待ってました!!
> 連続投稿になってしまいますね。
> でも、このレビューを心待ちにしてました。
ありがとうございます。反応があるのはうれしいので、いくらでも連続大歓迎です^^
実名暴露や映画界への批判、結末の強烈さがなかなか消化しきれなくて、記事がまとまらなかったんですよ。

> ファンなら必見の作品で、私もきっと涙しそうです。
> それにしても、読んでいて胸がしめつけられました・・・。
胸がしめつけられる思いが伝わったみたいでうれしいです。今までに感じたことのない思いを感じました。
待ち望むファンなら涙なしでは観れないですね。

> ギドク監督は日本にもファンが多いので、せめてDVDは発売して欲しいです。
観客を選ぶとはいえ、まだまだファン多いですからね。
劇場より家でじっくりこっそり1人で観たほうがいいと思うので、DVDは出してほしいですね。
私も日本語字幕でしっかり観たいです。とはいえ、商業作品に対する批判はどこの国にも言えることだと思うので、しぶる国は多いかもしれないですね。日本で公開される韓国映画もほとんどが商業映画ばかりですから。
今出回っているのはまだイタリア版だけかと思います。
[ 2011/09/03 20:12 ] [ 編集 ]
期待しすぎると危険ですか?
東京フィルメックス映画祭のオープニングで上映決定したので喜んでいます。
オープニングだから、毎年のように東京国際フォーラム(通常より客席数が多い)で上映っぽいですし、監督の舞台挨拶や質疑応答も期待しています。
これは行く予定でいます。

レビューからするとドキュメンタリーとドラマが混ざったような感じにみえます。
この監督の場合、自分の目で観てみないと判断ができないのが正直な気持ちです。
やっぱり、頭を使う作品なんですかね?

来月行われる釜山国際映画祭でキム・ギドク監督作品「アーメン」が上映されます。
情報元は以下です(英語です)
ttp://www.biff.kr/eng/html/program/prog_view.asp?idx=16283&c_idx=25&sp_idx=sp1&QueryStep=2
キム・ギドク監督が再始動したので、ちょっとは韓国映画が楽しめそうです。
弟子たちも作品を発表してますから。
[ 2011/09/27 12:46 ] [ 編集 ]
なめ犬さんへ、 Re: 期待しすぎると危険ですか?
観た印象では東京フィルメックスでのオープニングには驚いていますが、ファンとしては喜ばしいことですね。
日本語字幕で観直したいので私も行きたいんですけど、海外にいる予定なので敢え無く断念です。

私の場合は字幕なし(正確には理解できないイタリア語字幕)で観たので、聞き取るのに頭フル回転でしたが、
内容的には頭を使って観るような作品ではなく、むしろ直球だと思います。
個人的には難解というより、衝撃や痛みのほうが強かったです。
ドキュメンタリーとフィクション混じりで、今までの作品とは全く趣旨が異なるし、他の監督さんの作品でも私は観たことない作風です。
相変わらず大衆映画ではないので、期待しすぎるのは危険かもしれませんね。
まぁ、どんな作品でも賛否両論ありますからね。
でも、少なからず監督の復帰を待っていた方なら観て損はないと思いますし、ファンの方なら尚更観るべきだとは思います。
ご覧になったらぜひとも、なめ犬さんの評価お聞かせください。

釜山国際映画祭で新作ですか!それは知りませんでした。情報ありがとうございますぅ。
キム・ギドク監督の再始動はほんとにうれしいですね。今年は韓国映画に期待してます。
[ 2011/09/27 20:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ/Category by Countries
ユーザータグ/Tags

日本未公開(236)

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督(16)

 キム・ギドク監督(14)

 キム・ボドゥニア(12)

 パディ・コンシダイン(11)

 ヒアム・アッバス(9)

 キム・ギヨン監督(8)

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督(7)

 ロマン・ポランスキー監督(7)

 マイケル・ファスベンダー(7)

 アナス・トマス・イェンセン(7)

 ヴァンサン・カッセル(7)

 ハ・ジョンウ(6)

 ピーター・ミュラン(6)

 ミカエル・パーシュブラント(6)

 ステラン・スカルスガルド(6)

 マッツ・ミケルセン(6)

 クリストファー・ヨーネル(6)

 シェーン・メドウス監督(6)

 モーテン・ソーボー(5)

 ジェラール・ドパルデュー(5)

 トゥーレ・リントハート(5)

 ファティ・アキン監督(5)

 ダール・サリム(5)

 マリア・ボネヴィー(5)

 シン・サンオク監督(5)

 マリウス・ホルスト(5)

 アンドレイ・ズビャギンツェフ監督(4)

 イ・チャンドン監督(4)

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット(4)

 デイヴィッド・デンシック(4)

 アレクサンドル・ソクーロフ監督(4)

 ウルリッヒ・トムセン(4)

 ラース・ミケルセン(4)

 ヘンリク・プリップ(4)

 カティ・オウティネン(4)

 シャーロット・ランプリング(4)

 アンジェイ・ワイダ監督(4)

 クリスティナ・ヤンダ(4)

 ミシェル・ウィリアムズ(4)

 ドラゴス・ブクル(4)

 ラズヴァン・ラドゥレスク(4)

 シャルロット・ゲンズブール(4)

 グザヴィエ・ドラン監督(4)

 パプリカ・スティーン(4)

 オルジード・ルカセウィッツ(4)

 Jens_Jørn_Spottag(4)

 チェ・ミョンス(4)

 ヤコブ・セーダーグレン(4)

 ムン・ソングン(4)

 チャン・リュ監督(4)

 フルーツ・チャン監督(4)

 イネス・エフロン(4)

 トリーヌ・ディルホム(4)

 レオナルド・スバラグリア(4)

 ミハイル・クリチマン(4)

 ライアン・ゴズリング(4)

 アッバス・キアロスタミ監督(3)

 マジッド・マジディ監督(3)

 キム・シャピロン監督(3)

 スラッコ・ラボヴィック(3)

 ロメイン・ガヴラス監督(3)

 ビョルン・スンクェスト(3)

 リカルド・ダリン(3)

 イーベン・ドールナ(3)

 ソニア・リクター(3)

 ルイス・プエンソ監督(3)

 ノオミ・ラパス(3)

 ギョーム・カネ(3)

 ピルウ・アスベック(3)

 ミョン・ゲナム(3)

 ケイト・マーラ(3)

 アシュラフ・バーホム(3)

 サリー・ホーキンス(3)

 キム・ソヨン監督(3)

 ルイス・トサル(3)

 ブラッドリー・ラスト・グレイ監督(3)

 アレクサンダー・スカルスガルド(3)

 スティーヴン・レイ(3)

 ペップ・マンネ(3)

 オリヴィエ・バーテレミ(3)

 ホン・サンス監督(3)

 ムハンメド・マジュド(3)

 ラース・フォン・トリアー監督(3)

 パク・チア(3)

 トマス・ヴィンターベア監督(3)

 セバスチャン・イェセン(3)

 レスリー・シャープ(3)

 トーマス・ターグース(3)

 グヴェン・キラック(3)

 ウスマン・センベーヌ監督(3)

 ソ・ジソプ(3)

 ガエル・ガルシア・ベルナル(3)

 ボディル・ヨアンセン(3)

 ティルダ・スウィントン(3)

 フリドリック・トール・フリドリクソン監督(3)

 AndersDanielsenLie(3)

 キム・フォップス・オーカソン(3)

 クリスティアン・ムンジウ監督(3)

 スサンネ・ビア監督(3)

 ピーター・ガンツェラー(3)

 パク・アム(3)

 イ・ファシ(3)

 キム・ミョンミン(3)

 トビアス・リンホルム(3)

 チェ・ウニ(3)

 ウルスラ・メイヤー監督(3)

 ニコライ・リー・カース(3)

 ウルリヒ・ザイドル監督(3)

 ミカエル・ニクヴィスト(3)

 ダニー・ボイル監督(3)

 ペルニラ・アウグスト(3)

 クリスティ・プイウ監督(3)

 キム・ハヌル(3)

 ミミ・ブラネスク(3)

 ニコラス・ブロ(3)

 BogdanDumitrache(3)

 アンヌ=マリー・ダフ(3)

 ルシア・プエンソ監督(3)

 レオン・カーフェイ(3)

 ナタリー・ポートマン(2)

 ジャック・ノロ(2)

 セシリー・A・モスリ(2)

 ミカエル・ハフストローム監督(2)

 マリア・バルベルデ(2)

 ノア・テイラー(2)

 ソル・ギョング(2)

 ユン・ジンソ(2)

 チェ・ミンシク(2)

 チョン・ジュノ(2)

 キム・ジェロク(2)

 ムン・ソリ(2)

 アリ・スリマン(2)

 エラン・リクリス監督(2)

 イ・ジョンジェ(2)

 チュ・ジンモ(2)

 チョ・ジェヒョン(2)

 イ・ミスク(2)

 シム・ジホ(2)

 キム・ドンウク(2)

 チョン・ドヨン(2)

 キム・ガンウ(2)

 ペク・チニ(2)

 カン・シニル(2)

 キム・ナムギル(2)

 アンドレア・アーノルド監督(2)

 パク・チョンジャ(2)

 シベル・ケキリ(2)

 ビロル・ユーネル(2)

 ヤヌシュ・ガヨス(2)

 キム・セロン(2)

 フランソワ・オゾン監督(2)

 ガス・ヴァン・サント監督(2)

 ジェーン・カンピオン監督(2)

 アンジェイ・ズラウスキ監督(2)

 ジュリエット・ビノシュ(2)

 マイク・リー監督(2)

 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(2)

 パク・チャヌク監督(2)

 アンドレイ・タルコフスキー監督(2)

 トラン・アン・ユン監督(2)

 ソン・ヒョナ(2)

 オリヴィエ・グルメ(2)

 マルック・ペルトラ(2)

 アキ・カウリスマキ監督(2)

 ギャスパー・ノエ監督(2)

 ミシェル・シュボール(2)

 レフ・マイェフスキ監督(2)

 GabrielSpahiu(2)

 キリアン・マーフィ(2)

 クレイグ・ロバーツ(2)

 スティーヴン・ソダーバーグ(2)

 SettarTanriögen(2)

 スティーブ・マックイーン監督(2)

 キャリー・マリガン(2)

 イザベル・ユペール(2)

 ニール・シュナイダー(2)

 クシシュトフ・ピチェンスキ(2)

 オーレ・ボールネダル監督(2)

 フランソワ・クリュゼ(2)

 キッレ・ヘルム(2)

 ナーセル・ヘミール監督(2)

 ドメ・カルコスキ監督(2)

 ペルッティ・スヴェホルム(2)

 ウド・キアー(2)

 ナディーン・ラバキー監督(2)

 チャン・チェン(2)

 トーマス・ヴィルム・ヤンセン(2)

 アンドレアス・ウィルソン(2)

 アモス・ギタイ監督(2)

 サーデット・アクソイ(2)

 ニーナ・ホス(2)

 イ・ジェフン(2)

 ツヴァ・ノヴォトニー(2)

 Rosalinde_Mynster(2)

 ニコライ・アーセル監督(2)

 パトリシア・シューマン(2)

 ミケール・ビアクケーア(2)

 クリスティアン・ペツォルト監督(2)

 ジュリア・シャハト(2)

 ラン・ダンケル(2)

 ペーター・アンデション(2)

 グスタフ・スカルスガルド(2)

 ポール・シュレットアウネ監督(2)

 Shanti_Roney(2)

 Sarah_Boberg(2)

 Annette_K.Olesen監督(2)

 ミキ・マノイロヴィッチ(2)

 ズラッコ・ブリッチ(2)

 カタリン・ミツレスク監督(2)

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督(2)

 ShantiRoney(2)

 ゾーイ・カザン(2)

 リチャード・ジェンキンス(2)

 ラミン・バーラニ監督(2)

 ルクレシア・マルテル監督(2)

 MadsSjøgårdPettersen(2)

 トム・マッカーシー監督(2)

 レハ・エルデム監督(2)

 パヴェル・パヴリコフスキー監督(2)

 ハン・ウンジン(2)

 ヴィンセント・ギャロ(2)

 クレール・ドゥニ監督(2)

 ハビエル・バルデム(2)

 ホリデイ・グレインジャー(2)

 ニコラ・デュヴォシェル(2)

 チョン・ジェホン監督(2)

 エレナ・アナヤ(2)

 フリオ・メデム監督(2)

 マキシム・ゴーデット(2)

 キム・ヘジャ(1)

 クリスティーナ・ヤンダ(1)

 ダレン・アロノフスキー監督(1)

 ウォンビン(1)

 チャン・チョルス監督(1)

 シャルナス・バルタス監督(1)

 フィリップ・リオレ監督(1)

 アニエスカ・ホランド(1)

 コ・ソヨン(1)

 イ・ビョンホン(1)

 ホ・ジュノ(1)

 ポール・ラヴァーティ(1)

 ニーナ・イヴァニシ(1)

 チ・ジニ(1)

 キム・スンホ(1)

 アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督(1)

 オム・テウン(1)

 Henning_Valin_Jakobsen(1)

 パク・ヘイル(1)

 カン・ジファン(1)

 イエジー・スコリモフスキ監督(1)

 シン・ミナ(1)

 ビアギッテ・ヨート・スレンセン(1)

 ソーレン・マリン(1)

 ジェニファー・ローレンス(1)

 Signe_Egholm_Olsen(1)

 ジャファール・パナヒ監督(1)

 ハ・ジウォン(1)

 キム・スンウ(1)

 キム・ユンジン(1)

 エマニュエル・セニエ(1)

 イム・スジョン(1)

 ナ・ホンジン監督(1)

 イェジ・シュトゥール(1)

 ヴァンサン・ランドン(1)

 ノルマ・アレアンドロ(1)

 ミーラー・ナーイル監督(1)

 アナマリア・マリンカ(1)

 ブラッド・アンダーソン監督(1)

 AlexandruPapadopol(1)

 イム・グォンテク監督(1)

 ユン・ジョンヒ(1)

 ブリュノ・デュモン監督(1)

 スカーレット・ヨハンソン(1)

 マリア・ポピスタス(1)

 TomHarper監督(1)

 村上春樹(1)

 キム・スヨン監督(1)

 ヴィルジニー・ルドワイヤン(1)

 ジョン・マルコヴィッチ(1)

 ダニス・タノヴィッチ監督(1)

 ケヴィン・スペイシー(1)

 ヤン・クーネン監督(1)

 チョン・ジヨン監督(1)

 カリーヌ・ヴァナッス(1)

 ヴァンサン・ロティエ(1)

 アダム・フェレンツィ(1)

 アミール・ナディリ監督(1)

 リュディヴィーヌ・サニエ(1)

 パブロ・トラペロ監督(1)

 イム・サンス監督(1)

 RomaGasiorowska(1)

 リシャルト・ブガイスキ監督(1)

 ロネ・シェルフィグ監督(1)

 チャン・フン監督(1)

 ヴィム・ヴェンダース監督(1)

 アブデラマン・シサコ監督(1)

 イ・ジョンギル(1)

 マルティン・シュリーク監督(1)

 キム・ジョンチョル(1)

 ジョン・キューザック(1)

 

メールフォーム/Mail Form
ご自身のメールアドレスを知られたくない方は、コメント欄からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。